名言DB

9490 人 / 112001 名言

谷口豊三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

谷口豊三郎のプロフィール

谷口豊三郎、たにぐち・とよさぶろう。日本の経営者。東洋紡社長・会長。東京大学卒業後、大阪合同紡績入社。その後、合併により東洋紡取締役を経て社長・会長。

谷口豊三郎の名言 一覧

事業にはひとつひとつに時間をかけて大きくしていく方法もある。これを手っ取り早く実現できるのが合併で、リスクはあっても要はやり方次第だ。
【覚書き:東洋紡と呉羽紡の合併について振り返った発言】


谷口豊三郎の経歴・略歴

谷口豊三郎、たにぐち・とよさぶろう。日本の経営者。東洋紡社長・会長。東京大学卒業後、大阪合同紡績入社。その後、合併により東洋紡取締役を経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

太田彩子

スケジュール管理にスマートフォンは欠かせません。具体的な仕事の予定から、誰かに電話するといった小さな作業まで、何かTODOが発生したらその場でスマートフォンを取り出し入力していきます。手帳は満員電車の中だと広げづらく、慌ててペンを落としたりしたことがありました。その点、スマートフォンはすぐに取りだせて、操作もしやすいので気に入っています。


東村アキコ

もともとその人ができることをやってもらっているんですよ。絵が苦手な人に絵をうまくなれ! と言ったりはしない。できないことを努力して高みに上がれとは思っていないんです。読者が読んで面白いと思ってくれるところはどこか……私が見るのは、その一点のみです。


藤田晋

「これは自分の役割ではない」「この仕事はやりません」とみんなが思ってしまうと、組織としての柔軟性はなくなり、大規模なリストラと、新たな採用を繰り返すことになる。そのようなやり方で事業構造転換をする方法ももちろんある。が、社員の組織への帰属意識を高めた方が変化対応力が強くなり、会社として生き残る可能性が高くなると、私は思っている。


森下篤史

リサイクル業はなるべく高く買って赤字にはならない範囲で出来る限り安く売る商売である。さやを抜いて儲ける事で喜ぶような癖をつけるな。


村田諒太

2011年の世界選手権では、2連覇している相手と当たったんですが、「勝っても負けても実力を出そう」という持ちでやったら、勝てたんですよ。その勢いで、一気に決勝へ進出して銀メダルまで獲得できました。


田中良和(GREE)

当社が目指すのはインターネットを通じて世の中を変えることです。といっても、それをいまやっているSNSやモバイルゲームで実現することにはこだわっていません。10年後、20年後にどんな商品でそれを達成するか、それはこれから見つければいいと思っています。ソニーだって創業5年目のとき、将来ゲームや映画をやると想像もしていなかったはずですから、これだというものがまだ見えていないのは、むしろ当然でしょう。


宮根誠司

フリーになったのが40歳の時。朝日放送の看板番組『おはよう朝日です』の司会者で、大阪の人気アナウンサーとも言われるようになって。でも、丸裸の等身大のしゃべり手として、宮根誠司はどんなものなのだろう……。それが見たくなってしまったんです。でも、丸1年以上悩みましたよ。1日の中でも揺れるんです。人間、布団に入って電気を消した時、トイレに入った時、無防備だからか弱気になりますね。「おまえ、もうええやん。十分頑張ってるって」と思う自分がいる。でも、朝起きるとまた、欲が出てくる。いまから考えたら、マンションのローンもだいぶあったし、よく辞めたな、と思います。生活のことは意識の中にあまりなかった。むしろ、最後の最後に決断できたのは「俺はこのままやったら、辞めるか辞めまいか、定年まで一生、悩んでいくな」と気づいたからです。この悩みから解放されるためには、どっちかの退路を断たなあかん。そこで、考えたのは目の前に山があって「しんどいな」と登るのを止めるのか。登った後で「めちゃくちゃしんどかったわ」とつぶやくのか。何年か後、同じように悩む人がおった時、登ってないのに「行け」とは言えないじゃないですか。


高橋一生(俳優)

謙遜でもなんでもなく、日々自分のうんこちゃん(笑)みたいな部分とずっと向き合っているので……。僕はこれまで、きっと作品にも恵まれてきたんだと思います。けれどこれからは、違うパターンのものも来てしまうと思うんです。それをいかに説得力のあるものに変えていくか「そこでも勝負をしていかなくてはならない。……何が言いたいかというと、単純に、試行錯誤の毎日なんです。経験則とか年齢とか関係なく、ほかの俳優さんたちと向き合わせてもらうなかでトライアンドエラーの毎日を送っています。


佐藤公平

当社はサービス業ですから、従業員のレベルが会社のレベルに直結します。だから、採用や教育というのは、もう最大のテーマだと思います。


小堀秀毅

当社は素材を主に扱う「マテリアル」と「住宅」「ヘルスケア」の3分野を持っており、非常にユニークな会社だと思っています。これまで多角化経営で培ってきた技術や知見を生かすとともに、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、ロボットなどの活用で今後創出される成長領域を取り込むことが重要です。そのため、会社の組織体制や研究開発体制も刷新しました。多様な人材や多彩な技術を「コネクト」して、スピード感をもって対処していきます。


滝澤光樹

お客様のニーズやリクエストに基づいた提案だけでは、その期待に十分に応えたとは言えません。当社が目指すのは、さらにお客様のニーズを先回りした提案や新しい事業です。


中山讓治(中山譲治)

第一三共は個人の力はトップクラスです。あとは組織の力をつけることです。組織として学習したり、戦略立案、実行力をあげていきます。一般的な方法論はありません。それぞれ仕事をやりながら、あるいは人とぶつかりながら、何かを発見していくのだろうと思っています。