名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

谷口貴彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

谷口貴彦のプロフィール

谷口貴彦、たにぐち・たかひこ。日本のビジネスコーチ。東京出身。高校卒業後、住み込みでパティシエ修行を行ったのち、海外旅行の添乗員、すかいらーくのマネージャー、東京ミサワホームの営業マン、同社営業課長、教育インストラクターなどを務めたのち、プロコーチとして独立。主な著書に『ザ・コーチ』など。

谷口貴彦の名言 一覧

目標はただのツールでしかありません。ある化粧品メーカーは売上ノルマという「目標」を撤廃し、お客様に喜んでもらうという「目的」だけを考えてお客様目線に徹したら、逆に売上が上がりました


目標達成のお手伝いをするのがコーチングですが、「目標」とは何なのか、ということに興味を持ち始めて、辞書で調べてみたことがあります。それまで漠然と使っていて、それぞれの違いなんて意識しませんでしたが、言葉の意味を知ることで気づくことはたくさんありました


誰もが無意識のうちに自分なりの解釈の言葉を使いすぎているんです。意味のとらえ方が違っていれば、いずれ食い違いが生じます。言葉の使い方次第で180度変えることができるんです。


谷口貴彦の経歴・略歴

谷口貴彦、たにぐち・たかひこ。日本のビジネスコーチ。東京出身。高校卒業後、住み込みでパティシエ修行を行ったのち、海外旅行の添乗員、すかいらーくのマネージャー、東京ミサワホームの営業マン、同社営業課長、教育インストラクターなどを務めたのち、プロコーチとして独立。主な著書に『ザ・コーチ』など。

他の記事も読んでみる

犬塚尚美(悠木そのま)

ずっと同じ作業をしていると脳は退屈によって疲れてしまい、作業効率が落ちることがわかっています。だから休みを取ったほうが、むしろ効率がいいのです。


マイケル・ポーター

戦略の立案の仕方を知らなくても、優れた戦略は立てられます。多くの場合、それは自分の信念をもとに実行することから始まります。


金丸恭文

ヘテロジニアスと言うのは日本語にすると「異質」とか「異端」の意味です。私が親しくしている社長に、社長だからいいものの、一社員だったら彼を引き上げる上司はいるのかなと思うくらい、異常に近いというか、狂気の世界にいるという感じで非常にパワフルな人物がいます。異質であるとか、異端児と言う呼び名は褒め言葉だと思います。最後に勝ち残るのは、どんな失敗をしても成功するための執念やこだわりがある人、エネルギーが多い人なんです。


松本彰(経営者)

私の経営スタイルは自然体です。白洋舍は創業家が5代続き、関係ない社長は私が初めてです。創業家のトップはカリスマ性があり、本当は気さくな方なのに、社員は何となく近寄りがたさを感じるものです。私は服装も人当たりも親しみやすさを大事にして、経営と現場の距離を縮めていきたいと思っています。


坂根正弘

どんなに規制改革をしても、経営者の意識が変わらなければ、何の成果も生まれない。


三木雄信

数字の前では誰もが平等。数字をもとに善し悪しを判断するため、言われた側は納得する。


清水久三子

プレゼン資料をつくるときは、ノートの段階でじっくり内容を固めて、最後の1時間だけパワーポイントで作業するくらいの意識でいるといい。


鈴木英男(日新製鋼)

もちろん新興国の市場開拓は重要な課題です。しかし、私がいまもっとも力を入れているのは、「日新らしさ」にさらに磨きをかけることです。日新らしさとはひと言でいうと、「お客様のニーズをいち早く採り入れ、それに合った商品を開発・提供していこうという志」です。


岩波貴士

人工知能やロボットの進化により、正社員の仕事がどんどんなくなると言われています。そんな流れの中でひとつの仕事に縛られるのはリスクが高い。これは自営業も同じです。自分や家族の身を守るために、稼ぎの場を広げておいたほうがいいでしょう。


海堂尊

一作目で賞をいただいてデビューしたら二作目も書くことになる。そのときに、書店に長く置いてもらえる本はどんな本だろうと思って、書店で観察してみたんです。すると、ものすごい数の本が出ていて、ベストセラー作家でも平積みには1か月も残らないことがわかりました。だから、前作と関連させて、前作を引っ張り出してもらうように、同じ世界の話を書こうと。そうしないとあっという間に忘れられてしまうぞ、と思いまして。世界観へのこだわりでもありますが、同時に戦略でもあるということです。
【覚書き|各作品で世界観を統一していることについて語った言葉】


植田統

「誰がなんと言おうと自分はこの基準に基づいて判断する」というモノサシを明確にして、それ以外はバッサリ切り捨てる勇気を持つべき。


澤部肇

みんなが正しいと思っていることが、時代とともに変わってしまうことは珍しくありません。その点、美しいことは変わりません。経営で言うなら、利益だけでなく、社会的役割を大切に考えること。社会の公器として、どんな時代でもこれだけは大切にしなければいけないもの。それが美しさではないかと考えます。