谷口豊三郎の名言

谷口豊三郎のプロフィール

谷口豊三郎、たにぐち・とよさぶろう。日本の経営者。東洋紡社長・会長。東京大学卒業後、大阪合同紡績入社。その後、合併により東洋紡取締役を経て社長・会長。

谷口豊三郎の名言 一覧

事業にはひとつひとつに時間をかけて大きくしていく方法もある。これを手っ取り早く実現できるのが合併で、リスクはあっても要はやり方次第だ。
【覚書き:東洋紡と呉羽紡の合併について振り返った発言】


谷口豊三郎の経歴・略歴

谷口豊三郎、たにぐち・とよさぶろう。日本の経営者。東洋紡社長・会長。東京大学卒業後、大阪合同紡績入社。その後、合併により東洋紡取締役を経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

山内英嗣

気持ちの問題は身体から解決することができます。ストレッチのように体の機能を意識して動かすことでメンタルにいい影響を与え、改善していくことは簡単なんです。


岩明均

私としては「まずキャラクターをつくり、歩かせる」よりも、「そこにいるヤツを無理やり歩かせてキャラクターにしていく」方がやりやすいので、まずそこにいるヤツのケツに火をつけるために、そいつの周辺の人物を殺しちゃったりするわけです。なんか言葉が汚いですけど。


桐山一憲

周りの環境や世間に押されて、変わらざるを得なくなるぐらいだったら、自分から行動を起こして変わった方がずっといい。


中野健二郎

人間というものは、フェイス・トゥ・フェイスで真剣に話し合えば、必ず通じ合う。なかなか通じ合えない場合でも決してあきらめず、自分の聞き方や話し方に何らかの問題があるのだと思うべきです。


岩野達志

賃貸住宅の敷金や原状回復義務についても、従来の慣習に疑問を唱える声が上がり、徐々に変わってきました。海外と比較してあまりに逸脱しているような悪しき慣習は直した方がよく、みんなが少しずつ努力して変えていくべきものだと思いますし、我々もそこに参加していきたい。


昆政彦

異質な人たちと交わるんですから、初めはお互いに何を言っているのか分からない。でも、交わり合っていくうちに何か頭に引っかかるものがあるはずなんです。その何かと自分のアイデアが交わった瞬間に、新しい世界が広がってくる。


坪田信貴

勉強の本来の目的とは自分自身の成長です。「できなかったことができるようになる」つまり、バツだった問題にマルがもらえるようになることや、アイデア創出や仕事上の課題といった「答えのない問題」を解決すること。問題のハードルを自ら下げることで、「自分のできの悪さを隠すクセ」を社会に入った後も引きずると、「ビジネスマンの成長」は著しく阻まれることになります。


島正博

発明が出来る人は仕事を愛している人。情熱を燃やしている人。


前澤友作

いずれは商品開発から販売までトータルで手がけたい。世界の名だたる企業は、川上から川下まで同じ社内で取り扱っているじゃないですか。同じことをしてもしょうがないので、独自のやり方を検討している最中です。


森山眞弓

私は東大在学中に結婚し、入省後は3人の子育てと仕事の両立に追われました。「男は仕事、女は家庭」が当然視された時代です。男でなければ分からなかったであろう仕事の生きがいと、女でなければ味わえなかった母親の喜び当時では欲張りに思われたことをやり通すには、他人の倍の努力をしなければいけませんでした。


岡田正大

合理的に考えれば、最初に途上国の丸太船ばかりの現状を見た時点で「来るのが20年早かった」と思い、引き返すでしょう。しかしヤマハ発動機は踏みとどまった。それができたのは、「すべての丸太船に船外機が付いたら、この国は変わる」という超長期のイメージを担当者が持てたからです。その背景には、同社が創業時から抱いてきた「社会を豊かにする」という次世代を見据えた展望と志があり、それがCSV(共有価値の創造)の実現につながっているのではないかと感じます。


川村勝巳

物産では駆け出しの若僧にも結構一切任せて大きな商売をやらせていく。ところがサラリーマンにすぎぬ。このままでは自分も知れたものだ。トコトン自分を追いつめて自分の運命を試してみたい。
【覚書き:三井物産を飛び出してインキ製造開発の道に進んだ時を振り返っての言葉】


宮内寿和

異業種ばっかりの集まりですけれど、それが面白さや力になるんですわ。出会いがものごとを動かして行くことを日々実感してます。人と出会うために、生きてるんやわ、ほんと、そう思いますね。


枡野俊明

当たり前と思っていることが、いかにありがたいか。それを感謝する気持ちが持てるようになると、同じことの繰り返しだと思っていた毎日が、新鮮に思えてくる。


山内溥

僕たちのビジネスというのは、勝ったら天に昇るけれども、負けたら地に沈む。


ページの先頭へ