名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

豊﨑賢一(豊崎賢一)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

豊﨑賢一(豊崎賢一)のプロフィール

豊﨑賢一、豊崎賢一、とよさき・けんいち。日本の経営者。「あきんどスシロー」社長。徳島県出身。辻調理師専門学校卒後、鯛すし(のちの・あきんどスシロー)に入社。取締役、仕入部長、営業部長などを経て社長に就任。

豊﨑賢一(豊崎賢一)の名言 一覧

当然のことをやり続けていくことを大切にしていきたい。


当社の特徴は企業理念に基づき「うまいすし」を提供し続けることかと思います。弊社の取引先さまには「105円で仕入れられるネタ」ではなく「うまいネタ」を提案してほしいとお願いしています。その「うまいネタ」を105円や189円で販売できるよう企業努力をし続けることで、「うまくて安い」と、お客さまに驚きと感動をご提供でき、競合他社に対する差別化につながると考えております。


189円の皿を開始したのは、弊社の客層が広がっていく中、お客さまの中から「もう少し高くてもいいから、より高級なネタを食べてみたい」との声を聞くようになったことが契機です。これまでの1皿105円という制約にとらわれず、弊社の企業理念である「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」をより追求できるという理由から開始しました。新たな選択肢を増やす存在と位置付けています。


「回転すし総合管理システム」を導入し、すしの供給・管理を行っております。曜日や時間帯ごとのお客さまの状況と販売数量のデータを蓄積するシステムになっており、お客さまが召し上がった内容、破棄された商品の内容がすべてデータ化されます。その過去のデータに基づき、最適な種類と数量で、すしの供給を行っておりますので、廃棄ロスを抑えることができております。このシステムの導入により廃棄率は十数年前に導入する前の9%から5%まで下がっております。また、このシステムを活用することで、常にお客さまのニーズに合った商品をご提供している状態となっていますので、お客さまが席に着かれてすぐにお好みの物を食べることができます。これにより食事にかかる時間を短縮できるため、平均滞在時間にして35~40分という高い回転率を維持しております。


豊﨑賢一(豊崎賢一)の経歴・略歴

豊﨑賢一、豊崎賢一、とよさき・けんいち。日本の経営者。「あきんどスシロー」社長。徳島県出身。辻調理師専門学校卒後、鯛すし(のちの・あきんどスシロー)に入社。取締役、仕入部長、営業部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

島村琢哉

結局、自分たちの「原点」、「強み」は何なのかを考えることが全てだ。それを認識していれば、どんな環境変化にも対応できる。


篠原菊紀

高いパフォーマンスが出るときは、脳の線条体が発火しています。行動と快感を結びつける部分で、ここが活性化するとやる気が出ます。それには、この仕事を始めればいいことがある、というシグナルを脳に刷り込んでおくことが一番です。「報酬」が期待できる状態で、仕事を進めるとパフォーマンスは格段に上がります。しかも脳が喜ぶから仕事が楽しくてしかたがない。パフォーマンスと満足感の両方が得られます。


前川正雄

みんなが面白いと思うことをやる。労働時間なんて議論していてはダメで、すごいアイデアは往々にして夜中に飲みながら思いつくものです。我々もよく、「遊んでいるように見える」と言われますが、それが必要なんです。仕事と遊びなんて区別できません。この「遊び」の要素を徹底的に省いて、最初ら答えが決まっていることしかやらないと、人も組織も滅びていくと思いますね。


山本五十六

私欲をはさまず、冷静に観察し数学的・科学的に分析すれば、ギャンブルの勝機は必ずわかる。


塚本康浩

僕がいくらダチョウを好きでも、それだけじゃ何も生まれない。社会のニーズだけ拾って動くのもやはりモチベーションとして弱い。「ダチョウを飼いたい、研究したい。そのためにはどうすれば。社会的な意義は」。そんないわば「こじつけ力」があったから、結果として、意義ある研究、商品ができた。


蒲島郁夫

リーダーは逆境の中で夢を語ることが大切。暗いトンネルを進んでいくわけですから、その先に夢がなければいけない。


藤巻健史

変人扱いされた私が予測したことが現実になり続けている。今後も、常識では考えられないようなことが、いくつも起きるでしょう。


中西宏明

現状の課題を乗り越えて、さらに大きな成長を続けるには、やはり発想を変えないとダメ。


中井戸信英

日本経済新聞の「人を活かす会社」の一位に選ばれて、率直な驚きと喜びがあります。ただ、同時に「うちは本当に日本一、人を活かす会社なのか?」という自問自答を続けているのも事実です。あらゆる観点から評価して「日本一です」と胸を張れるわけではない。驕りはまったくありません。


澤田秀雄

格安航空券の販売では、大手の旅行会社に随分と邪魔されましたが、結局取引は続きました。それは、相手にとってもメリットが大きかったからです。HISと付き合えば、閑散期でもチケットを売りさばいてもらえます。いくら大手に取引停止をちらつかされても、HISへの航空券の販売をやめるわけにはいきません。


永守重信

こんな世の中だからこそ一番大きな夢の根っこが出てくる。私も第一次オイルショックの時に起業した。一番世の中が混乱しているときに、ソニーやホンダも戦後の混乱期に出てきた。全てそうです。日本を代表する会社が出てきたのは日本が混乱しているとき。世界が混乱している今こそが起業のチャンスです。


鍜治真起

あくまで自分が楽しいと思うものを、目の届く範囲で提供したいだけ。それが僕にとっての仕事の楽しみ方です。