名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

貝原益軒の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

貝原益軒のプロフィール

貝原益軒、かいばら・えきけん。江戸時代の儒学者、本草学(漢方学)者。福岡藩士の家に生まれ、福岡藩に仕えたが藩主の怒りに触れ、藩主が交代するまで浪人の身となる。京都にて本草学と朱子学を学ぶ。晩年は執筆活動に専念し、『大和本草』『養生訓』『和俗童子訓』『和州巡覧記』などを書いた。著書は誰でも読め、活用できるように平易な文体で書かれ、今なお愛読者は多い

貝原益軒の名言 一覧

(自分の)身に奉ずること薄きを倹約とし、人に奉ずること薄きを吝嗇(りんしょく)とす。


百病はみな気(き)より生ず。病とは気病むなり。ゆえに養生の道は気を調(ととの)ふるにあり。


体気弱く、飲食少なく、家に病多くして、短命ならんと思う人、かえって長生きする人多し。これ弱きをおそれて、つつしむによれり。


心を平(たい)らかにし、気を和(わ)にす。これ身を養い、徳を養うの工夫。


一切の病にみだりに薬を服すべからず。病の災いより薬の災いが多し。


老後一日楽しまずして、虚しく過ごすは惜しむべし。老後の一日、千金にあたるべし。


節制には七養あり。これを守るべし。
一には言すくなくして内気を養う。二には色欲を戒めて精気を養う。
三には滋味を薄くして血気を養う。四には津液(唾液)をのんで臓気を養う。
五には怒りをおさえて肝気を養う。六には飲食を節にして胃気を養う。
七には思慮をすくなくして心気を養う。
これ寿親老書(明時代の医学書)に出たり。


志を立てることは大いに高くすべし。小にして低ければ、小成に安んじて成就しがたし。天下第一等の人とならんと平生志すべし。


君子が財をみだりに用いずして惜しむは、人に益あることに財布を用いんがためなり。


人の礼法あるは水の堤防あるがごとし。水に堤防あれば氾濫の害なく、人に礼法あれば悪事生ぜず。


養生の要は、自らあざむくことを戒めて、よく忍ぶにあり。


人の目は百里の遠きを見れども、その背を見ず。明鏡といえども、その裏を照らさず。


朋友の間、悪しきことならば面前に言うべし。陰にてそしるべからず。後ろめたく聞こゆ。前面にその過ちを責め、陰にてその善を褒むべし。


疑いを人に問うは知を求むる道なり。自ら心に道理を思うは知を開くもとなり。


人々は日々に飲食せざることなし。常に慎みて欲を越えざれば、過ごしやすくして病を生ぜず。古人、わざわいは口より出でて、病は口より入ると言えり。口の出し入れ常に慎むべし。


天下のあらゆる民は、我と同じく天地の子なれば、みな我が兄弟なれば、もっと愛すべきこと言うにおよばず。


知って行わざるは、知らざるに同じ。


朝早く起きることは、家の栄える印なり。遅く起きることは、家の衰える基なり。


貝原益軒の経歴・略歴

貝原益軒、かいばら・えきけん。江戸時代の儒学者、本草学(漢方学)者。福岡藩士の家に生まれ、福岡藩に仕えたが藩主の怒りに触れ、藩主が交代するまで浪人の身となる。京都にて本草学と朱子学を学ぶ。晩年は執筆活動に専念し、『大和本草』『養生訓』『和俗童子訓』『和州巡覧記』などを書いた。著書は誰でも読め、活用できるように平易な文体で書かれ、今なお愛読者は多い

他の記事も読んでみる

川淵三郎

改革を断行するうえでは、スピードが最も重要で、走りながら考え、いいと思ったことは、どんどん前に進めることが大切です。間違ったと思ったら修正すればいいのです。


小宮山栄

うちは当初、鏡メーカーではなく看板屋でした。あるときディスプレー用に凸面鏡の回転看板をつくりましたが、人気は芳しくなかった。そうしたなかで、あるスーパーから30個も注文がきた。客寄せにしては多すぎる。「いったい何に使うのだろう」と気になった。そこで半年ほどしてから、思い切ってそのスーパーを訪ねたらディスプレーではなく万引き防止のため死角ができないように凸面鏡を使っていた。そのことをきっかけに防犯用凸面鏡の事業を開始し、防犯・衝突防止用特殊鏡の国内シェア8割を得ることができました。


鎌田恭幸

投資することによって経済や金融を学ぶだけでなく、頑張っている社長の生きざまから影響を受けることもある。よい投資は人格を磨く。自分自身が主体性を持つことにより学んだり気づいたりする機会が増えるからだ。


澁谷誠(経営者)

トップから情熱がなくなったら、「ただそこにいるだけの人」だ。


小堀秀毅

旭化成のように、多様な事業を持っている会社は少ないので、良きパートナーとしての地位を確立する活動に取り組んでいます。そうすることで、お客様のほうから「旭化成の総合力を活かせば、こんなこともできるのではないか」といった要望も引き出せるようになります。


益本康男

コミュニケーションを活発化したいという思いは、私がたどった会社人生にも関係しています。実は私は、入社2年目に出社拒否をして会社を辞めるつもりでいました。当時の課長が相当のパワハラで、「もうあんたの下じゃとても働けない」とタンカを切り、大阪の本社から神戸の実家に帰り、10日間くらい出社拒否を続けたのです。そうするとたまたま大学の先輩が部長をしていて、私の家に電話がかかってきたのです。「もうおまえ、ぐずぐず言わずに東京に行くか」と言ってくれて、即座に「行きます」と答えました。そして、そのまま東京勤務になり今日に至っているわけです。こうした経験を踏まえ、上級職(課長クラス)に昇進した全社員をグループに分け、飲みニケーションを含めて話をする機会をつくっています。


柴山政行

必要な家電は揃い、気に入った製品があれば買うというのがいまの消費者であり、選択肢には限りがない。買うか買わないかという二者択一の旧態依然とした売り方では、消費者の心を動かすことはできず、商品に対する愛情、物語があってこそ、消費者の気持ちをつかむ売り方ができる。


森川亮

転職の際に、肩書のランクが落ちることを恐れて躊躇する人もいます。「私は前職で課長だったから、課長以上の待遇じゃないと嫌だ」などとこだわる。肩書がないと生きられない人は、その人自身には価値がないことを物語っています。私は転職した2回とも、肩書らしきものは用意されませんでした。しかし、肩書やお金は度外視して転職を決断した。未来への目標に対して、時間を集中的に使いたかったからです。その行動が「自分の価値」を高め、LINEの社長就任に導いてくれました。肩書にこだわりがないからこそ、LINEを去って起業できたのです。


蔭山洋介

話し手もアナウンサーのようにきれいに話す必要はなく、仮にたどたどしい話し方であっても、眼光の鋭さで人を引きつけることもある。話し方教室で学ぶようなことは、二次的要素にすぎない。


小倉昌男

本当は税金を納める能力があるにもかかわらず収入をごまかしたり、補助金をもらって普通の人よりも贅沢な暮しをしていたりする人間は「タックス・イーター」と呼んでいい。他人が苦労して払った税金を食って、自分だけ楽をしているのだ。これは本来、国民の一人として恥ずべきことだろう。ところが、大半のタックス・イーターは悪知恵を絞って楽な生活を手に入れている自分を、他人よりも賢いと思っている。


大橋光夫

いまの若い人は、身の回りにのみ関心を示し、自分と異なるものには関心がないという話を聞きます。異なるものへの関心の低さは、向上心や問題意識の欠如にも通じるものではないでしょうか。


山口拓朗

昔、トラックの運転手が読む雑誌で執筆していたのですが、ドライバーへのインタビューの際はあえて、服装や言葉遣いをラフにしていました。かしこまった態度はかえって相手を戸惑わせ、苛立たせるからです。良いコメントを引き出すには、彼らの感覚や文化を共有することが不可欠でした。