名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

豊川竜也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

豊川竜也のプロフィール

豊川竜也、とよかわ・たつや。日本の経営者。「ニューブック」社長。

豊川竜也の名言 一覧

私たちのミッションは、世界中の読者に知識と感動をお届けすることなんです。それは子供たちの未来をつくることにつながっています。その理念を象徴して、我が社はサンタクロースのような存在となることを目指しています。サンタクロースって、世界中の子供たちにプレゼントを届けるじゃないですか。しかも、届け先を間違えることは絶対にないし、遅れることもない。物流という観点から見て、サンタクロースは理想の姿です。ですから当社の理念をひと言ではなくひと目で表すと、サンタクロースになるんです。


松下幸之助経営塾受講生の経営する企業には、創業360年という老舗企業もあれば、設立2年目の勢いあるベンチャー企業もありました。実は私自身は、ニューブックは出版物流の世界では約50年の歴史を持つ老舗企業だと思っていました。でもそれがすごく狭い世界の中での発想だということを思い知らされたんです。50年くらいのことにこだわっていてはいけない。時代は変化している。もっと果敢にチャレンジすべきだと思いました。


松下幸之助経営塾を受講し、昼間の講座だけでなく、夜の街でお酒を酌み交わしながら深夜までお互いに語り合った時間は忘れられません。皆さん本当に志を高く持って、熱い思いで事業に向き合っていて……。自分は一所懸命経営をやってきた――そんな浅い自負が打ち砕かれました。まだまだやることがあるんじゃないか、自分たちが持っている力や資源を使って、社員のために、世の中のために、もっと役立つことができるんじゃないか、という気持ちにさせられたんです。


私は大きなプロジェクトの責任者を務めたことで生まれ変わりました。いいシステムをつくりたいという一心で、現場の人たち一人ひとりに意見を聞いて回り、みんなの知恵を一つに結集して完成させることができた。思いを持ってみんなのために動くということを、この仕事で経験させていただきました。「衆知を集める」ことの大切さを初めて知ることができたと思っています。


豊川竜也の経歴・略歴

豊川竜也、とよかわ・たつや。日本の経営者。「ニューブック」社長。

他の記事も読んでみる

樺沢紫苑

タスクを紙に書くことで、漠然とした思考を明確に意識化できます。たとえば、今日すべきことが3つあるとしましょう。頭の中でわかっていたとしても、書き出すことで脳がタスクを達成しようと意識しやる気が上がり、作業スピードが上がるのです。「仕事のエンジンがかからない」と言う人がいますが、メモ書きはそういう人には絶大な効果を発揮します。クルマを発進させないとエンジンが温まりませんが、温まったエンジンはより加速力が強まるイメージです。


大東隆行

ピンチを脱するというより、ピンチにしないように早めに手を打っているんです。数字を毎日細かくチェックして、ちょっとした変化を見逃さないようにしているのもそのためです。致命的な傷になってから治すのは、本当にしんどいですから。逆に、手術が必要になる前に、注射レベルで治る段階で早めに治療しておけば、それほど苦労しないで済むんです。


小宮一慶

30代までは実務能力を磨いていればよかったのですが、40代からは、それに加えて、「リーダーとしての実力」を高めるための教養も必要です。リーダーとしての実力とは、ひと言で言ってしまえば、「人間観」を持つことです。40歳を過ぎると、役職が上がり、部下を持つ人が増えてきますが、人間とは何かを知っていなければ、人を動かすことなどできません。松下幸之助さんも「成功するためには人間観がなければならない」と言っていますが、役職が上がれば上がるほど、その重要性は高まっていきます。人間観は一朝一夕では身につきませんから、なるべく早く勉強を始めたほうがいいですよ。


樋口廣太郎

いまの世の中ではクオリティが問われています。クオリティとは何か。企業でいうと、いい製品を作ることであり、他にないようなサービスをしていくことであり、そう難しく考えることではありません。従来は規模が大きい、収益が大きいということで企業を評価しましたが、そうではなく、いいものをつくれる、いいサービスを提供できる会社が評価される時代になってきました。


小山昇

1軍から5軍までレベルの違う社員がいたとします。このとき各軍から社員を選んでチームを組ませるのは、人の心理がわかっていない証拠です。人は基本的に自分より優秀な人が嫌い。実力が違う者同士が組むと、デキない社員のほうがヘソを曲げて力を発揮しません。運動会を思い出してください。自分より確実に足の速い人と同じ組になると、負けることが見えているので、まともに走る気にならなかったはずです。本気になって走るのは、ほぼ同じ実力の人と一緒になったときです。


魚谷雅彦

リーダーには優れた洞察力をもって、戦略を立てる能力が不可欠です。しかも、戦略を立てるだけではなく、それに基づいて意思決定を下す胆力も必要です。


大山健太郎

当社の場合は、安く売るとか高く売るということではなく、10%の利益を得ながらビジネスを拡大させる。そのためには、評価はお客様がしてくれなければいけない。銀行でもなければ、得意先でもないんですね。それが「常に需要創造」という考えにつながっていき、毎年、新商品比率を5割以上にして伸ばすという事業につなげてきたということです。


和田完二

私の経験からいって、人間の頭というやつは、真剣に仕事に取り組んでいるときが一番回転が早いようだ。そう信じているから、私はどんな大きな仕事でも、ものの1時間も考えたことがなく、いつでも即決主義でやっている。しかもそれで、少なくともいままではひとつも間違いを起こしたことがない。


前田新造

店頭から上がってくるデータをただ待つのではなく、お客様の直接的な声や動き、そして、お店の商品の減り方などを自ら足を運んで見ることは非常に重要です。目で見たことが、結果的にデータとピタッとリンクすることが結構多いものです。数字が上がってくる前に、店頭の動きを実感としてつかむという姿勢は、社員全員に持ってもらいたいものです。


山口絵理子

アクションを起こしたいと思うなら、起こせばいいと思います。行動しないと自分の底力は見えてきませんから。


大前研一

どこにも答えがない時代に、私たちは生きている。ならば、今までの常識を疑い、新たな答えを探し出さねばならない。


石田宏樹

できないと言っている人に対してその理由を聞いてみると、実は合理的ではないことが多い。