谷川浩司の名言

谷川浩司のプロフィール

谷川浩司、たにがわ・こうじ。日本の将棋棋士。兵庫県出身。5歳で将棋を始める。小学5年で奨励会に入り、中学2年で史上2人目の中学生棋士としてプロデビューを果たす。その後数多くのタイトルを獲得。日本将棋連盟棋士会会長、日本将棋連盟専務理事、日本将棋連盟会長などを歴任した。

谷川浩司の名言 一覧

強い人ほど個性がある。四、五段の人はそれほど個性もないから何々流といった名前もつけられていない。段が上がっていくにつれて個性が強くなってくる。ひとつには自信ということがあると思います。下のうちはこんな手をさしちゃって笑われるかなと思いますけど、上になっていくほどこれでいいんだ、正しいんだと自分に自信がついてくるから。


谷川浩司の経歴・略歴

谷川浩司、たにがわ・こうじ。日本の将棋棋士。兵庫県出身。5歳で将棋を始める。小学5年で奨励会に入り、中学2年で史上2人目の中学生棋士としてプロデビューを果たす。その後数多くのタイトルを獲得。日本将棋連盟棋士会会長、日本将棋連盟専務理事、日本将棋連盟会長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

関家憲一

組織の力を最大限に高めることが経営者に与えられた大きな課題です。これまで日本の経営者は「事業経営」にまい進し、定量的な事業拡大ばかりに目を奪われがちでした。しかし、土壌が豊かであれば、きれいな花が咲き、良い果実がたくさん実ります。企業経営の土壌である企業文化、すなわち組織経営にもっと力を注ぐべきです。


古森重隆

私は入社当時、経営企画部に配属されました。その部署では写真技術をほかの産業用途に適用できないかを調べるのが仕事でした。うちは当時(1960年代)から多角化の可能性を探っていたのです。
【覚書き|2000年代に多角化に成功したベースについて語った言葉】


渡辺謙

「個性を伸ばす」という観点でいえば、あまり自分をひとつのカテゴリーにはめて考えない方がいいかもしれません。いま「ニート」が増えているって問題になっていますが、「ニート」っていう枠に自分から既定しちゃって何も行動を起こさないというのはやっぱり甘えだと思う。僕もポスト団塊の世代で「三無主義(無気力・無関心・無責任)」と揶揄された世代なので、気力がわかない時代背景は理解できないわけじゃない。でも、世間が勝手につくったカテゴリーに自分をはめたところでつまらないのに変わりはありません。


ハワード・シュルツ

どんな経験も次の経験のための準備に他ならない。次の経験がどのようなものか予測できないだけなのだ。


孫正義

日本特有の慣行ややり方は従業員が生活に困らなければいいというものではないでしょうか。経営者はただ自分が財産を稼げればいいという考え方です。これではいけないんじゃないか、そろそろ目を覚ますべきだと思います。


田中健介(経営者)

私は若い頃、相場で失敗したことを、肥やしにしています。当時は友人が大儲けしたので、私も闘争心に煽られて、友人と一緒に買ったら、大損しました。それ以降、投機は二度としないと固く誓ったのです。それ以降、転売目当ての投機は絶対に行いませんでした。


草刈貴弘

我々は決して、株価が下がったから株を手放すという「損切り」はしませんが、その企業が変わってしまったという理由から「縁切り」することはあります。


小久保裕紀

野球選手は生活スタイルが決まっているので、読書時間を時間割に組み込みました。移動バスでは100%読み、試合前の午後4時から20分間は読書時間に充て、場所もストレッチルームのマットの上と決めました。もともと活字好きなので、時間と場所さえ決めてしまえば、習慣化するのに苦労はしませんでした。


木村皓一

高校時代から野村証券でアルバイトをし、社員以上に働いていました。関西大学に入って気付いたのは、自分は大学でスキルアップできるのか、ということです。単位をとるだけで、誰も勉強しないんです。時間の無駄なんですね。それで2年で中退し、アルバイト先の野村証券に入社し3年間勤務しました。


大室正志

良質な休息を取るには脳の過活動を抑えることが大切。そこでストレッチをする、お風呂に入る、飲み物を飲むなど、自分のリセット方法を決めておくといい。飲料などは手軽なので職場でも有効な手段の一つでしょう。


金子源

1人で入りやすい店を作りたかった、というのが一番の理由です。私は高校卒業後、自衛隊に入隊したのですが、訓練が終わると特にすることもないため、よく飲み歩いていました。しかし、当時は総合居酒屋全盛の時代で、一人で気軽に入れるお店を探すのにいつも苦労していました。地元の個人店にしても、常連客で賑わっていて入り込む余地はほとんどありませんでした。こうした当時の体験から、一見さんでも入りやすい業態を追求した結果、「立ち呑み」という業態に行きついたというわけです。


土光敏夫

どんな人にも長所と短所が必ずある。ところがサラリーマンの会話を聞いていると、短所をあげつらう減点主義が横行している。これでは人の心を腐食するばかりで職場の活力も失われてしまう。


原田まりる

自分がこの会社にいても何の意味もないのではないかと鬱々と考える人もいるでしょう。積極的ニヒリストは「社長であっても、死んでみればこの会社にいたことの意味はないのも同然だ。ならばこの会社で自分のやりたいことを実現すればいいのだ」と前向きに捉えます。


ビル・ゲイツ

リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気はなくてはならない。


ひろゆき(西村博之)

僕、どこに行ってもだいたい悲観的なんですよね。企画会議をしていても、常に悲観的ですし。


ページの先頭へ