名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

赤塚保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

赤塚保のプロフィール

赤塚保、あかつか・たもつ。日本の経営者。老舗食品会社「柿安本店」会長。三重県出身。柿安3代目社長赤坂二三雄氏の二男として生まれる。19歳で柿安本店に入社。専務、副社長を経て5代目社長に就任。伝統を守りつつ、同社を大きく発展させた。日本フードサービス協会副会長、日本能率協会委員なども務めた経営者。

赤塚保の名言 一覧

次の柱を探すなら、前の事業が旬の時期に探せ。


いろいろなことができるんですねと言われるが、商売の基本は一緒。お客様に認めてもらえるかどうか。それを見極める眼力が必要。


余剰人員が出たら何か仕事をさせておいた方がいい。仕事をして売り上げを上げさせていくと元気が出る。


BSE(狂牛病)問題のとき従業員が一生懸命になって働いてくれたのが大きかった。人が大事というのはその通りだなとそのとき再確認しました。


一期一期の業績で一喜一憂はしません。安定していることが大事。


商売人はおごらず謙虚であることが必要です。私が若いころ、母はしょっちゅう「お客様を大切にすれば商売は繁盛する」と言っていました。私はいまもその言葉の暗示にかかっているような気がします。


世間には老舗と呼ばれるお店がまだ数多くありますが、歴史があるからと慢心して古いままの考えだけで経営を行っていると、時代の変化に対応できず沈んでしまいます。


消費者の食に対する嗜好の傾向を素早く感知することも大切です。百貨店の惣菜店「柿安ダイニング」を始めたのは、「健康な食生活のためには何十種類もの野菜をとるべき」という記事がきっかけでした。これだと思ったことは、とにかく早くやることです。このときも1週間で形にしました。


商売は出ていくべきタイミングで出ていかないと成長の機会を失います。BSE(狂牛病)問題のときに積極的に出店したことが功を奏し、その後売上が大きく伸びました。しかし急拡大によって、食材も人も質が追いつかなくなる恐れがあったので、態勢が整うまでの間、新規の出店を見合わせました。


美味しさの基本は「食材」そのものなのです。いかに質の高い素材を使っているかで、商品の良し悪しの大方は決まります。私はいまでも高品質の食材を求めて全国各地を回っていますが、結局最高のものを追求する姿勢が、のれん=信用につながるのだと思います。


商品開発で大事なのは、職人に任せっきりにしないことです。つくるプロであっても、外で売れている商品まで勉強していないことがあります。当社ではおはぎを始めるにあたって、百貨店の担当者にお願いして全国の美味いおはぎを相当数集めてもらい、製造日の同じものを賞味しました。


私どもの看板商品、牛肉のしぐれ煮はもともと早朝ひと働きした従業員や私たちの兄弟がお腹を空かせているだろうと、おにぎりをこしらえていたおふくろの味を再現したものです。昔から慣れ親しんだ食べ物や料理でも、工夫を加え、美味しければお客様は受け入れてくれます。私どもの商品開発では、そのような点を重視しています。


百貨店やスーパー、コンビニの売り場はよく覗きます。
【覚書き|72歳のときの発言】


マーケティングデータを見ないわけではありませんが、それだけに頼っていたら他社と同じことしかできません。行列ができたり混んだりしていても、業績がいいかどうかはわかりません。そういうことまで見抜けるかどうかが大切だし、部下にも見方を教えてきたつもりです。


美味しいものは飽きが来ません。130円のおはぎにも最高の小豆を使います。原価率は高くなりますが、数を売れば採算は合うようになります。おはぎが大人気なので、あるショッピングセンターさんから、大福もできるはずだからやってくれ、と頼まれています。柿安がつくったら美味しいはずと思ってくださっているようです。
【覚書き|ショッピングセンターを中心に展開している柿安和菓子部門のブランド「口福堂」で、おはぎを1日2000個売る店舗が現れていることについて語った言葉】


ビュッフェスタイルは焼き肉や寿司などで過去に流行った業態でしたが、味の点と健康志向という時代の流れに乗り遅れていた。そのあたりを修正すればいけると判断しました。
【覚書き|野菜をメインに健康志向を前面に押し出したビュッフェスタイルの店「三尺三寸箸」が繁盛したことについて語った言葉】


良い食材を使った美味しいものをお値打ちの価格で提供していきたいというのが創業(明治4年)以来の社是です。社是の範疇でいろいろ創意工夫してもらいたい。


BSE(狂牛病)問題が起きたときの社員数は1300人。1人が3人の家族を支えていると計算すると3900人。それだけの人の命を預かっていて、もし駄目だったらどうすると考えると、玉砕するくらいのつもりでやらないと、それだけの人を助けることはできません。けれども、そこまでふんぎれたのも商売の経験があったからです。18歳からいくつもの危機を乗り越えてやってきた自信があったからなのです。そして、従業員が一生懸命になって働いてくれたのが大きかった。


赤塚保の経歴・略歴

赤塚保、あかつか・たもつ。日本の経営者。老舗食品会社「柿安本店」会長。三重県出身。柿安3代目社長赤坂二三雄氏の二男として生まれる。19歳で柿安本店に入社。専務、副社長を経て5代目社長に就任。伝統を守りつつ、同社を大きく発展させた。日本フードサービス協会副会長、日本能率協会委員なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

浦沢直樹

絵を描いている人はずっと「絵が上手くなりたい」って、一生そう言って終わるんだよね、きっと。


ジョン・ドライデン

はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。


高島郁夫

外部でも、ああいう活きのいい人材は、積極的に応援していきたいですね。そこまで思うような人材には、なかなか出会いませんが。
【覚書き|熊本浩志氏の立ち上げたデザイン家電会社リアルフリートに出資した理由について語った言葉】


寺畠正道

海外ではM&Aの出物は減ってきましたし、大規模な買収は独占禁止法の観点から難しくなりました。しかし、変化を待つのではなく、自ら能動的に手を打っていけば、成長のシナリオは国内外ともに描けると確信しています。


後藤勇人(コンサルタント)

現在、ヘアサロンなどを経営し、コンサルタント業もしています。私がこのように成功できたのは、朝の習慣のおかげです。以前の私は完全な夜型で、日中は頭がぼんやりしていたり、スタッフとのコミュニケーションがうまくいかないこともあり、業績は伸び悩んでいました。ある時、書店で読んだ本に「成功者は朝型人間が多い」と書かれているのを見て、物は試しと、朝5時起床へと生活を変えてみました。ただ、早起きして朝から必死で仕事をしても、仕事の質は上がりません。そこで、ポジティブになるスイッチを入れる習慣を取り入れました。そうすると、朝からポジティブで、日中も仕事への取り組みが前向きになり、3年で「店舗を拡大する」という目標を達成できたのです。


大田友昭

世の中はプラスばかりで成り立つことはあり得ない。ポジティブもネガティブも両方必要。


山口勉(経営者)

大手量販店が近所にできたとき、顧客を減らしたんですよ。増やすことをやめ、絞り込んだんですよ。顧客リストを3分の1に絞りました。確実性の高いお客様に絞り、つながりを持ってくり返し買っていただこうと。


中村獅童(二代目)

僕の場合は、歌舞伎の舞台自体も神棚のようだと感じています。舞台に立ち、無事にお役をつとめさせていただくということは、歌舞伎の神様に見守られているということです。歌舞伎は歴史が長く、「名優と言われた先達たちが大切に演じてこられたお役を受け継いでいる」という意識を強く持っています。


青野慶久

今は、皆が一律で同じ夢を見ている時代ではありません。誰もがカラーテレビをほしがったり、新幹線に乗りたがったりする時代ではない。一律的であることが効率的で楽しかった時代から、個性的であることが生産的で楽しい時代にシフトしているのです。


石渡美奈

嫌いな人とまで無理して仲良くする必要はありません。しかし、そういう人とも関わらなければならないこともあるでしょう。私の経営の師匠である武蔵野の小山昇社長は、パーティーで嫌いな人がいると、一番先にビールを注ぎに行くのだそうです。嫌なことは先に済ませてしまう。この場合は、そういう反応の仕方でいいんじゃないでしょうか。


藤森義明

普通の経営者は社員が共有すべき価値観を何度も話すことはしません。ほかにやることがいくらでもありますし、同じ内容の話を何度もしていたら自分自身が飽きてしまいますから。しかしジャック・ウェルチは、価値観を組織の隅々まで正確に伝えるためには自ら時間を割いて伝えることが最重要だと考えていました。そして、その価値観の共有がGEの強さになったのです。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

本作(舞台『百年の秘密』)では、10年後、30年後、それから少し戻った過去など、時系列を乱して物語を構築していますが、それは悲劇的な死と同じ時間の流れの中に平凡な幸せもあったのだと、その幸せが死によって無になるわけではないのだということを描きたかったからなんです。