名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

赤坂茂好の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

赤坂茂好のプロフィール

赤坂茂好、あかさか・しげよし。日本の経営者。「プリンスホテル」社長。栃木県出身。日本大学経済学部卒業後、老舗デパート、実家の製材所などを経て国土計画(のちのプリンスホテル)に入社。日光プリンスホテル支配人、群馬地区総支配人、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

赤坂茂好の名言 一覧

地域とのつながりを強くするために一番大事なのは「相手のメリットを尊重すること」。たとえばホテルで提供する食事には地元農家の食材を使い、そういう農家にお客様をお連れし、農業を体験してもらいました。


お客様のご希望に「NO」を言わずに笑顔で応えることが何より大切。


現在、社長としてシティホテルとリゾートホテルの両方を見る立場です。以前は双方の間に人事交流はほとんどありませんでしたが、いまはどんどん交流し、いろいろな現場を経験してもらうようにしています。リゾートホテルのノウハウと、シティホテルのノウハウとは、お互いに十分共有できると思っています。


ホテルでは最初、経理を担当しました。ただし全60室の小さなホテルです。お客様が混み合うときは、ロビーに出てベルボーイの役を果たしたり、お客様相手のサービスを担当したりと、オールラウンドに動き回っていました。支配人まで務めた二十数年にわたる日光時代は、お客様と長くお付き合いできるホテルサービスの基本を教わった気がします。


55歳で群馬地区総支配人として万座プリンスホテルに着任したのはバブル崩壊の直後でした。映画になるほどにぎわったスキーのブームにも陰りが見え、業界全体が冬の時代に入っていきました。加えて万座ならではの困難もありました。赴任してすぐに、会社として以前から親しくさせてもらっていた地元の方に「どんな地域なのですか」と事前にうかがってみました。すると「味方はあまりいないよ」と言われました。地元の旅館や観光業の方からするとプリンスホテルという大きな資本に不安感や不信感があったのでしょう。しかしリゾートホテルは地域との連携が取れないとうまくいきません。私は地元の人たちの中に分け入り、積極的に関係を築いていきました。もちろん、盃を交わすことも含めてです。


赤坂茂好の経歴・略歴

赤坂茂好、あかさか・しげよし。日本の経営者。「プリンスホテル」社長。栃木県出身。日本大学経済学部卒業後、老舗デパート、実家の製材所などを経て国土計画(のちのプリンスホテル)に入社。日光プリンスホテル支配人、群馬地区総支配人、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

徳重徹

地頭の良いエリートほど、素直でない場合が多いのです。仕事ができるから自信があり、我流でやってしまうところが出てくるからです。たとえば、新しい事業を立ち上げるときは、ロジックが2割、パッションが8割で仕事を進めていかなければならないのですが、地頭の良いエリートほどロジックをきっちりと組みたがります。これでは仕事が進まない。また、無条件でどんどんこなさなければならない仕事をするときに、「これ、意味ないんじゃないですか?」などと言ってこなせないことが、地頭の良いエリートにはしばしばあります。野球にたとえるなら、素振りの重要性がわかっていないのです。


佐藤優

友達と会社を作るのは、たいていうまくいかない。利害がからんだら揉めるから。


西内啓

すべてを統計的に考えるクセがつくと、失敗を過剰に恐れなくなります。確率的に「絶対に成功する」ことなどあり得ないとわかっているから、現状を客観視できるのです。


柴田励司

30代後半くらいのビジネスマンは「いまが勝負の時期だ」という意識があるので、仕事で失敗をしたくないと、どうしても挑戦や冒険をしづらいだろうと思います。ならば、あまり自分のキャリアに影響を与えないような場で、いろいろ試みればいい。たとえば、知っている人同士を引き合わせてみるといいでしょう。


森信三

教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岸壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない。


朝倉千恵子

夢のない人に目標なく、目標のない人に計画なく、計画のない人に行動なく、行動のない人に結果なく、結果のない人に自信なく、自信のない人に夢はない。ですからまずは夢を抱いて、それに期日をつけて挑戦を始めることが、みずから考え、みずから行動する人財への第一歩だと思います。


井上礼之

オイルショックが起こったとき、余剰人員を削減する代わりに、販売会社をつくってそこに出向させました。それが現在の強い国内販売網の基盤になったのです。今回も、3月までに1000人規模の人材の再配置を検討しています。景気が回復したときの大きな礎となるはずです。


峰岸真澄

私たちが提供しているビジネスは「モノ」ではなく「コト」のマッチングです。仕事を探す行動も、結婚式場を探す行動もそうでしょう。この、「コト」の領域はまだまだたくさん市場余地が残されています。クライアント、ユーザーに接している現場の人たちから今後様々なアイデアが拾われてくることでしょう。


田村潤

成果が上がらず苦しいときは、うまくいっている人を見て、自分の弱い所を補おうとしがちです。でもそれでは自分の最大の強みまでもが薄まってしまう。売りがブレてしまう。


横川竟

品質で一番になれるなら、ほかは捨てても構わない。せめて質だけはファミリーレストランで日本一になる。こう願い続けて努力を重ねた結果、まだやるべきことはたくさん残っているものの、いまではジョナサンが食の安全という品質でリーダーシップをとっていると自負しています。


丸山康幸

我が社の場合、一番大切なのはお客様に喜んでいただくことです。お客様は心も体もリラックスしたいと思って、はるばる宮崎まで足を運んでくださる。旅から帰ったとき、家族や友人に「シーガイアよかったよ」とひとこと言って下さるかどうか。顧客満足を高めてリピーターになっていただき、さらにクチコミを広めていくことが、我が社の活路となると考えました。


加藤裕之

ベンチャー企業は、大手と同じことをやっても勝ち目はないですから、独自の価値を提供することを考えました。