賀来龍三郎の名言

賀来龍三郎のプロフィール

賀来龍三郎、かく・りゅうざぶろう。キヤノン社長・会長。九州大学卒。カメラのデジタル化の推進、コピー機、プリンター、ワープロなどの新規事業を立て続けに創出し、多角化でキヤノンの業績を伸ばした経営者。経済同友会副代表幹事などを務めた財界人

賀来龍三郎の名言 一覧

情報化社会にあっては独創力こそ人間としての存在理由になる。


企業には反対意見を直言できる風土が必要だと思います。


上司に向かってズケズケとモノを言う性分なので、我ながら随分と危なっかしい会社人生を送ってきました。若気の至りですね。ただ、特定の上司や派閥に取り入ろうとして、発言したことはありません。課題ごとに是非を論じてきた。それが理解されてクビがつながったのでしょう。そもそもキヤノンの経営陣には派閥がなく、割に風通しの良い会社だったと思います。


多角化のために電卓事業に乗り出すべきだと進言し、御手洗(毅社長)さんから反対されました。御手洗さんはソニーの井深大さんに相談し、「電気関係に出ると苦労しますよ」と忠告されたらしい。井深さんは善意でおっしゃったと思いますが、今度は私が怒り「なぜ自分の部下が言うことを聞かず、他社の助言に従うのですか」と食って掛かりました。


面接試験で趣味を聞かれ「麻雀です」と答えました。すると、御手洗(毅)社長の機嫌が悪くなった。徹夜で賭け事をするのはけしからん、というわけです。家庭麻雀に慣れ親しんでいた私は思わず、「麻雀のどこが悪いのですか。私は賭けも夜更かしもしません。」などと反論しました。御手洗さんはカッと怒りだした。キヤノンを諦めて次の就職先を探しました。ところが、社長が「不合格」と言ったのに、他の役員は全員「合格」。多数決で入社が決まりました。役員が社長と反対の意見を述べ、それが通るなんて面白い会社だなと思いました。


何のために実行するのかのビジョンがなければ、効果があるはずはありません。


国際収支は本質的にゼロサムゲームであり、一人勝ちする者があれば大負けする者も出てくる。ところが日本は黒字国になった後も真剣に黒字減らしを考えずに大勝を続け、その結果、あちこちで経済摩擦を引き起こしてしまったのである。


人のためになることであって、なおかつ自分のためになることをやっていかなければ、企業は成立しない。自らの繁栄を求めながら、真の社会的責任を果たす企業を目指せ。【覚書き:利他と利己のバランスをうまく取りながら、なおかつ社会に貢献する企業活動をせよという趣旨の発言】


歴史や業種が違う優等生企業のシステムを、劣等生が真似しても効果は期待できない。よそのアイデアを借り、そこに自社の独創を加えて新しいシステムを作り上げねばならない。 【覚書き|経理担当常務の時、上場以来初の赤字決算に転落。当時の前田社長とともに再建を目指すべく、社員に改革の志を伝えた言葉。】


日本は国家理念を変えなければなりませんね。江戸時代はまず一族の繁栄。次は国家の繁栄だった。今度は発展途上国の援助など世界の繁栄のためにお手伝いをするのだという方向に理念変更しないと、それこそ魔女狩りでやられてしまいますよ。


賀来龍三郎の経歴・略歴

賀来龍三郎、かく・りゅうざぶろう。キヤノン社長・会長。九州大学卒。カメラのデジタル化の推進、コピー機、プリンター、ワープロなどの新規事業を立て続けに創出し、多角化でキヤノンの業績を伸ばした経営者。経済同友会副代表幹事などを務めた財界人

他の記事も読んでみる

藤堂高明(経営者)

相対性理論で有名なアインシュタインさんの言葉に「人類最高の発明は複利だ」という言葉があります。私は、人生も複利かなとつくづく思います。サラリーマンで通信会社で6年働いて、その頃は渋谷で勤めていたんですけど、辞めて、父親の田舎の会社を継ぐとなった時と今とを振り返ると、まさに人生も複利かなと。何かというと、元本はお金じゃないんですね。我々には等しく持ち合わせた財産があります。これは命ですね。命=時間ですね。この時間というものを元本に、そこにいかに利息を乗せて、人生の満足感や納得感を最大化させるのかと。「自分が生まれてきた意味があったよね」と死ぬ瞬間に思えたら最高だと思うんですよね。いつか死にますからね。


谷井昭雄

今日まで、順調な時もあれば困難な時もありました。しかし、社会の皆様の理解と支援をいただき、歴代トップを中心に社員が結束して頑張ってきたからこそ、パナソニックの今日があります。それを支えてきたのは、創業者(松下幸之助)がつくりあげた経営理念なのだと思います。


セネカ

人は教えることによって、もっともよく学ぶ。


午堂登紀雄

一等地に豪邸を持っても、それは見栄で、新たな価値は生まれません。資産や自分の付加価値、人脈を増やすことにしかお金を遣いません。


齋藤孝(教育学者)

私の授業でも、講義の後に質問の時間を設けます。このときに「なかなか鋭いことを聞くな」と感じる質問には、こちらも聞かれたこと以上に、答えたくなってしまうもの。このように、相手が思わず話したくなってしまう聞き方、というものがあるんです。つまり、いい答えが出るかどうかは、質問次第とも言える。


かわぐちかいじ

楽しんでいるか、楽しんでないかが結構気になるんだよ。このコマを描いていて「楽しんで自分は描いているのかな」っていうのがすごく気になる。


桐山一憲

会社から出る時間をあらかじめ決めておくと、必ずしなければいけないことがおのずと決まる。人間、「ここまで」という終わりの線が決まらないと、ダラダラと過ごしてしまうものなのである。


長島一由

「何が何でもやり遂げなければならない」という状況に追い込まれると、集中力を発揮するタイプですから。そういう意味で、「自ら自分を厳しい状況に追い込む」という姿勢も大切にしています。


金川千尋

経営者に必要な資質は、「現状を正しく認識できる判断力」と、「将来の姿を洞察できる先見性」、「現状を将来の姿に導く執行能力」です。執行能力がなければ進む方向を間違えます。そして他人を陥れたり策略を弄することなく真正面から戦うことです。


大川豊

世間や会社からはみ出したって、別に死ぬわけじゃない。明るく楽しく生きていこうぜ!


井上智治(コンサルタント)

本来、ビジネスマンは仕事ができることが第一です。自分の部下が仕事において有能であれば、少しくらいプライドが高くても、出身や経歴を鼻にかけるきらいがあっても、私はあまり気にしません。要は仕事で質の高いアウトプットを出してくれればいい。その際、やり方についてはそれぞれの人のスタイル、個性があってかまわないと思います。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

私の研究チームの調べによると、適材には6つの特徴があります。

  1. 企業理念を共有している。
  2. 上から指示されなくても自主的に最大限の努力をする。
  3. 仕事を与えられているのではなく、責任を与えられていると自覚している。
  4. 有言実行する。
  5. 会社と仕事に対して情熱を見せる。
  6. 成功したときは仲間のおかげとし、失敗したら自分の責任にする。

原野和夫

一番の情報手段は何といっても直接人に会い、話を交わすこと。それは記者時代の鉄則。


松岡修造

人の話を聞くとき、僕自身が活用して成長できそうな情報を見つけるようにし、自分のものにしてしまおうと考えます。「自分ならどうするか」を常に考えられるようにすれば、世の中のことすべてが貴重な情報になる気がします。


笠倉健司

徳をもって周りの人々を活かしていくためには、自分にとらわれない広やかな心が必要です。それを養うのが「自分を忘れる工夫」、つまり「無心」になる修行なのではないでしょうか。


ページの先頭へ