貝原益軒の名言

貝原益軒のプロフィール

貝原益軒、かいばら・えきけん。江戸時代の儒学者、本草学(漢方学)者。福岡藩士の家に生まれ、福岡藩に仕えたが藩主の怒りに触れ、藩主が交代するまで浪人の身となる。京都にて本草学と朱子学を学ぶ。晩年は執筆活動に専念し、『大和本草』『養生訓』『和俗童子訓』『和州巡覧記』などを書いた。著書は誰でも読め、活用できるように平易な文体で書かれ、今なお愛読者は多い

貝原益軒の名言 一覧

(自分の)身に奉ずること薄きを倹約とし、人に奉ずること薄きを吝嗇(りんしょく)とす。


百病はみな気(き)より生ず。病とは気病むなり。ゆえに養生の道は気を調(ととの)ふるにあり。


体気弱く、飲食少なく、家に病多くして、短命ならんと思う人、かえって長生きする人多し。これ弱きをおそれて、つつしむによれり。


心を平(たい)らかにし、気を和(わ)にす。これ身を養い、徳を養うの工夫。


一切の病にみだりに薬を服すべからず。病の災いより薬の災いが多し。


老後一日楽しまずして、虚しく過ごすは惜しむべし。老後の一日、千金にあたるべし。


節制には七養あり。これを守るべし。
一には言すくなくして内気を養う。二には色欲を戒めて精気を養う。
三には滋味を薄くして血気を養う。四には津液(唾液)をのんで臓気を養う。
五には怒りをおさえて肝気を養う。六には飲食を節にして胃気を養う。
七には思慮をすくなくして心気を養う。
これ寿親老書(明時代の医学書)に出たり。


志を立てることは大いに高くすべし。小にして低ければ、小成に安んじて成就しがたし。天下第一等の人とならんと平生志すべし。


君子が財をみだりに用いずして惜しむは、人に益あることに財布を用いんがためなり。


人の礼法あるは水の堤防あるがごとし。水に堤防あれば氾濫の害なく、人に礼法あれば悪事生ぜず。


養生の要は、自らあざむくことを戒めて、よく忍ぶにあり。


人の目は百里の遠きを見れども、その背を見ず。明鏡といえども、その裏を照らさず。


朋友の間、悪しきことならば面前に言うべし。陰にてそしるべからず。後ろめたく聞こゆ。前面にその過ちを責め、陰にてその善を褒むべし。


疑いを人に問うは知を求むる道なり。自ら心に道理を思うは知を開くもとなり。


人々は日々に飲食せざることなし。常に慎みて欲を越えざれば、過ごしやすくして病を生ぜず。古人、わざわいは口より出でて、病は口より入ると言えり。口の出し入れ常に慎むべし。


天下のあらゆる民は、我と同じく天地の子なれば、みな我が兄弟なれば、もっと愛すべきこと言うにおよばず。


知って行わざるは、知らざるに同じ。


朝早く起きることは、家の栄える印なり。遅く起きることは、家の衰える基なり。


貝原益軒の経歴・略歴

貝原益軒、かいばら・えきけん。江戸時代の儒学者、本草学(漢方学)者。福岡藩士の家に生まれ、福岡藩に仕えたが藩主の怒りに触れ、藩主が交代するまで浪人の身となる。京都にて本草学と朱子学を学ぶ。晩年は執筆活動に専念し、『大和本草』『養生訓』『和俗童子訓』『和州巡覧記』などを書いた。著書は誰でも読め、活用できるように平易な文体で書かれ、今なお愛読者は多い

他の記事も読んでみる

藤田志穂

自分から話す場合でも、言いたいことはできるだけコンパクトに話したほうがいい。余計な説明をしない方が、「えっ、それ何?」と相手から興味をもってもらいやすいし、いろいろと質問もしてもらえますから。それに答える形で会話を続けていった方が、無理がないと気づいたんです。


織田信長

太刀の下は地獄よ、生死は一定(いちじょう)の定め事、この期(ご)に及び迷い相(あい)なし。


舛成孝二

僕は演出が目立っちゃいけないと思ってるんです。観た人に「ああ、この演出、いいなあ」と言われると、負けたような気がするんですよ。むしろ「このキャラ、いいな」と言わせたいんです。それで、観終わったあとに「ああ、いい作品だったなあ。監督は誰だろう?」と言ってもらいたい。そのためにも、ドラマの中で演出的に嘘がないものを作っていきたいと思うんです。


山﨑賢人(山崎賢人)

周りにどう思われるかは気になるけれど、気にしすぎて自分をつくって生きていくのはやっぱりつらい。だから、僕は僕のままで舞台に取り組んでいきたい。


金田博之

もし仕事で英語を使う機会がないなら、会議のノートを英語でとるといいでしょう。できれば退屈な会議がベストです(笑)。みんなが「早く終わらないかな」と思っている時間を、自分だけは有効活用できるわけです。わからない単語は電子辞書で調べ、単語登録し、繰り返し復習するようにします。しばらくこれを続ければ、会議で話される内容については英単語や言い回しが一通り身につくはずです。英語を使わない環境の中でも、自分の仕事で使う英語を実践的に学ぶことはできるんですよ。


稲盛和夫

最初から無理だと諦めてしまっては、何ごとも成功しない。


中田卓也

改革とは見切り発車でもいいからまず始めることが大事。社内に一時的な混乱もありましたが、今では徐々に落ち着き、これから何か新しいものが生まれそうな気配がしています。


藤田田

生活の中では数字と無縁でいて、商売の時だけ数字を持ち出すのでは遅すぎる。


柳井正

経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない。


藤井義彦

欧米の経営者は、トップに上り詰めたあとでも、自分の能力を磨くことに貪欲で、絶え間なく勉強し研鑽し続けます。企業も経営者教育のために、エリートをビジネススクールのプログラムに派遣したり、エグゼクティブコーチをつけて短期教育を行います。ところが、日本企業の特徴として、新入社員をはじめ課長クラスまでの研修は熱心に行うのですが、部長以上や役員として経営に携わる層への教育はほとんど行われていません。一部の企業がその点に気づき、経営者へのリーダーシップ教育を行い始めました。


赤羽雄二

具体的なやり方、ノウハウを書いて部下に伝える。口頭では曖昧にしか伝わらず、再現できないので、文字で具体的に伝える必要がある。そして、部下に手本を見せる。部下が「クライアントの部長のアポがなかなか取れない」と言うなら、上司が目の前で電話をしてアポを取ってみせる。この2つを実践することで、部下の成長が加速する。


竹内洋岳

「危ない」「大丈夫そうだ」という感覚が登山ではすごく大事だと思う。だから、好条件のデータが揃っていても、その場で「何かおかしい」と思ったらすぐに引き返しますよ。逆に悪条件のデータばかりでも、「いや、いけるな」と感じたら、躊躇せずに行く。


迫俊亮

私が社長になり、「あ、この会社終わりだ」「こんな若い奴が」と、多くの社員が懐疑的でした。でも、初の人事を実行して「もしかしたら上手くいくかも……」と少しずつ状況が変わっていきました。


福岡かつよ

笑顔は大事と誰しも無意識に思っていますが、研修では改めて「なぜ笑顔が大事なのでしょうか」と問いかけます。笑顔によって相手に何をプレゼントしているのかと、接遇の本質を考える機会を提供します。すると「安心感を与える」「信頼関係を築くため」「心を開いてもらいたい」「話しやすい雰囲気をつくる」など、参加者からさまざまな答えが返ってくる。笑顔一つでも、受け手によって一人一人感じ方が違うということに気づくことが、相手(患者)に寄り添う心への大きな一歩につながるからです。


オマル・エル=アッカド

いつか本当にやりたい仕事を実現するには、どうすればいいか。私の場合は、食べるために就いた仕事が、本当にやりたい仕事に役立つスキルを身につけさせてくれました。毎日会社に行って記事を書き、上司からフィードバックを受けることが、フィクションの書き手としての力をも鍛えてくれたと思います。もちろん、アフガニスタンやグアンタナモ、ルイジアナやフロリダを取材した経験も小説の中に生きています。やりたいことがあるなら、日々の仕事の中でその準備をしていくことが、とても重要でしょう。


ページの先頭へ