豊田英二の名言

豊田英二のプロフィール

豊田英二、とよた・えいじ。トヨタ自動車工業社長。東京大学工学部卒業後、従兄弟の豊田喜一郎と豊田自動織機からトヨタ自動車工業を独立分離。同社の発展を支えながら社長・会長を務めた経営者

豊田英二の名言 一覧

その失敗は、きみの勉強代だ。

豊田英二の名言|その失敗は、きみの勉強代だ

どんな危機が来ても4年間は持ちこたえられるようにするためです。
【覚書き|「なぜ内部留保を2兆円も溜め込んでいるのか」という問いに答えた言葉】

豊田英二の名言|どんな危機が来ても持ちこたえられるように

何も考えないことが、何より悪いことだ。

豊田英二の名言|何も考えないことは、何より悪いこと

企業を良くしようとすれば、どうしても人材教育を熱心にやらざるを得なくなる。それも単なる技術研修ではなく、全人格的な人間教育が必要になる。トヨタでは創業以来、これが企業文化の最大のものだ。全人格的な人間教育は、日本的な終身雇用、労使の相互信頼関係が最重要なバックボーンになる。

豊田英二の名言|企業を良くしようとすれば、人材の全人格的な人間教育が必要になる

いかに立派な社是・社訓でも、これがひとつの社風になるまで年期を積み上げないとものにならない。そして、社風なき会社からは、立派な人材や製品は生まれてこない。

豊田英二の名言|立派な社是社訓より、良い社風を

自動車は一度損をし始めたら、たちどころに泥沼に入り込んでしまう。逆に今がピークだと思ったら終わりだ。企業が発展し続けるには、少なくとも自己増殖できるだけの利益は、絶対に確保しなければならない。

豊田英二の名言・格言|発展するための利益を絶対に確保することが必要

豊田英二の経歴・略歴

豊田英二、とよた・えいじ。トヨタ自動車工業社長。東京大学工学部卒業後、従兄弟の豊田喜一郎と豊田自動織機からトヨタ自動車工業を独立分離。同社の発展を支えながら社長・会長を務めた経営者

ページの先頭へ