名言DB

9412 人 / 110637 名言

谷川法雄の名言

twitter Facebook はてブ

谷川法雄のプロフィール

谷川法雄。日本の経営者。「エリザベス」社長。「伊勢半」総務本部長などを経てエリザベス社長に就任。

谷川法雄の名言 一覧

企業とは付加価値を創造し、それを従業員に対する適正な労働分配率も含めヒトに分配して、社会の発展に貢献する高度に社会的な存在である。ヒトとは事業に関係するすべてのステークホルダーを意味します。


社長に就任してそれまで公開していなかった財務諸表を幹部社員に開示し、利益への意識を抜本的に改革しました。そのために私が講師となる経営塾を定期的に開催しました。


谷川法雄の経歴・略歴

谷川法雄。日本の経営者。「エリザベス」社長。「伊勢半」総務本部長などを経てエリザベス社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤富雄

自分の性格にコンプレックスを抱き、直したいというなら、まず自分の口ぐせに気を付けてみましょう。悲観的な思考習慣を持つ人は、気づかぬうちに「どうせ無理だ」「仕方がない」「つまらない」など、悲観的な言葉をよく使っています。一方、楽天的な思考習慣を持つ人は、「大丈夫だ」「何とかなる」「やってみよう」など、楽観的な言語習慣を持つものです。そして、実際にその通りになります。


小松永門

当社は創業以来BTO(ビルト・トゥ・オーダー、受注生産)で成長してきた会社です。BTOというのは、お客様がパーツや仕様を選べる仕組みのことです。しかもウェブを介した直販ですから、余分なコストをかけずに、予算やニーズに合致したパソコンを調達できます。費用対効果が厳しく求められる社内パソコンの購入に最適のシステムだと思っています。


高橋政史

どんな仕事でも、アウトプットを生み出すには、「事実(得た情報)」を「解釈」して、「行動(アウトプット)」する、というプロセスを踏むことが必要です。


梶谷真司

哲学の問いは答えのないほうが普通であり、わからなくなることは、理解が深まった証拠でもある。


木村皓一

人はほめて育てろです。いいところを一所懸命ほめてあげて、悪いところはちょっとおさえるくらいにすると、人は伸びると思います。上司が怒鳴り散らしていたら、部下は腐ってしまう。こいつの言うことなんか、絶対に聞いてやるかと思うものです。


作田久男

会社という組織の中で地位が高くなるにつれ、共に働く部下が増えるものですが、彼ら一人一人にできる限り自ら考えて行動してほしいという思いのもと、指導してきました。自分で考えて行動する人は少なからずいるのですが、自らの意思となると意外に難しいものです。


戸松信博

情報収集にお金をかけることで、さらなるお金を呼び込むことができる。


佐藤オオキ

統計データ上からも、若者の口臭対策用ガムの購入率が高くないことはわかっていた。なぜマーケットが発展しないのか。その理由を探るために、ガムの成分やパッケージだけでなく、そもそもガムとは何かというところまで立ち返る必要がありました。そうして考えを進めていけばいくほど、既存の商品の延長線上をたどることに限界を感じ、ゼロから新しいブランドを作ることを決めました。
【覚え書き|ロッテのガムのリニューアルに携わったときを振り返っての発言】


松尾均

私自身、はとバスに来る前は、長らく東京都で公務員としてやってきました。つらくて、キツいことも多々あった。だけど、「逃げない」で、ぶつかってきました。どんな仕事も結局は人と人がやるんだから、正直にぶつかりあえば必ず何とかなるんですよ。試行錯誤しながら、どうやればうまくいくか、光の当て方を考えてね。


齋藤孝(教育学者)

コミュニケーションは「能力」と言うより「技」。「能力」と言うと持って生まれたものが大きいイメージがありますが、「技」は学習して練習することで誰でも身につけることが可能。コミュニケーションも技であり、体系的、理論的に学べば誰でも身につけることができる。じつは私も学生時代はコミュニケーションがお世辞にも上手だとは言えない学生でした。友達も少なく孤高を気取っていましたが、これではいけないと。社会人になって意識的に訓練し、自分自身コミュニケーション力を高めてきたという経験があります。


小宮一慶

すぐに結果を生まないにせよ、人間性を涵養(かんよう)する読書もまた、非常に有意義です。松下幸之助は、成功したければ「人間観」を持て、と語っています。人が何に喜び悲しみ、何を欲するのか――、本は「人間」を理解する入り口でもあるのです。


南場智子

あの人は味方、あの人は敵、と整理する社員に、そんなことはやめてユーザーとサービス改善に集中せよ。「ひと」ではなく「こと」に向かうべき。


金子高一郎

地にしっかり足がついていれば必然的にお客様もついて信頼していただける。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

若者というのは往々にして、経験が浅いくせに自己主張だけは一人前ですから、聞いているほうがカチンと来ることだってあります。でもそれを頭ごなしに否定したところで、こちらの言いたいことは伝わるわけでもないでしょう。また彼らの話にも、耳を傾けるに値する意見があるかもしれません。だからこそ、大人の余裕で最初は聞き役に回って、相手の気が済んだところでこちらの意見を伝えるという手順を踏むんです。そうすると、案外上手くいくんですよ。


松本晃(経営者)

私は読書ほど最良にして最も安上がりな自己投資はないと思っているんです。だから、私をこの会社(カルビー)に誘ってくれた創業者の三男で相談役の松尾雅彦さんと2人で「松塾」という私塾をやっているんですね。月に1回、土曜日の朝10時から夜7時半まで2食付きダダ。うちはあまり非正規の入っていないんですが、極端なことを言うと「アルバイトでも誰でも来なさい」と。人生で一番大事なことは学ぶこと。「学びて思わざれば則ち罔(くら)し、思いて学ばざれば則ち殆(あや)うし」だと。もう50~60回やったんですよね。1回25人くらいだから延べ約1500人。こんなものはしょせん草の根だと思うんです。しかしこういうことをコツコツやっていると、学ぶというクセがついてくると思う。成長するのに手っ取り早く、安くできて、一番効果があるのは読書に決まっています。