豊竹呂太夫・6代目の名言

豊竹呂太夫・6代目のプロフィール

豊竹呂太夫、とよたけ・ろだゆう。文楽太夫。大阪府出身。高校卒業後、3代目・竹本春子太夫に弟子入り。文楽協会賞、国立劇場文楽奨励賞・文楽優秀賞、JXTG音楽賞(邦楽部門)を受賞。著書に『文楽・六代豊竹呂太夫:五感のかなたへ(共著)』。

豊竹呂太夫・6代目の名言 一覧

迷いながらも、文楽を続けることができた理由の一つは、「今の自分は仮の姿で、本当の自分ではない」と言い聞かせていたことです。自分は小説家になる過程として今、文楽の世界に身を置いているのだと思うことで続ける意義を見いだしたのです。


天は本当に耐えきれない苦しみをお与えになることはない。実は私はクリスチャンなんです。キリスト教の教えでは神は試練と共にどこかに解決の道、逃れの道をお与えになってくれるというのです。辛い時に「逃れの道をお願いします」とお祈りしていると、光が見えてくるのです。


私は70歳を間近にして文楽の型が何となく分かってきました。型とは老若男女や正義漢か悪漢など登場人物の姿に合った語り口のことです。この基本ができて細かい感情を表せるようになるのです。この世界に入った頃から「感情勝負になれば自分の本領が発揮できるのでは?」と漠然と考えていました。70歳になって、その時が来ました。続けてきたからこそ到達できる境地があるんですね。


そもそも人間はアンビバレントなんです。例えば私の祖父は毎朝、神棚に向かい、食事を取れる感謝を示していました。そんな祖父が夜ともなれば芸妓の元に出かけていくんですよ。その姿を見ながら、清らかな心を持った朝の祖父はどこにいったんだろうと眺めていました。でもそうやって祖父はバランスを取っていたのだと思います。今の社会は、自分の良い面ばかりを見せようとし過ぎる傾向が強いように思えます。非難されるのを恐れて、嫌なことも我慢してしまう。これでは精神のバランスを保つのは難しい。もっと自分の感情をさらけ出していいと思います。


文楽の魅力とは前衛的で、理性の支配を超え、また意識下の世界を追求するシュールレアリズムの芸術であることです。普通では理解できない複雑で奥の深い世界が表現されているんですね。江戸時代の庶民の風景を描いた世話物には、こういうものがあります。夫を愛するが故に、夫の愛人さえも赦し愛するという妻の話です。私が迷いを持ちつつもこの世界で生きてきたのは、文楽が持ち合わせるアンビバレントな感覚に引かれていたからです。


豊竹呂太夫・6代目の経歴・略歴

豊竹呂太夫、とよたけ・ろだゆう。文楽太夫。大阪府出身。高校卒業後、3代目・竹本春子太夫に弟子入り。文楽協会賞、国立劇場文楽奨励賞・文楽優秀賞、JXTG音楽賞(邦楽部門)を受賞。著書に『文楽・六代豊竹呂太夫:五感のかなたへ(共著)』。

他の記事も読んでみる

白井一幸

確かに正しい方法や技術を選手に伝えるのは、指導者として非常に重要なのですが、相手はプロ野球選手です。すでに知っていることを繰り返し教えたところで、聞く耳を持ちません。わかっているのにできない選手には、どこに問題があるのかを自分で考えさせ、解決のためのヒントを投げかけることが重要なのであり、それこそがメンタル・コーチングです。


岸見一郎

そもそも、なぜストレスが生じるのかと言えば、それは理想と現実のあいだにギャップがあるからです。「こうあるべきだという理想に現実が合わないとストレスを感じる。このギャップが大きければ大きいほど、ストレスは大きくなります。ですから、ストレスを小さくする方法の一つは、理想を低くすることでしょう。


金丸恭文

新天地に向かって誰かがリスクテイクしていけば雇用も生むし、日本に新しい市場が生まれてくる。


古森重隆

私はビジネスマンたちに言いたい。「みんな、社長を目指せ!」と。その過程で、課や部など各ユニットのリーダーとして、そのユニットのことを誰よりも真剣に考える。会社のことは我がこと、という姿勢で仕事に取り組んだ経験は、必ず人生にプラスをもたらすはずだ。


長田貴仁(大富敬康)

経営者の大きな仕事は、長期にわたり儲かる仕組みを構築することである。


宗次徳二

開店前、従業員が店舗に到着したらクルマはどこに停めるべきだと思いますか?答えは、駐車場の入口に最も近い、道路から見える場所です。開店したばかりの時間帯は、来店されたお客様が「もう営業しているのかな?」と不安を覚えるものです。そうしたお客様に安心してご来店いただくために、道路から見える位置にクルマを停めて、店舗が営業しているということをお知らせするわけです。これを私たちは「気配り駐車」と呼んでいます。ただし、駐車場の入口に一番近いスペースはお客様にとって最も便利な場所です。お客様が続々といらっしゃるお昼前には、クルマを移動して奥に駐車し直す必要があります。忙しく働く従業員にとっては面倒だと思います。しかし、お客様の視点に立てば、これくらいは当たり前のことです。


鈴木久仁

あのテロの経験以来、数字を見る際には日々最悪の状況を想定し、それがどう変わる可能性があるのか、その場合どんな対応ができるかを考えるクセがつきました。
【覚え書き|米国の9・11事件の対応に当たった当時を振り返っての発言】


松下幸之助

一人一人の汗の結晶が隣の人に理解されまいほど寂しいものはないと思うのであります。皆さんの努力が、部下の人にもまた上長の人にも知られるということは、何にもまして心うれしいことだと思うのであります。


榊原定征

未来に希望を持てる社会にするためにも、経済界のリーダーは明るい将来に確信を持ち、前に進んで、企業、ひいては社会を引っ張っていく姿勢が必要。


アレックス・カー

書店のビジネス本コーナーに出向くと、ハーバード大やスタンフォード大といった、米国の有名大学の名を冠したノウハウ本がずらりと並んでいます。特に、「話し方」や「交渉術」に関するものの人気が高いようで、米国流のコミュニケーションに憧れるビジネスパーソンの思いがひしひしと伝わってきます。しかし、米国人である私から見るとちょっぴり不思議。確かに、ハーバード流のディベート術は論理的に意見を述べる手段としては有効ですが、ビジネスをするうえで最も大切な、人間関係を深めるコミュニケーションに有効だとは思えないからです。


松本大

英語を話すことを訓練するためには実は、日本語を訓練することも重要。話の構成がよくないと、それを日本語から英語に置き換えたところで、何を言っているのか分からないものです。発音の善し悪しよりも、言いたいことを組み立てる「文章構成力」が必要。


吉田鋼太郎

僕の役者人生は当初、才能がないと言われ、照明係からスタートしました。58歳になりましたが、まだまだ自分には可能性があると思って、今後も新しいものにチャレンジしていきたい。


菰田正信

当社はいま「残しながら、蘇らせながら、創っていく」をコンセプトに、グループを挙げて日本橋の街づくりに取り組んでおり、その中で「日本橋スマートシティ」の構築を目指しています。1800年ごろの江戸は人口、面積で世界一の都市であり、水道やゴミの循環システムが整備された衛生的なエコシティでした。そしてその江戸の中心地であった日本橋は日本の商業、金融、物流、文化の中心地として大変にぎわっていました。我々はその日本橋が本来持つポテンシャルを発現させて、もう一度その姿を蘇らせ、日本橋を再生したいと思っています。


和田一夫(経営者)

倒産を招いた最大の原因は私の驕りにあった。


嶋浩一郎

メールや企画書は短い方がいいでしょう。長くなる人は、要点を理解できていないのかもしれません。伝えたいことをコンパクトにまとめるには、その前に頭を整理するトレーニングをしましょう。僕たちクリエイターがよくやるのは「デコンストラクション」という手法です。他人のつくったCMキャンペーンを見て、「これは何のためにつくられているのか」を想像するのです。このトレーニングを繰り返せば、ものごとの本質をとらえ、それを簡潔に表現できるようになって生きます。


ページの先頭へ