越後正一の名言

越後正一のプロフィール

越後正一、えちご・まさかず。伊藤忠商事社長・会長。神戸高等商業学校(現:神戸大)卒業後、伊藤忠に入社。たった3年で綿糸布部長に昇進。最大のライバル丸紅との綿糸市場での相場で戦い勝利。丸紅を綿糸市場から撤退させた人物。

越後正一の名言 一覧

ビジネスマンは常にイエスを強いられている。真のビジネスマンはノーと言える人間でなければならない。


名を成すのは常に困窮のときであり、事の破るるの多くは得意のときである。
【覚書き:自分の名声が広まるのは困難を乗り越えた時であり、事業や自分のキャリアなどが破たんするのは絶好調で調子に乗りすぎて足元が見えなくなった時だという趣旨の発言】


越後正一の経歴・略歴

越後正一、えちご・まさかず。伊藤忠商事社長・会長。神戸高等商業学校(現:神戸大)卒業後、伊藤忠に入社。たった3年で綿糸布部長に昇進。最大のライバル丸紅との綿糸市場での相場で戦い勝利。丸紅を綿糸市場から撤退させた人物。

他の記事も読んでみる

中村慶郎

常に勉強し続けること、そして常に新しいものを学んでいこうという姿勢が必要。


伊藤秀二

何度もテストマーケティングを繰り返し、絶対に大丈夫と確信できたものだけを定番にしている。


マーク・ザッカーバーグ

最大のリスクは、一切のリスクをとらないこと。非常に変化の早い世界で、唯一失敗が保証されている戦略はリスクをとらないことだ。


井植歳男

我々は、先輩各社を追い越して、全国生産量の半分をつくりたいと思う。私の狙いは国内だけでなく、技術と経験を基礎として海外へ進出したい。世界25億のうちまず10億ぐらいが自転車に乗るとみても、膨大な需要があると考えられる。これまた半分は我々の背品を使ってもらうのだ。
【覚書き|三洋電機の創業期に自転車の発電ランプの製造をスタートさせるときに語った言葉】


廣瀬直己

社長の時間を、なるべく社員と共有していきたい。これまで社員は社長のことを、メディアを通してしか知らなかった。これでは伝わるものも伝わらない。


ヘーゲル

この世で情熱なしに達成された偉大なことなどない。


林下清志(ビッグダディ)

ともかく、ぶれないことが大事。結局、親としても夫としても、自分らしくやっているかが大事ですよ。自分らしく父親をやる。自分らしく旦那をやる。そして判断は相手に委ねるしかないって考えて生きていかないとね。


弘兼憲史

『加治隆介の議』の取材で、ときには報道さえ入り込めない暗部を知ることができたのは、ひとえに取材現場での仁義を通したからでしょう。当時もすでに報道の世界では週刊誌ばかりか新聞社もオフレコの談話を漏らすなど「何でもあり」の状況だったけれど、こちらは一回限りのスクープをもぎ取るなんてことはせずに、信頼関係を築いて何度も話を聞くというタイプの取材をしていたんです。掲載許可も丁寧にとり、多少面白さが削がれても先方からの訂正の要求は愚直に反映させて情報は確実に秘匿する。そのことで「あいつはちゃんとしてくれる」ようだぞ」と相手に認めてもらえれば、数回会ううちに、報道関係者に対するよりもグッと踏み込んだ内容を聞かせてもらえるようになるんです。


浅野秀則

父が病に倒れてからは、小遣いにも窮するようになりました。しかし持っていた楽器やスキー用具を売ったり、高校生相手の麻雀大会を企画したり、知恵を絞って稼ぎました。高3のときは、貯めたお金でハワイに旅行し、それがきっかけで、大学生時代に学生向け旅行サービス業を立ち上げました。結局、大学を卒業するのに6年もかかってしまいました。母は、私が勤め人に向いていないと思ったのか、常々「あなたは子分をつくりなきい」と言っていました。実際、学生ながら旅行サービス業を運営する私を、助けてくれる仲間や後輩がかなり増えていました。


成田靖也

インセンティブの付与や研修・セミナーの受講は効果的な手段ですが、長期的なモチベーションの維持に適しているとはいえない。インセンティブにおけるモチベーションはお金であり、企業理念に対する共感ではありません。それでは、より給与の高い会社に転職しかねない。また、研修・セミナーの受講は、一時的にモチベーションがアップしますが、時間が経つと熱が冷めてしまいます。


浅井浩一

部下が数百人になっても誕生日のお祝いメールを送っていました。些細なことですが、そうした積み重ねが人間関係づくりに繋がる。


藤巻健史

外国企業からの直接投資を増やすことは、自国を繁栄させるうえで極めて重要である。グローバル化が進み、世界を股にかけて活動する企業が増えた今、自国に外国企業を取り込めるかどうかで、経済の行く末が決まると言っても過言ではない。グローバル化とは、外に出ていくことだけではない。多様な国の企業を取り込むこともグローバル化なのである。


山本正已

周囲に惑わされることなく、培ってきたものを大事にする。サラリーマン人生で、大事なのは、正義と勇気と感性だと考えていました。


水野哲也(経営者)

大学に行った友人らに負けてたまるかという一心で勉強に明け暮れました。学校を卒業する頃、取得したいくつもの資格を眺めて「ああ、頑張ったな」と感慨にふけったものです。


林真理子

3年くらい先までお仕事が決まっていますが、この先、何を書こうかと考えながら35年間この世界で食べさせていただいています。どんどん連載の舞台が大きくなっていくのはありがたいと思っています。若いころにデビューして私の年齢になると、息切れする方もいらっしゃいますが、今回、いいお仕事ができたと思っているので、今後もまだまだ頑張りたいです。


ページの先頭へ