名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

谷口恒の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

谷口恒のプロフィール

谷口恒、たにぐち・ひさし。日本の経営者。ロボットメーカー「ZMP」社長。群馬大学工学部卒業後、制御機器メーカーでブレーキシステムの開発に携わる。商社営業職を経てインターネットコンテンツ会社などを設立。その後、ZMPを創業。

谷口恒の名言 一覧

技術の追求も大事ですが、ビジネスとしては先に実装したほうが勝ち。


私たちはベンチャーなので、挑戦しなければ意味がない。


とにかく、「やる」と決めて実行することが大切です。小さな失敗はたくさん出ると思いますが、失敗を軌道修正していくことで進むべき道が見つかる。


大切なのは、よりスピードを重視すること。今までやってきたことにこだわりすぎないこと。


一見関係ないように思えることでも、面白半分にやってみると視野が広がる。


先方の技術の方が優れていれば、そちらを活用します。自前にこだわると事業の進行が足踏みしかねませんから。プロダクト、サービスをいち早くつくることこそ重要。手段にはこだわらない方針です。


今までなかったロボット技術を生み出すには新たな価値観を取り込むことが重要と考え、エンジニアの半分を海外から採用しています。東京本社には世界12カ国から多様な教育を受けて多様な価値観を持った社員が集まっています。彼らが化学反応を起こしながらイノベーションを創出することを期待しています。


いきなり数億円規模の大きなプロジェクトを動かそうとすると、事業計画をつくり、予算を立ててと身構えてしまいますが、少人数で数千円を折半するような形ならさっとスタートできます。


上場は社会に影響を与える一つの材料だ。広く周知してもらえるし、株主によって様々な議論があってもいい。


現在売上高はほとんど自動車関連だが、一極集中体制では会社として成長は見込めない。物流も大きな事業に育て、複数本の事業の柱を作っていく。


上場すると「さらされる」ことでベンチャーらしさがなくなってしまうと危愼する人も多い。しかし、外国人社員の割合5割は維持していく方針だし、シリコンバレーらしい環境を日本で、という思いは上場後も変えるつもりはない。


自動運転技術開発車両を提供する事業を始めましたが、自動運転の技術が社会に必須の技術であるという確信はまだ持っていませんでした。お酒を飲んでも自動車に乗って家に帰れるなど自動運転がもたらす利点は思い浮かべていましたが、いずれも必ずしも社会に必要な技術というわけではありません。「あったらいいな」という技術だったのです。この考えが大きく変わったのは2013年のことです。キッカケは、体の具合を悪くした父を見舞うために実家に帰った時、地方の交通弱者が置かれている深刻な状況に気づいたことでした。いつもなら最寄りの駅まで父が自家用車で迎えに来てくれますが、その時はそうはいきません。そこでタクシーを利用しようとしたところ、利用者が減ったという理由で、いつも駅前で待機していたタクシーを運営していた会社が廃業していました。そうなると駅から実家まで移動する手段がもうありません。こうした事態に直面して、過疎地で交通手段がなくなることが、大きな問題であることに気づきました。この時に私の中で自動運転が、「あったらいいな」という技術から、「実現しなくてはならない技術」に変わったのです。


谷口恒の経歴・略歴

谷口恒、たにぐち・ひさし。日本の経営者。ロボットメーカー「ZMP」社長。群馬大学工学部卒業後、制御機器メーカーでブレーキシステムの開発に携わる。商社営業職を経てインターネットコンテンツ会社などを設立。その後、ZMPを創業。

他の記事も読んでみる

わたせせいぞう

営業所長になったとき、すでに二足のわらじで、上司からは数字を落としたら絵を描くのをやめろと脅迫(笑)を受けていました。だからこそ、効率よく仕事をすることを心がけていました。必死ですよ。成績が下がったら好きな絵をやめなくてはいけませんでしたから。


匠英一

コカ・コーラのように息の長い商品になると、顧客がその商品に持つイメージは一つの信念になる。そこを無視して味だけ変えようとしたのが失敗の原因です。
【覚え書き|コカ・コーラが1980年代に味を一新し、顧客から猛反発を受けたことについて】


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

広告活動をやってみたが、結局うまくいかなかったという人たちは、嫌々ながら、または中途半端なPRしかしなかったから上手くいかなかったのだ。中途半端なPRはコストがかかるだけで、まったく利益を生まない。PRの経費は惜しんではいけない。


平井一夫

テレビ事業は分社化によって高木(一郎・ソニービジュアルプロダクツ)社長に経営を任せています。任されたという意識、さらには自分たちの将来は自分たちで切り開くという意識がさらに高まった。それが黒字につながったと思います。黒字になっただけではなく、前期にはかなり大きな利益も出してくれたし商品も強くなってきた。分社化がそれを後押ししたと考えています。


足利政春

安心・安全でおいしい商品をつくれば、お客様から喜ばれ、「あの会社は絶対に必要だ」と思っていただける。その結果として利益という報酬を頂戴できるのです。「利が先」と考えると、経営がおかしくなります。


岡田克也

私の場合、留学したのは32歳のときでした。今でも私は、10代か20代の時に海外で暮らしたかったなと思っています。ある程度の年齢になってからよりも、柔軟性のある若い時代の方が、海外で学び吸収できることが多いように思うからです。


アントニオ猪木

なぜ自分から限界という一線を引かなければならないのか。もともとありもしない限界にこだわると、己の力に疑問を持つようになり、しくじったり、できなかったとき、ああこれが俺の限界だ、もう駄目だとギブアップしてしまう。


北川智子(歴史学者)

絵本の英語は易しいですが、文法的に正しく、分かりやすく、学習に適しています。同じ作品でも、絵がメーンの易しいものから、文字の多い難しいものまで揃っているのも魅力です。易しい本で物語を把握しておけば、同じ作品の難しいものにも挑めます。それに何より楽しい。非日常の世界観に浸り、子供と遊びながら英語を学べるのですから。


安倍昭恵

たとえ忠告をしても、相手が受け入れる気持ちがないときは、結局、なにを伝えても無駄なんですよね。人って聞きたいことしか聞かないので、カチンとされておしまい。私自身もそういうところがあるから、よくわかるんです。


伊藤彰(コンサルタント)

新人が配属されると、実際に作業指示を出すことになるが、ここが人材育成の要なので指示の出し方は丁寧に。とりわけ、5W1Hを意識する。5W1Hの中で一番大切なのは「これをやって」というWhatではなくWhyである。部分的に仕事を任せるにしても、作業の目的を理解させ、その仕事がチーム全体に対してどのように貢献するかを教えることが重要だ。


磯崎功典

現場にはトップと別の意見があるかもしれません。もしそれが聞くべき内容ならきちんと耳を傾けるべきですが、「社長が決めたことだから」と有無を言わせず強権発動するような「虎の威を借る狐」では人はついてきません。


高濱正伸

外遊びは、子供の「頭をよくする」という点で2つのいいところがあります。ひとつは、「目に見えないもの」を思い浮かべる力がつくこと。もうひとつは、人生に差がつく「没頭力」「集中力」が磨かれる点。