名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

谷本有香の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

谷本有香のプロフィール

谷本有香、たにもと・ゆか。日本のジャーナリスト、経済キャスター。大妻女子大学文学部卒業、アリゾナ州サンダーバード大学大学院でMBAを取得。山一證券に入社。社内向け経済番組のキャスターなどを経て、ブルームバーグTV、日経CNBCなどで経済キャスターを務めた。

谷本有香の名言 一覧

辛いときも社員の心を前向きにさせるパフォーマンスができるのは、「トップ・オブ・トップ」の条件。


不謹慎なほどのポジティブシンキングは、やはり人を束ねるトップには必要な資質。


「具体的で大きな夢を語れる」というのも、成功者が愛される理由のひとつ。


雑談の達人になると、自然と精度の高い情報が集まる好循環が生まれる。


ビジネスマンである以上、企業の利益を追求するのは当然です。しかし、どこかで利己的な気持ちを捨てられないと、「成功者」ではなく、ただの「お金持ち」で終わってしまいます。


ビジネスで成功したいと考えるなら、まずはトップに惚れこまれる人物になること。人間的な魅力なくして、大きな仕事を成し遂げることはできません。


急激に業績が上がって「成功者」ともてはやされた人は、トップとして人間的に成長するための時間が短いぶん、残念な結果に終わることが多いようです。


「ビジネスは浮き沈みが激しいものだ」と言われますが、浮いたり沈んだりするのは愛される成功者のみができること。周囲の引き立てがあるから、巻き返すことができるのです。利己的な人は、急浮上しても「沈んだまま戻ってこられない」ケースのほうが多いというのが私の実感です。


基本的に人は、利他の精神で動く志の高い人を応援したいと感じます。そのため、いつまでたっても自分の利益ばかりを追いかけている人は、次第に誰からも支えられなくなり、「尊敬されるリーダー」でいられなくなるのです。すると、事業が傾いたタイミングで、簡単にトップから引きずりおろされてしまいます。


本当に「成功している人」というのは、ただ単に仕事ができる人でもなければ、巨万の富を築いた人でもありません。人格者であり、なおかつ冷静にビジネスを展開できる、両輪のバランスの取れた人のことです。


成功者は辛いとき、まわりに弱さを見せません。「もうダメだ」とネガティブな発言をすることもしません。彼らが相談を持ち掛けるのは、ビジネス上のつながりが少ない企業経営者の友人など、精神的にタフな人たちばかり。家族や部下など、自分が失敗した事実を聞いて、一緒になって落ち込んでしまうような相手には、決して弱った姿を見せないのです。相談したことで、自分を支える「周囲の力」が弱まることを恐れているのだと思います。


純粋に商談だけをするビジネスの場合は別として、たとえばパーティのような半分プライベートな空間では、成功者たちはほとんどビジネスの話をしません。まるでそれがタブーであるかのように仕事の話を避け、スポーツやそのときの流行、自分の趣味、家族の話……と、相手の関心を引き、できるだけ心に残りそうな話をします。雑談の場で感じた「気持ちのいい人だな」という印象が、ゆくゆくはビジネスにも良い影響を及ぼすことを経験上知っているのでしょう。


谷本有香の経歴・略歴

谷本有香、たにもと・ゆか。日本のジャーナリスト、経済キャスター。大妻女子大学文学部卒業、アリゾナ州サンダーバード大学大学院でMBAを取得。山一證券に入社。社内向け経済番組のキャスターなどを経て、ブルームバーグTV、日経CNBCなどで経済キャスターを務めた。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

ある新入社員が実際にやって効果があったのが「挨拶」。そんなことはやっているよと言うかもしれませんが、朝職場で漠然と全体に「おはようございます」と言う人が多いのでは? 彼は席につくまで、職場の一人ひとりに丁寧に挨拶して行く。それもあまり大声ではなく、相手の邪魔にならない程度に。自分にしっかり挨拶してくれたという気持ちになると、人はその相手に好感を持ちます。


天谷雅俊

我が社は「鉄鋼」「機械・金属」「繊維」「食糧」を4本柱に据えた専門商社です。その商社の財産は何かというと、人に尽きます。なぜなら、一人一人の社員がプロとして顧客に密着したビジネスを展開していく必要があるからです。加えて、その結束力も大切になってきます。


和田秀樹

仕事は受験と同じで、結果がすべてです。たとえ医者になった動機がお金儲けだったとしても、多くの患者さんの苦痛を軽減し、命を救っているのなら、その人は高く評価されます。逆に、医は仁術なりと志は高くても、いつまでも血管や神経の場所すら覚えられないような医者に、私はお世話になりたいとは思いません。


養老孟司

夫婦の向き合い方は直角がいいと思っている。一点で一致しているけど、ベクトルが90度ずれている。お互いが同じ向きだと、喧嘩はしないけど一人でいるのと変わりません。お互いが正反対の向きでも、トータルの合力がゼロになっちゃう。直角は、夫婦の力が一番出る関係。全く異なる価値観だけど、それが合わされると大きな力が生まれる。「異質なものを取り入れる」と組織も言うでしょう。それですよ。


長谷川聰

単に収益性だけを追求するならカンパニー長はリストラを優先するかもしれない。しかし、川崎重工が目指すのはそちらではない。2020年の売上間経常利益率の目標を5%というのは、将来に向けた種まきをしっかりとしたうえで達成しようというものだ。


三遊亭歌る多

先日、お子さん連れの噺家との会食で、お子さんがタラコを食べたいというので、弟子に買い物を頼んだんです。ところが、買ってきたのはカチンコチンの冷凍タラコ。お子さんがすぐに食べるところまで気が回っていない。結局、お子さんは凍ったタラコで食事をするかわいそうはハメになりました。でも、私はその場でガガッとは怒りません。後日、私の自宅の食事会で、弟子に冷や飯と凍ったタラコを出しました。そこでやっと「すみませんでした」と反省です(笑)。


工藤公康

気持ちや気力ばかりが先行してもいけません。「心技体」という言葉がありますが、この3つのバランスを保ってはじめて納得のいくパフォーマンスにつながるんです。


藤本秀朗

社内の飲み会で、ある程度皆に飲ませてから「きょう来ている人の中で一番信頼されているのは誰々と思う?」と聞くと、「○△さんです」と答える。逆に「嫌われているのは誰だ?」と聞くと「×○さんです」という答えが返ってくる。この両方に名前が出てくるのが、将来偉くなる人物だ。尊敬されるわけでもなく、嫌われてもいない人は箸にも棒にもかからない。


西田厚聰

経理を学んで一番大きかったのは、事業というのは頑張れば利益が出るし、成長するものだという会社の根本的な原理を教えられたことです。実際、イランでは頑張った分だけ工場が拡大しましたし、売り上げもどんどん上がりました。たとえ市場が緩慢になったとしても、他社のシェアが減ったから、結果として自分たちのシェアが増えたというのでは駄目なんです。自らの力で成長して業績を上げなければいけないし、そもそもどんなビジネスでも頑張れば成長できるんです。そういう信念を持つようになりました。


武田良太

強い地域を作ればいいと思います。強い地域を作って弱い地域を守るという形です。そうすることによって大きな政府、大きな予算も小さくなってきますしね。足りないものすべてを地方交付税という形で守っていくのではなく、強い地域や強い産業から、弱い地域や弱い産業へとお金や人や活気などが流れて行くようなイメージです。


安川第五郎

人員整理をするとますます悪くなってきた。これは危ない。整理すればするほど縮こまるばかりで発展の機会は出てこない。整理するなら、やはりひとつの方針を立て、その方針に沿い目標に向かって整理しなければ、いくら人を減らしたって駄目である。
【覚書き|昭和5・6年の大不況で経営難に陥った当時を振り返っての発言】


杉本博司

芸術は「ここには何かがありそう」というその何かをできるだけ遠くまでつなげて味わうもので、完全に説明できてはミもフタもないでしょう?宗教もそうですよね。「神は存在します。以上」と言いきってもつまらないですから。