名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

財部誠一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

財部誠一のプロフィール

財部誠一、たからべ・せいいち。日本の経済ジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。その後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。当初社会派のノンフィクションライターを目指していたが、経済記事が好評を博し経済ジャーナリストとなる。書籍や新聞、雑誌だけでなくテレビやラジオなどでも活躍した。

財部誠一の名言 一覧

日本のものづくりが現在置かれている状況を考えると、いまあるものを「改革、カイゼン」していくという発想だけで、この先の発展はとても望めない。


世界に前例のない、圧倒的な魅力や完成度を持つ商品を創ることができるかどうかは、経営者あるいは担当者が「こういうものを実現したい」という強い思いや前向きなマインドセットを持てるかどうかにかかっている。


よくいわれる精度などの細部に対するこだわりだけでなく、商品トータルとしての「圧倒的な完成度」に対するこだわりが、多くの日本メーカーに欠けてはいないだろうか。


残念なことに、日本は、法的規制もしくは失敗を恐れるあまりの自己規制などの形で、技術の新たな発展を阻害する要因を社会に内在させている。


仮にデザインや技術を真似をされたとしても、圧倒的な完成度を持つ商品が世界市場で勝つことは間違いない。「他社が技術を真似をする頃には、わが社はすでにその先を行っている」という気概がほしいところだ。


個々の企業にすれば、「国の関与」に頼って生きていくことはとてもできない。日本企業が、自主自立の精神を持って行なっていくべき大切な事柄はほかに数多くある。


スティーブ・ジョブズ氏は、部下たちが「できないこと」を前提にして発言したことを、逆に「そういうものができたらいいのではないか」と、アイデアとして採り入れていたという。世界を驚かせるような感動的な商品を、ふたたび創り上げることができなければ、日本企業に明日はない。その中で、私たちが日本の強みを活かしていけるかどうかは、ジョブズ氏のような前向きなマインドセットと志が持てるかどうかにかかっているのだ。


日本企業は、掃除ロボットにしる介護ロボットにしろ、従来にない斬新な製品を開発しても、「この製品を市場に出して、人間にケガをさせたらどうしよう」と、リスクを過度に恐れる。開発段階で製品の安全性について十分に検討したにもかかわらず、常に、「製品が何か問題を起こしたらどうしよう」ということばかり考えているから、技術力はあっても、クリエイティブな製品を創ることがなかなかできないのだ。現実の世界に「100%の安全」というものは存在しないにもかかわらず、わずかなリスクをも許容しない日本社会の弊害がここにある。


日本企業の場合、あえて「メイド・イン・ジャパン」にこだわるべき部分もある一方で、自分たちの「目利き」によって、「この部分では、海外のこの企業の技術を利用するほうが有利だ」という場合もあるはずだ。国内の技術も大切にしつつ、グローバルスケールでプルーブド・テクニック(実証された技術)を集積し、「圧倒的な完成度」を持つ商品を創っていくという発想が必要である。


企画力よりも上位にあるトップマネジメントの「経営構想力」の真価が問われている。かつて東海道新幹線の開発を指揮した島秀雄氏は、同新幹線について、「旅客列車の専用線である」「自動列車制御装置(ATC)などの運転保安装置を具備する」「踏切を排除する」などの開発コンセプトを掲げた。つまり次世代の鉄道、それも世界に例のない時速200kmの高速鉄道はどうあるべきかという明確なビジョンが、島氏にはその時点で見えていたのだ。実際、その開発コンセプトにしたがって「必要なプルーブド・テクニック(実証された技術)を吟味し、それらを新幹線というひとつのシステムへと組み上げていった」という指摘がある。


「G-SHOCK」のアメリカ版CMのエピソードが興味深い。アメリカ販社の機転で、「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というCMがつくられたという話だ。ところが、これが誇大広告ではないかとの意見が寄せられたため、テレビ番組で検証を行なったところ、プロのアイスホッケー選手がシュートをしても壊れなかったことが証明され、アメリカ国内で大いに人気を得た。アメリカ市場における「G-SHOCK」の成功をもたらしたこのエピソードを、偶然の産物とする見方もある。だがこれは、ある意味で想定内の出来事ではなかったか。テレビCMの規制が厳しいアメリカで、あのようなキャッチコピーを大々的に打ち出して、何も起こらないはずがない。かりに、それがアメリカのマーケッターの戦略だったとすれば、大いに評価されるべきケースである。


よくいわれる精度などの細部に対するこだわりだけでなく、商品トータルとしての「圧倒的な完成度」に対するこだわりが、多くの日本メーカーに欠けてはいないだろうか。


商品の優れたデザインは、たんに「絵を描く」ことだけで完成するものではない。素材そのものの開発から始めて、商品をいかにつくり上げていくかという級密な検討や作業が必要になる。もちろん機能も大切な要素だが、商品の美観、見栄えという面も、実は高い技術力によって支えられているという事実を、日本企業は再認識しなければならない。


素材そのものの開発が、新幹線のボディを形成する構体の構造に大きな革新をもたらしたわけだが、素材の段階から手をかけて良いものをつくり上げる姿勢の大事さは、新幹線の話に限らず、あらゆる分野の製品開発において本質部分で共通したものがある。日本人が本来持っているものづくりの資質を形づくる、中核的な要素とはそういうものではないだろうか。ところが最近、こうした日本的なものづくりの本質に迫るような議論が倭小化され、個別の作業や技、「改革、カイゼン」ばかりに話が収斂してしまっていることに危惧を覚えるのである。


財部誠一の経歴・略歴

財部誠一、たからべ・せいいち。日本の経済ジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。その後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。当初社会派のノンフィクションライターを目指していたが、経済記事が好評を博し経済ジャーナリストとなる。書籍や新聞、雑誌だけでなくテレビやラジオなどでも活躍した。

他の記事も読んでみる

河合薫

世の中には「五月病は一過性。放っておけば治る」と軽視する人もいますが、侮ってはダメ。雨を降らすストレス雲にうまく対処しないと、慢性的なメンタル不全に陥るリスクもある、油断できない症状なのです。


滝久雄

悪意ではなく無意識で行った情報の扱い方が時に不当な結果をもたらす場合もある。そのような事態に気づいた時点で速やかに指摘し、話し合い、あるべき公平な姿を修復するよう努める。ITが関わるビジネスは予想をはるかに超えるビジネススピードで成長するので、対応の速さがとりわけ重要だ。


濱田秀彦

価値観を押し付けるタイプほど、協調性のあるタイプを受け入れ、サブリーダーにするのが有効です。これにより補完機能が働き、自分が部下をやりこめても、サブリーダーがしっかりと部下をフォロー、親身に部下の相談に乗ってくれたりします。チーム全体としてはまとまっていくわけです。


北畑稔

自分の目標を実現するために、自分を客観視して、常に軌道修正をしながら、自分自身を目標に向かって導いていける。そんな力を持った人材が、非常に重要だと思っています。


米津玄師

自分の気持ちを言葉や音楽にする行為って、やっぱり自己表現なんですよ。自分のこと、自分が美しいと思っているものについて、他の人にも知って欲しいという欲求だと思うので。


樋口泰行

従来通り、優れたコアプロダクツを開発する一方で、そこに新しい要素技術やサービスを組み合わせたソリューションとして、より高い付加価値をお客様に提供していく。これには、商品ありきのプッシュ型発想からの脱却が必要。


菊池保人

独立と転職には決定的な違いがあります。それは、最後に企業側が「あなたを採る」と決めるのか、カスタマー側が「それをやる」と決めるのか、ということ。独立は後者ですから、我々は常に「カスタマーファースト」でなければならない。


太田肇

満足感をもって仕事をしてもらうには、自分の名前で仕事をさせるといいでしょう。企画書にクレジットを入れるのはもちろん、誰のアイデアか、誰の意見か、誰が取り組んだ作業かを明確にするよう会社の仕組みとして制度化するのです。現在はそれが曖昧すぎるケースが多く、「上司が手柄を横取りした」「自分のアイデアが採用されたのに評価に反映されない」など、いらぬ不満を引き起こしているのです。


ジョージ・ルーカス

映画というものは、それが幻想であるところに秘訣がある。


津田秀樹

家族間のトラブルにおいては、まずお互いの意見を言い合うことがとても大切です。それがたとえ解決につながらなくても、関係性が改善する可能性は高くなります。お互いに自分の主張とその理由について、徹底的に相手の意見に耳を傾けることで、多少なりとも歩み寄ることができるからです。


井上礼之

私はゴールデンウィークには、「異業種研修会」と称して、仲のいい経営者夫妻数組でハワイで過ごします。今年で3回目になりますが、旅を楽しみながら、昼間に時間を決めて、グローバル経営の話や、今年であればトランプ大統領就任後の米国経済をどう見るかなどテーマを決めて4~5時間フリーディスカッションをする。業種が違う経営者同士なので本当に勉強になりますよ。


傳田信行

アンディ・グローブを始め、インテルのCEOとは「ハーイ」と名前で呼び合う関係で侃々諤々の議論をしました。特に、アンディは「Why?」を連発し、「NO」から始まる経営者でしたが、そのやり取りを通じて部下は成長し、会社が急成長する原動力となっていました。