名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

貝原益軒の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

貝原益軒のプロフィール

貝原益軒、かいばら・えきけん。江戸時代の儒学者、本草学(漢方学)者。福岡藩士の家に生まれ、福岡藩に仕えたが藩主の怒りに触れ、藩主が交代するまで浪人の身となる。京都にて本草学と朱子学を学ぶ。晩年は執筆活動に専念し、『大和本草』『養生訓』『和俗童子訓』『和州巡覧記』などを書いた。著書は誰でも読め、活用できるように平易な文体で書かれ、今なお愛読者は多い

貝原益軒の名言 一覧

(自分の)身に奉ずること薄きを倹約とし、人に奉ずること薄きを吝嗇(りんしょく)とす。


百病はみな気(き)より生ず。病とは気病むなり。ゆえに養生の道は気を調(ととの)ふるにあり。


体気弱く、飲食少なく、家に病多くして、短命ならんと思う人、かえって長生きする人多し。これ弱きをおそれて、つつしむによれり。


心を平(たい)らかにし、気を和(わ)にす。これ身を養い、徳を養うの工夫。


一切の病にみだりに薬を服すべからず。病の災いより薬の災いが多し。


老後一日楽しまずして、虚しく過ごすは惜しむべし。老後の一日、千金にあたるべし。


節制には七養あり。これを守るべし。
一には言すくなくして内気を養う。二には色欲を戒めて精気を養う。
三には滋味を薄くして血気を養う。四には津液(唾液)をのんで臓気を養う。
五には怒りをおさえて肝気を養う。六には飲食を節にして胃気を養う。
七には思慮をすくなくして心気を養う。
これ寿親老書(明時代の医学書)に出たり。


志を立てることは大いに高くすべし。小にして低ければ、小成に安んじて成就しがたし。天下第一等の人とならんと平生志すべし。


君子が財をみだりに用いずして惜しむは、人に益あることに財布を用いんがためなり。


人の礼法あるは水の堤防あるがごとし。水に堤防あれば氾濫の害なく、人に礼法あれば悪事生ぜず。


養生の要は、自らあざむくことを戒めて、よく忍ぶにあり。


人の目は百里の遠きを見れども、その背を見ず。明鏡といえども、その裏を照らさず。


朋友の間、悪しきことならば面前に言うべし。陰にてそしるべからず。後ろめたく聞こゆ。前面にその過ちを責め、陰にてその善を褒むべし。


疑いを人に問うは知を求むる道なり。自ら心に道理を思うは知を開くもとなり。


人々は日々に飲食せざることなし。常に慎みて欲を越えざれば、過ごしやすくして病を生ぜず。古人、わざわいは口より出でて、病は口より入ると言えり。口の出し入れ常に慎むべし。


天下のあらゆる民は、我と同じく天地の子なれば、みな我が兄弟なれば、もっと愛すべきこと言うにおよばず。


知って行わざるは、知らざるに同じ。


朝早く起きることは、家の栄える印なり。遅く起きることは、家の衰える基なり。


貝原益軒の経歴・略歴

貝原益軒、かいばら・えきけん。江戸時代の儒学者、本草学(漢方学)者。福岡藩士の家に生まれ、福岡藩に仕えたが藩主の怒りに触れ、藩主が交代するまで浪人の身となる。京都にて本草学と朱子学を学ぶ。晩年は執筆活動に専念し、『大和本草』『養生訓』『和俗童子訓』『和州巡覧記』などを書いた。著書は誰でも読め、活用できるように平易な文体で書かれ、今なお愛読者は多い

他の記事も読んでみる

南部靖之

創業者と経営者に求められるものは違う。創業者というのは大きな夢を持ち、その夢を希望という言葉にして部下に伝えることができる人。だから、ゼロから何かをつくっていく人。一方、経営者は売り上げを上げ、利益を出し、株価を上げ、時にM&Aをして会社を成長軌道に乗せていく人。


伊達美和子

当社は、東日本大震災の前に、徹底的な生産性の向上を図っていたことに加え、震災後の悲観的な時代にも、将来的なインバウンド拡大を予測し、先行して外資系ホテルの誘致を積極的に行ってきました。そうした経営が奏功し、現在のホテル活況の恩恵を受けやすいポートフォリオを築くことができ、収益も拡大しています。


泉谷直木

ミッション(使命)を明確に与えないまま「おまえ、何とかしてこい」と全部個人任せにしてはいけません。


外山滋比古

「儲けよう」という気持ちがあまりなくなると、儲かるようになります。若い時は「何とかして儲けてやろう」として失敗する。年を取って、「貯金するよりは少しましならいいか」という思いで株をやっていると、案外とびっくりするような儲けが出ます。


土屋義彦

これからはまさに地方の時代で、主役は市町村。市町村が豊かにならなければ国も栄えない。


飯沼正樹

将来の企業規模などはあまり意識していません。規模は後からついてくる。そう考えながら、仕事に向き合っています。


和田秀樹

ウィキペディアは、他人から見た情報を、ある範囲でまとめたものに過ぎません。それを鵜呑みにするのは危険。私のように本を出している相手なら、著書を読めれば理想的ですね。本人の書く物だから、著者の人間性の一端がにじみ出ているものです。それでも、まだ相手をわかった気になるのは早い。実際に会ってみないとわからないという余地は残しておくのがアナログ脳。直接の対話というアナログのコミュニケーションを通して、相手の雰囲気とか、波長が合う部分が見えてきます。


藤沢晃治

段取り下手な人のなかには、連日続く残業に悩んでいる人も多いと思います。もちろん、どんなに段取りを上手に組んでも避けられない残業もありますが、心のなかに「もし時間内に終わらなければ、残業すればいいや」という気持ちがどこかにあるのではないでしょうか。段取り下手な人の多くは、「時間内に何がなんでも終わらせる」という姿勢ではなく、「かかる時間だけかける」という、時間無制限の意識で仕事をしているのです。


鳥越俊太郎

「ラッキー!」。自分が大腸がんとわかった時、そう思ったんだよね。普通だったら、不安とか息苦しさを感じる状況だけど、ジャーナリストであるもう一人の自分がいてね。もちろん、不安を感じる面もあったけれど、「がんの不安を体験できる。本を書くネタができた」と心が躍った、というわけ。


住野よる

『君の膵臓をたべたい』は、ストーリーより先にタイトルが生まれました。そのままの意味で怖い話にしてしまっては面白くないので、「君の膵臓をたべたい」という言葉で人を感動させるにはどのような解釈をすればいいのか、どんな人の言葉なんだろうかというところから「僕」と「桜良」というキャラクターが生まれ、王道的なストーリーを歩いてもらうことにしました。ただ、王道でありながらも、そこに一滴の毒を垂らしたような物語です。


井上和幸(ヘッドハンター)

日本人は周囲に自分をアピールすることを遠慮しがちで、それを良しとする風潮すらあります。しかし、この「美徳」はもはや現代では通用しません。海外においては、自分の武器を見せない人は無能と見なされ、グローバルリーダーになることはできません。


松本康男(コンサルタント)

業務を委託する側の最終ゴールは「事業(プロジェクト)の成功」にあります。社内のリソースを活用するか、外部に委託するかは「手段の違い」でしかありません。よって、外部委託先といえども事業やプロジェクトを成功に導く一員であるという「意識」が大切。