名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

谷口直樹(ファイナンシャルプランナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

谷口直樹(ファイナンシャルプランナー)のプロフィール

谷口直樹、たにぐち・なおき。日本のファイナンシャルプランナー。宮崎県出身。明治大学商学部卒業。ファイナンシャルプランナー事務所チーム・リオ代表、LEC東京リーガルマインドFP養成講座講師などを務めた。

谷口直樹(ファイナンシャルプランナー)の名言 一覧

自分がどんな生活をしたいのかを明確にする。お金を遣う時に、その目的に合っているか常に考える。それが資産家への第一歩。


リターンが期待できる投資に、資金を集中させる。この哲学こそが、資産形成の鉄則。


将来、お金持ちになれるかどうかは、その人のバランスシートや家計簿を見れば、一発でわかる。お金を遣うことは問題ではありません。資産を殖やすような遣い方ができているか否かが大事。


谷口直樹(ファイナンシャルプランナー)の経歴・略歴

谷口直樹、たにぐち・なおき。日本のファイナンシャルプランナー。宮崎県出身。明治大学商学部卒業。ファイナンシャルプランナー事務所チーム・リオ代表、LEC東京リーガルマインドFP養成講座講師などを務めた。

他の記事も読んでみる

平野伸一

異分野、異業種からの新しい風を吹かせてくれることは大歓迎。この業界は許認可行政だの免許だのと、保守的な風潮も強いでしょう。しかし変えるところは変えていかなくては勝ち残れない。


柏木斉

我々は何のためにビジネスを行うのか。情報提供者のクライアントと一個人のカスタマーの中間に立って両者をマッチングさせ、なおかつカスタマーが具体的なアクションを起こして初めて価値が生まれます。


山本大介(経営者)

有田焼が今のような伝統工芸産業となる以前、先人の陶工たちは有田焼の本質を学び、それをいかにアレンジするかという挑戦をやってきたのです。だからこそ、400年もの問、廃れることなく続いてきました。ところが現代の我々は伝統の名の下、先人の技術を踏襲し、そのままの形で右から左に商品を提供してきました。それでは今の市場から受け入れてもらえないのは当然です。


山本真司

勉強するもの将来性は、あまり考えすぎない方がいいというのが私の意見です。これからはこれが流行るはず、といった損得勘定で選んだことは、心の底からの情熱が持てず、努力も継続しにくいからです。


古賀辰男

組織にまったく問題がなければ、たとえ転職の話があっても、できる社員がそう簡単に会社に愛想を尽かすはずがない。絶対に辞めてほしくない人が次々と辞めるような状況であれば、経営者はまず、マネジメント上の問題の解決に専念すべきだろう。


佐波正一

企業と銀行の株式持ち合いからもわかるように、持ちつ持たれつが日本社会の特徴です。その中でそれなりに発展してきました。しかし、世界市場が単一化し、技術や市場の変化が加速度的に速くなっています。「スピードと感度」とよく言ったものですが、市場の変化への感度を研ぎ澄まし、対応を速くしないといけません。いままでの統治形態がマッチしなくなってきているのも事実です。


高萩光紀

何を目的に自分にこの仕事をやらせようとしているのか、そのためにはどう仕上げていけばいいのか、そういった点を意識しながら段取りを考えます。そして、速く仕上げて上司に持っていきます。すると、だいたい上司は「おっ速いな。だけど、ここは直したほうがいい」という具合につき返すものです。そこで上司の意向を反映しながら訂正・修正すればいい。


帖佐義之

我々はいち早く物流拠点の可能性を見いだし、この市場をけん引してきた。今は5~10年前に比べて開発会社の数が2倍くらいに増えているため、「供給過多」という見方もできる。一方、必ずしも供給過多とも言い切れない状況もある。供給が増えれば、潜在需要を掘り起こすこともあるからだ。


内藤剛志

「音楽がダメなら、じゃあ、次は何で表現したらいいんだろう」って、前向きというか、次の道しか考えてなかった。だから映画へとシフトしていくのも早かった。


井上明美

漠然と「皆が使っているからこれでいいだろう」と考えるのではなく、まずは正しい表現を知ること。それでこそ、カジュアルな場ではカジュアルに、フォーマルな場ではフォーマルにと、場面に応じた言葉の使い分けができるようになる。


梅原勝彦

私は社長の座を退きました。代表権のある会長として残ってくれという声はあったものの、こんなにアクが強く、なおかつ人気がある人間が会長にいては(笑)、何も変わらない。だから相談役になり、代表権も返上しました。


殿村美樹

論理的な文章に、本能や五感に訴えるビジュアルをプラスすると効果絶大。文字や数字、グラフだけのページは読み飛ばされたりしますが、手描きのイラストを一枚加えるだけで、どんなプレゼン相手も、ページをめくる手を止めて、じっくり見てくれます。