谷口秀一(経営者)の名言

谷口秀一(経営者)のプロフィール

谷口秀一、たにぐち・しゅういち。日本の経営者。業務用厨房機器メーカー「タニコー」社長。東京出身。(株)データ通信システム(のちのDTS)を経て北陸タニコー(のちのタニコーテック)に入社。タニコー社長を務めた。

谷口秀一(経営者)の名言 一覧

先のことなんて全く分からない時代は、会議で相談しても正解なんか出ない。自分で決めてやりながら問題修正した方がいい。


業績が厳しかった6年前のこと。当時年商は約350億円だったが、70億円の商売の話が来た。でも基準に合わなかったので即断で取引は見送った。


飲食業の経営のポイントは結局、価格戦略。これだけで時代の流れが見えている企業かどうかが分かる。


谷口秀一(経営者)の経歴・略歴

谷口秀一、たにぐち・しゅういち。日本の経営者。業務用厨房機器メーカー「タニコー」社長。東京出身。(株)データ通信システム(のちのDTS)を経て北陸タニコー(のちのタニコーテック)に入社。タニコー社長を務めた。

他の記事も読んでみる

糸井重里

僕はただ、「こうしたら人が喜ぶんじゃないか」「こうしたら自分が気持ちいいんじゃないか」と思うことを中心にやってきたんです。


大前研一

情報の達人を目指すなら、最初の一歩はひとつの整理棚をつくることである。私が学生に対し指導しているのは、毎日土曜日に3時間ほど時間をつくり、自分が関心のあることについてGoogleでネットサーフィンすること。3時間サーフィンしただけでは時間の無駄だが、その結果を、つまり「要はどういうことなんだ」と「それなら私はこう考える」をレポートにまとめる。面白い写真やデータを見つけたら、それもレポートに添付する。こうして作ったレポートが最初の棚になる。


石浦章一

大切なのは、人間の意欲や行動を規定しているといわれるドーパミンを常に分泌されやすい状態にしておくため、日ごろから自分なりのストレス軽減方法を見つけておくことや、睡眠時間をしっかり確保するなど、意欲が湧きやすい環境に自らを置くことです。


櫻井孝宏

アニメの魅力や面白さは、時代とともに変化しているところですかね。僕は子供の頃に見たアニメに憧れて声優を目指しましたけど、当時と同じテイストのアニメって今はもう、ほとんどないと思うんです。でも、それが悪いわけではなく、常に時代性に寄り添った新しいものが作られている。そこが面白いなと。


坂本孝

天性の勘なんてものはない。勘は訓練して磨くものです。


榎本雅一

会社人は価値観が会社中心で、組織への忠誠度が高いほど評価されると考えています。だから60歳を迎えると、「今まで会社に貢献したのだから、あとの5年間はご褒美みたいなものだろう」と勘違いをして、ただ会社に居座るだけの人材になってしまいます。しかし、成果を出さない社員を雇い続けるほどの余裕がある企業はほとんどありません。会社が期待する役割を果たせない高齢者は、当然評価されず、雇用継続も危うくなる可能性があります。


坪田信貴

ラベリング(レッテル貼り)にこだわる日本社会の風土を変えたい。


高城剛

時代が確変(確率変動)モードに入って、見たものを瞬時に判断しないと生き残れない時代になったのに、デジタルツールで情報収集しているようでは、遅すぎるのです。


小野守男

毎朝社内を回っている。さまざまな情報がいっぱい入ってくるから。社員も声をかけてくれる。


藤原和博

プレゼンテーションとは、自分の主張を伝えるものと考えがちです。しかし、本当に上手いプレゼンテーションとは相手の頭の中に自然にイメージをつくることです。


東出浩教

モチベーションアップのセオリーは「個人の達成願望×コミットメント」です。「自分はこれを成し遂げたい」という願望と、どれだけ自分が関与するかの掛け算によって、その人のモチベーションの高さが決まる。ですから上司は、「チームでこんな夢を実現しよう」とビジョンを語り、そのために自分は何ができるかを部下一人ひとりに考えさせることが必要です。


谷真

すかいらーくの再建を成功させられたのは、マーケティングの重要性を知っていたから。


見舘好隆

マクドナルドは痒いところまで手が届くマニュアルを整備し、アルバイトではなくクルー(乗組員)という名称を使った。さらに、教育係としての『クルートレーナー』、正社員とクルーの橋渡し役であり店舗管理の一部を担う『スウィングマネージャー』と、アルバイトにも階級を設けた。


田中良和(GREE)

結果が出なければ誰からも褒められないけれど、努力をやめてしまったらそこで終わってしまう。どのような状況であっても前を向く、そんなメンタリティーが重要だと思っています。


永守重信

ゼロから会社を立ち上げ、今は1兆円に向かっていますが、一番苦しかったのはゼロから10億円の間です。当時は借金したら同額の生命保険に入ったわけで、命が懸かっていました。それを思えば、これから何があってもたかが知れている。1兆円を10兆円にするのもそれほど難しくないと見ています。


ページの先頭へ