名言DB

9490 人 / 112001 名言

豊田佐吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

豊田佐吉のプロフィール

豊田佐吉、とよた・さきち。日本の発明家、経営者。豊田自動織機の創業者。ボディを木製にし、外国製の10分の1以下のコストで造れる自動織機を考案。製造コストを下げることで、日本の繊維産業に世界規模で競争できる基盤を与えた人物。また、豊田自動織機の自動車部門が独立しトヨタ自動車となった

豊田佐吉の名言 一覧

その大きな未開の宝庫は、早く扉を開けてくれと中から叩いて呼びかけている。


障子を開けて見よ、外は広い。


金は借りやすいところから借りてはいかん。慎重な貸し手は相手の人格を見て、仕事の内容を検討する。そんな人は、こちらが悪くなるとさらに金をつぎ込んでくれる。その反対に、安易に金を貸してくれる人は、こっちが一番金が欲しいときに返済を迫ってくる。


百忍千鍛事遂全
【覚書き|「百の苦難を耐え忍び、千の訓練で鍛えれば、目標を達成することができる」という意味の言葉】


男は、四の五のいらぬことを考える必要はない。志を立てた以上、迷わず太い一本の仕事をやり抜け。


石田、君は商人だぞ。商人なら金を儲けてくれ。儲けたら俺たちに回してくれ。そうしてこそ、はじめて研究ができるんだ。だいたい、世間の奴は研究家の実情を知らんな。
【覚書き|石田とはのちにトヨタ自動車の社長となる石田退三氏のこと。このとき石田氏は服部商店で繊維貿易の仕事をしていた】


上海というところはいいな。隣近所のお付き合いはせんでいいし、親類の連中は来んし、俺は考えたいことを考えていたらいいんじゃ。こんないいところなら、もっと早くに来て、もっと早く自動織機の完成をやればよかったと思うな。
【覚書き|豊田紡織会社が上海に進出したころの発言】


人間のやったことは、人間がやれることの100分の1にすぎない。


一日働かざれば、一日食わず。


豊田佐吉の経歴・略歴

豊田佐吉、とよた・さきち。日本の発明家、経営者。豊田自動織機の創業者。ボディを木製にし、外国製の10分の1以下のコストで造れる自動織機を考案。製造コストを下げることで、日本の繊維産業に世界規模で競争できる基盤を与えた人物。また、豊田自動織機の自動車部門が独立しトヨタ自動車となった

他の記事も読んでみる

黒岩祐治

企業と一緒で行政も効率化を図らなければならない。


吉田昌生

これまで感じないようにしていた自分の中にあるネガティブな感情を認め、受け入れていくと、鈍っていた感受性が蘇り、喜びや幸福感、他者とのつながりなどを感じやすくもなる。


ハワード・シュルツ

私は1982年に給料の良い一流会社を辞め、五店舗を構えるシアトルの小さなコーヒー小売会社、スターバックスに転職した。この会社の現状にではなく、将来性に惹かれたのだ。私はたちまちスターバックスの情熱と本物志向に心を奪われた。
【覚書き:家庭雑貨を扱うスェーデン企業ハマープラスト・アメリカ支社の副社長兼総支配人の地位を捨てスターバックスに入社した時を振り返っての発言】


坂戸健司

資料全体の「タイトル」をどうするかは、資料作りの根幹。知恵を絞り、ひたすら数を出すことが大事です。そして、そのタイトル案も「手書き」で書き出しましょう。手を動かすことで脳が刺激されることもありますが、手書きなら「ここはやっぱり言い切りにしようか、別の単語に変えようか」といった修正が気軽にでき、その履歴を残すこともできるからです。


ウィル・ロジャース

私が彼と会ってお喋りができたなら、彼の中に興味有るところと人間のいたわり合う気持ちを見出すことだろうと請け合う。というのも私は嫌いな人とまだ会ったことがないからだ。あなた方が人と会うとき、どんなに先入観を持っていたとしても、彼等に会ってその観点や人間性を見た後では、彼等全ての中に多くの良いことを見出すことができる。
【覚書き:上記はソ連の政治家トロツキーについて語った言葉】


赤井益久

違いをシェアするには多角的な視点が不可欠で、自分から物事に関わる姿勢が必要。本学も「アクティブラーニング」という能動的な授業を積極的に行っていますが、他者との意識や見解の違いを認識できる経験を通じて、寛容性を養っています。


中山勇

コンビニのビジネスモデルは、自動車の完成車メーカーと似ているかもしれません。海外に進出する際には、部品メーカーにあたる取引先の方々にも進出していただき、「ファミリーマート品質」の商品を現地コストで製造してもらう。我々コンビニは、そうした商品の供給を受けて、現地の人たちに販売するというビジネスです。


嶋津良智

スーパーで、お客さんに買い物カートを元の位置に戻してほしいと考えたとします。「使ったカートは元の位置に戻してください」と貼り紙をしても、効果は薄いでしょう。それよりも、「カートを戻す」という行動をお客さんから引き出すにはどうするかを考えます。欧米では、1ドルコインでカートを使えるようにして、カートを戻せばコインも戻ってくるという仕組みがありますが、これも一案ですね。


木村祐一

最初にちょっと変わったのは、もう30年前になりますが、今田(耕司)さんに誘われて、初めて松本(人志)さんと喫茶店に行った時。でも最初は緊張して、ひと言もしゃべられなかった。それ以降も何度か喫茶店でご一緒させてもらって、ある時、軽い大喜利みたいな流れになったんです。従業員がいつもより多かったので、僕が「今日はお店のボウリング大会なんでしょうね」と言ったんです。そんな他愛もないことですよ(笑)。すると、松本さんが「ふっ」と鼻で笑ってくれたんです。嬉しかったですね。それが自信になって、自分をもっと出していこうと思うようになりました。


國分文也(国分文也)

的を絞ることが必要。例えば、伊藤忠商事さんのように、自分が強みを持つ分野やその延長線上で戦うという戦略もあります。丸紅が、どの分野で、誰と組んで、どう展開していくかということを、もう少し絞り込んでいきたい。


永野重雄

私は幸い、甘党、辛党の両刀使いですから、夕方5時に会社が引けると「おい○○君」と後ろから声をかける。相手に応じて一杯やったり、あんみつを食べたりする。そうすると、後ろから見ても名前がわかり、趣味まで知っているということで、百の訓言よりもはるかにいい。


芝本裕子

お節介かもしれないけど、いいものは人に教えてあげなきゃ、と思うんです。