豊田正和の名言

豊田正和のプロフィール

豊田正和、とよだ・まさかず。日本の官僚(経産)。「日本エネルギー経済研究所」理事長。東京大学法学部卒業、米国プリンストン大学WWS行政大学院修士。通商産業省に入省。通商政策局国際経済部長、製造産業局次長、商務情報政策局長、経済産業審議官、経済産業省顧問、内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長、内閣官房参与、財団法人日本エネルギー経済研究所理事長などを務めた。

豊田正和の名言 一覧

私は、1993年の日米包括経済協議に携わりました。当時の交渉相手とは、感情的なしこりを残さず、親しく交流できていますが、それも、「悲観は感情、楽観は意思」を頭に置いて、信念を曲げずに交渉ができたからだと思っています。

豊田正和の名言|「悲観は感情、楽観は意思」を頭に置いて、信念を曲げずに交渉する

私の好きな言葉は「悲観は感情、楽観は意思」です。フランスの哲学者アランの言葉です。生きていれば苦労することはいくらでもあります。そうした時に、この言葉を考えてみることによって、どちらかというと楽観主義の方に進めるようになります。自分自身を鼓舞してくれる言葉です。

豊田正和の名言|自分を鼓舞してくれる言葉

豊田正和の経歴・略歴

豊田正和、とよだ・まさかず。日本の官僚(経産)。「日本エネルギー経済研究所」理事長。東京大学法学部卒業、米国プリンストン大学WWS行政大学院修士。通商産業省に入省。通商政策局国際経済部長、製造産業局次長、商務情報政策局長、経済産業審議官、経済産業省顧問、内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長、内閣官房参与、財団法人日本エネルギー経済研究所理事長などを務めた。

ページの先頭へ