名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

貴ノ花利彰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

貴ノ花利彰のプロフィール

貴ノ花利彰、たかのはな・としあき。大相撲力士。初代貴乃花。北海道出身。「角界のプリンス」と呼ばれ人気を博した。

貴ノ花利彰の名言 一覧

弟子を育てるのは根気です。三度挑戦させてだめでももういっぺん、四度目をやらせる粘りが必要です。


貴ノ花利彰の経歴・略歴

貴ノ花利彰、たかのはな・としあき。大相撲力士。初代貴乃花。北海道出身。「角界のプリンス」と呼ばれ人気を博した。

他の記事も読んでみる

竹田陽一

ニーズなきところにセールスなし。


佐々木常夫

知っておいて欲しいのは「私たちは何のために仕事をするのか」ということ。仕事を通じて成長することと、自分のチームや顧客、地域社会に貢献すること。人間は、この2つに喜びを感じ、モチベーションが高まります。もちろん好きな女性に格好いい姿を見せたいとか、仕事をする理由は人それぞれで構いません。


森永卓郎

マーケットが多様化するなかで、いきなり100万部のヒットを狙うのは難しい。だったら、一部のマニアに向けて1万部程度で採算がとれるように作れば損はしない。


藤巻健史

私は話すのが下手で、いまでも結婚式のスピーチなどはド下手くそであるが、「ならば機械を見ている仕事がいいや」とディーラーに転身したことで、自分に合った仕事が見つかった。


河合利樹

これからの時代は、自社だけではなく、業界全体の発展が不可欠。


樫尾和雄

人は仕事をすることで成長するんです。私も常に新たなものに挑戦しています。


羽生善治

棋士の生活はマラソンに似ています。一般に、競技生活が長いですから。私はプロになって26年目ですが、「まだあと30年あります」といわれたら、気持ちが萎えてしまいます。あまり先のことまで考えると、道のりが途方もなさすぎて辞めたくなる。むしろ「とりあえず1キロ走ろう」という気持ちでやっていくほうが、自然に続けられるのではないでしょうか。


小笹芳央

トップは、自分のところにきちんと情報が入ってくる状態にしておくことが肝心です。基本的に社員はトップからにらまれたくないですから、トップが喜ぶ情報しか持っていきたくありません。現場で起こったミスやトラブルの報告をしたときに、聞きたくないという反応をした瞬間、二度とその手の情報は上がってこなくなります。情報がきちんと入ってこないと、手を打つこともできません。プラス情報もマイナス情報も報告しやすい風通しのいい環境、オープンな環境づくりが必要です。


鵜澤静

現在、自動車向けブレーキの摩擦材が主力事業の一つです。社長時代、この事業を強化すべく摩擦材で世界2位のドイツを拠点とするTMDを買収、トップ企業となりました。買収額は当社史上最大でしたが、この交渉でもブレないことが生きました。当時TMDは経営不振に陥りファンドの傘下にあった。高く売りたいファンドとこちらの提示価格が合わない。株主に説明し得る価格以上は出せないとして、ロンドンで行っていた交渉を早々と打ち切り、翌日帰国すると相手に告げました。するとその晩遅く、先方から翌朝再び話したいとの連絡が入り結局、私どもの価格が受け入れられた。


ホルスト・シュルツ

リーダーシップとは、企業の成功を継続させるために不可欠な要素です。オリエンテーションにおいて、私たちは、新しく向かいいれるスタッフに、「あなたは、私たちの会社の宝なのです」と伝えます。リーダーシップというのは、つまるところ「スタッフが自らやりたいと思って仕事をする環境作り」のことであり、マネジメントとは、「スタッフが、ある仕事・機能をたんに果たすことを管理すること」です。マネジメントのもとでは、スタッフは「仕事をしなければならない」という意識です。一方、リーダーシップの下では、スタッフは夢の一部であり、組織の一部であり、夢のために仕事をしたいと思うのです。新しい仲間に、私たちは何者であり、何をしなければならないのかを伝えるためには、私たち自身に信念がなければ、なにも伝わりません。ですので、オリエンテーションがとても重要になって来るのです。


山極寿一(山極壽一)

面白いことに、生物の進化の観点からすると、この人間の「あきらめない」という特性はやっかいなのです。私の専門である、ゴリラの生態研究からも明らかになっているのですが、ゴリラやチンパンジーは、うまくいかないことがあるとすぐにあきらめますね。現実を受け入れ、あるがままに生きている。あきらめた方が無駄がないから、本来は効率的です。から人間は動物と違って進歩したのです。時代の流れ、動きというものはなかなか読み取れるものではありません。バカな試行錯誤が、時代ががらりと変わった途端に受けてしまったりする。そういう予想できないことが起こるから、人間は進歩できたわけです。


村上賢太

経営理念の浸透というと抽象的ですが、あるLEDメーカーさんでは、「光で未来を変えてゆく」というビジョンがある。でも従業員には、なかなかビジュアルとしてイメージができない。だからパラパラ漫画で自分たちのつくった製品が世の中にどういう形で貢献していくか具体的な未来を見せる。例えば「自分たちが作った光の強度によって、細胞が見つかって薬ができて病気が治る」というようなことは、言葉で伝えるより、ビジュアル化した方がすんなりイメージできて、共有もできるんです。