名言DB

9412 人 / 110637 名言

豊田正和の名言

twitter Facebook はてブ

豊田正和のプロフィール

豊田正和、とよだ・まさかず。日本の官僚(経産)。「日本エネルギー経済研究所」理事長。東京大学法学部卒業、米国プリンストン大学WWS行政大学院修士。通商産業省に入省。通商政策局国際経済部長、製造産業局次長、商務情報政策局長、経済産業審議官、経済産業省顧問、内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長、内閣官房参与、財団法人日本エネルギー経済研究所理事長などを務めた。

豊田正和の名言 一覧

私は、1993年の日米包括経済協議に携わりました。当時の交渉相手とは、感情的なしこりを残さず、親しく交流できていますが、それも、「悲観は感情、楽観は意思」を頭に置いて、信念を曲げずに交渉ができたからだと思っています。


私の好きな言葉は「悲観は感情、楽観は意思」です。フランスの哲学者アランの言葉です。生きていれば苦労することはいくらでもあります。そうした時に、この言葉を考えてみることによって、どちらかというと楽観主義の方に進めるようになります。自分自身を鼓舞してくれる言葉です。


豊田正和の経歴・略歴

豊田正和、とよだ・まさかず。日本の官僚(経産)。「日本エネルギー経済研究所」理事長。東京大学法学部卒業、米国プリンストン大学WWS行政大学院修士。通商産業省に入省。通商政策局国際経済部長、製造産業局次長、商務情報政策局長、経済産業審議官、経済産業省顧問、内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長、内閣官房参与、財団法人日本エネルギー経済研究所理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

長谷川穂積

高校2年で学校を退学して、しばらく家出をした時期があったんです。散々遊んで、家に帰った時、もしオヤジからしばかれていたら、ボクシングに戻れなかったと思う。普段は口より先に手が出るオヤジが「おまえの好きなことをせえ」という言葉をかけてくれたから、素直に「ボクシングがしたい」と言えたんです。


加藤欣司

メールを受信したら、その場で処理し、リアクションを起こすのが、私のポリシーです。


菊池武重

天下の御大事に対しては、たとえ皆で話し合っても、これを決断する場合には、自分の思うとおりに取り決める。


飯野謙次

人はミスを犯したとき、しばしば「次から注意します」と言います。しかしこれでは何の解決にもなりません。なぜなら、そもそも人間の注意力には限界があるからです。必要なのは、注意力が低下してもミスが起こらない「仕組み」を作ることなのです。


瀧本哲史

自分が熟知していたり、興味や関心がある分野だけに投資するわけではないので、知らないことはいくらでも出てきます。その時は、世界中でその分野に最も詳しい人に話を聞くのです。もちろんその人でも、分からないことはあります。その場合、誰も手を付けていない今が好機とリスクを取りに行くこともあれば、状況が見えるまで待つという選択もあります。


大宮久

異国の食文化を体験することは、国家・民族間の垣根を取り払い、相互理解を深めることに役立ちます。海外での日本食材卸網の拡大を通して、世界に誇れる日本食文化の普及・継承に貢献できるよう取り組んでいきたいと思います。


野村克也

「個人の成績がチームに対する貢献になる」と考える選手がいる。逆だよ。「チームの勝利を目指してそれぞれが取り組んだ結果が、個人の成績になる」。だから、監督になってからも、俺は選手たちに「チームのために戦え」「他人への感謝の気持ちを忘れるな」と常に言った。自分のことだけを考えて仕事をするヤツは、長く続かんよ。


富田浩安

アメリカ留学時代、日本と違ったスピード感をニューヨークの街で感じながら勉強してきました。どちらかというと、当時の日本の場合は、経済が順調で、毎年売り上げが伸びていたせいか、変化に対して敏感というよりは、現状維持していけば生きていけるといった保守的な風潮が強かったと思います。ところがアメリカの場合は現状を維持していたら潰れてしまうかもしれないという危機感があります。この発想が私の事業の基礎になっていきました。


吉田知明

どうせ働くなら、仕事は楽しい方が良いに決まっています。一人の人間として充実した生活を送ることができ、明るい将来像を描ける会社にしていきたい。


童門冬二

大切なのは、考えるだけにとどまらず、行動すること。


俣野成敏

会社にとって社員は最大のリソースですから、社員同士が話をして、ナレッジを共有することは非常に有益。


池谷裕二

脳のワーキングメモリーは7つくらいなので、やるべきことが8つ以上あると、脳が全部を覚えられずに、「ものすごく忙しい」と勘違いをはじめるのではないでしょうか。でもよく考えると、8つ程度なら大したことはない。書き出すことで、それがわかって安心します。また、情報も整理され、気分が楽になるのだと思います。


谷井昭雄

事業は人である。人は有限だが、事業は永続発展を望む。有限の人が、永続の事業を維持し発展させるためには、「なぜ経営するのか」「いかに経営するのか」の強く熱い思いを必要とする。この理念の「堅持」と「継承」と「実践」が、経営者の最も重要な責任である。


杉村太蔵

誰かにすり寄ろうとする人ほど、相手に何か「してもらいたい」と考えがちですが、逆に「まず自分が与えること」が重要かもしれません。たとえライバルでも、自分と関わった人みんなに、相手の得になることを気前よくしてあげる。そうすれば大抵「あんなに一生懸命やってくれたんだから」と、敵になるどころか味方になってくれるはず。それを続けていれば、いつか恩恵がもたらされることもあるでしょう(それを期待してはいけませんが)。


澤田道隆

社長就任後も、できるだけ異業種のトップの方とお会いして意見交換するようにしています。「こういうやり方もあるのか」と感心させられることが多いですね。そうしたアイデアは経営にどんどん取り込んでいます。