財部誠一の名言

財部誠一のプロフィール

財部誠一、たからべ・せいいち。日本の経済ジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。その後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。当初社会派のノンフィクションライターを目指していたが、経済記事が好評を博し経済ジャーナリストとなる。書籍や新聞、雑誌だけでなくテレビやラジオなどでも活躍した。

財部誠一の名言 一覧

日本のものづくりが現在置かれている状況を考えると、いまあるものを「改革、カイゼン」していくという発想だけで、この先の発展はとても望めない。


世界に前例のない、圧倒的な魅力や完成度を持つ商品を創ることができるかどうかは、経営者あるいは担当者が「こういうものを実現したい」という強い思いや前向きなマインドセットを持てるかどうかにかかっている。


よくいわれる精度などの細部に対するこだわりだけでなく、商品トータルとしての「圧倒的な完成度」に対するこだわりが、多くの日本メーカーに欠けてはいないだろうか。


残念なことに、日本は、法的規制もしくは失敗を恐れるあまりの自己規制などの形で、技術の新たな発展を阻害する要因を社会に内在させている。


仮にデザインや技術を真似をされたとしても、圧倒的な完成度を持つ商品が世界市場で勝つことは間違いない。「他社が技術を真似をする頃には、わが社はすでにその先を行っている」という気概がほしいところだ。


個々の企業にすれば、「国の関与」に頼って生きていくことはとてもできない。日本企業が、自主自立の精神を持って行なっていくべき大切な事柄はほかに数多くある。


スティーブ・ジョブズ氏は、部下たちが「できないこと」を前提にして発言したことを、逆に「そういうものができたらいいのではないか」と、アイデアとして採り入れていたという。世界を驚かせるような感動的な商品を、ふたたび創り上げることができなければ、日本企業に明日はない。その中で、私たちが日本の強みを活かしていけるかどうかは、ジョブズ氏のような前向きなマインドセットと志が持てるかどうかにかかっているのだ。


日本企業は、掃除ロボットにしる介護ロボットにしろ、従来にない斬新な製品を開発しても、「この製品を市場に出して、人間にケガをさせたらどうしよう」と、リスクを過度に恐れる。開発段階で製品の安全性について十分に検討したにもかかわらず、常に、「製品が何か問題を起こしたらどうしよう」ということばかり考えているから、技術力はあっても、クリエイティブな製品を創ることがなかなかできないのだ。現実の世界に「100%の安全」というものは存在しないにもかかわらず、わずかなリスクをも許容しない日本社会の弊害がここにある。


日本企業の場合、あえて「メイド・イン・ジャパン」にこだわるべき部分もある一方で、自分たちの「目利き」によって、「この部分では、海外のこの企業の技術を利用するほうが有利だ」という場合もあるはずだ。国内の技術も大切にしつつ、グローバルスケールでプルーブド・テクニック(実証された技術)を集積し、「圧倒的な完成度」を持つ商品を創っていくという発想が必要である。


企画力よりも上位にあるトップマネジメントの「経営構想力」の真価が問われている。かつて東海道新幹線の開発を指揮した島秀雄氏は、同新幹線について、「旅客列車の専用線である」「自動列車制御装置(ATC)などの運転保安装置を具備する」「踏切を排除する」などの開発コンセプトを掲げた。つまり次世代の鉄道、それも世界に例のない時速200kmの高速鉄道はどうあるべきかという明確なビジョンが、島氏にはその時点で見えていたのだ。実際、その開発コンセプトにしたがって「必要なプルーブド・テクニック(実証された技術)を吟味し、それらを新幹線というひとつのシステムへと組み上げていった」という指摘がある。


「G-SHOCK」のアメリカ版CMのエピソードが興味深い。アメリカ販社の機転で、「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というCMがつくられたという話だ。ところが、これが誇大広告ではないかとの意見が寄せられたため、テレビ番組で検証を行なったところ、プロのアイスホッケー選手がシュートをしても壊れなかったことが証明され、アメリカ国内で大いに人気を得た。アメリカ市場における「G-SHOCK」の成功をもたらしたこのエピソードを、偶然の産物とする見方もある。だがこれは、ある意味で想定内の出来事ではなかったか。テレビCMの規制が厳しいアメリカで、あのようなキャッチコピーを大々的に打ち出して、何も起こらないはずがない。かりに、それがアメリカのマーケッターの戦略だったとすれば、大いに評価されるべきケースである。


よくいわれる精度などの細部に対するこだわりだけでなく、商品トータルとしての「圧倒的な完成度」に対するこだわりが、多くの日本メーカーに欠けてはいないだろうか。


商品の優れたデザインは、たんに「絵を描く」ことだけで完成するものではない。素材そのものの開発から始めて、商品をいかにつくり上げていくかという級密な検討や作業が必要になる。もちろん機能も大切な要素だが、商品の美観、見栄えという面も、実は高い技術力によって支えられているという事実を、日本企業は再認識しなければならない。


素材そのものの開発が、新幹線のボディを形成する構体の構造に大きな革新をもたらしたわけだが、素材の段階から手をかけて良いものをつくり上げる姿勢の大事さは、新幹線の話に限らず、あらゆる分野の製品開発において本質部分で共通したものがある。日本人が本来持っているものづくりの資質を形づくる、中核的な要素とはそういうものではないだろうか。ところが最近、こうした日本的なものづくりの本質に迫るような議論が倭小化され、個別の作業や技、「改革、カイゼン」ばかりに話が収斂してしまっていることに危惧を覚えるのである。


財部誠一の経歴・略歴

財部誠一、たからべ・せいいち。日本の経済ジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。その後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。当初社会派のノンフィクションライターを目指していたが、経済記事が好評を博し経済ジャーナリストとなる。書籍や新聞、雑誌だけでなくテレビやラジオなどでも活躍した。

他の記事も読んでみる

永江朗

本音は必ずしも言葉で出てくるとは限りません。表情に表れるかもしれないし、身ぶりに表れるかもしれない。声の調子かもしれません。


三谷忠照

いろんな世代の経営者の方とお会いしていく中で、自分なりの覚悟というものができたのかなと思います。一番の原動力は、5年前に日本に戻ってきた時に、社員の皆さんに温かく迎え入れてもらったことでしょうか。それが社員にとって働き甲斐があり、働きやすい職場づくりを行っていきたい、という思いにつながっています。


江川達也

どのように考え、行動すればいいかわからなくなったら、歴史に学ぶのも悪くはありません。とくに明治の日本は、素晴らしい思考力で苦境を乗り切った人をたくさん輩出していますから、手本を探すのにそれほど苦労はないはずです。


廣瀬光雄

いろいろな考え方がある中で、人が考えない少し違うやり方を見つけ出す。それが、私自身の経験から培ってきた発想です。


福田秀人

上司には、常に相談スタイルで提案すること。「実は○○の件についてご相談したいのですが」と言えば、悪く思う上司はいないはず。


槍田松瑩

部下がやりがいを感じて仕事をしているか、あるいはどういう気持ち、どういう意気込みで仕事に関わっているのかということに、上司であるミドルはもっと関心を持たねばなりません。


片岡愛之助(6代目)

注意するのは簡単だけど、相手を萎縮させると、頭で考えた芝居になってしまう。それじゃ生きた言葉が出てこない。与えられた役と世界観を認識しているなら、自由に演じればいい。その芝居を受け止めて、僕も自分の芝居を返す。


築山節

何をやるにもやる気が出ないという人は、前頭葉のテクニック的な部分より、指示を出し続けられる基礎体力をつけることが重要でしょう。無気力に陥った人にぜひやってもらいたいのは、日々の雑用をしっかりとこなすことです。基本は身体のトレーニングと同じです。前頭葉も、毎日小さな仕事を確実に片づけていくことで、原始的な欲求に簡単に屈しない体力を身につけられます。


樺島弘明

IT業界の営業は、一般的に効率がよくありません。多くの企業を回って、お試しの仕事をし、そこで評価されれば正式に仕事がもらえるということで非常に時間がかかります。そして自分の人脈でしか営業できない面もあります。技術力があっても営業力のない企業は成長が難しい。しかし今は実力があれば、アサインナビに登録すればいいという形になっています。このプラットフォームは、良い企業、良い人に良い仕事がきちんと入ってくるようにマッチングさせることで、全体としてみんなが幸せになるように設計しています。


松井大輔

誰でもワールドカップに出たいと思うのは当然。だけど、出場できることで満足しているようでは、お遊戯している子供と一緒だと思う。そこで何かやらなくちゃ意味がない。


木川眞

ヤマトはいわば黒子なんです。ビジネスの主役ではないけれども、我々と組まないとプラットフォームを使うことができなくなる。そのような存在になることが肝要なんです。


吉山勇樹

時間あたりの仕事の効率や生産性を高めるにはどうすればいいか。その解決策はただ一つ、「仕事を減らすこと」しかありません。「時間がない」という人は、自分が今やるべきではない仕事までやっている場合がほとんど。部下に積極的に仕事を任せるべきです。そのためには、「自分が今やるべきこと」を見極め優先順位をつける必要があります。


氏家秀太

売上が損益分岐点を越えれば黒字、損益分岐点が低ければ低いほど黒字になりやすいのだから、損益分岐点が低い店は売上高が低くてもすむことになる。余裕をもって経営できるわけだ。


川上徹也(パナソニック)

若手を選抜して、「経理規定を含めてシステムを抜本的に変えたい。3か月でやってくれ」と頼みました。中間報告を聞くと、稚拙な点が目立ちました。「なんでこんなものになるんだ」と正直思いましたが、ここで彼らを否定すると、プロジェクトがつぶれる。グッと我慢して、活動を見守りました。こうして生まれた経営の仕組みの改革案は期待以上でした。
【覚書き|松下電器の経営改革案をまとめたときを振り返っての発言】


箱田忠昭

私が使っている質問法で「ASK IF」というものがあります。これは「もし~だったら」と仮定の話として質問することで、相手がポロリと本音をしゃべってしまうというもの。


ページの先頭へ