名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

谷井昭雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

谷井昭雄のプロフィール

谷井昭雄、たにい・あきお。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。神戸高等工業学校(のちの神戸大学工学部)精密機械科卒業後、敷島紡績(のちのシキボウ)、東洋金網(のちのトーアミ)を経て、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。録音機事業部長、ビデオ事業部長、取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。

谷井昭雄の名言 一覧

理念の継承で最も大事なのは、あとを継ぐトップです。会社がうまくいくのもいかないのも、社員が怠けるのも怠けないのも、すべてトップの責任です。トップがしっかりしていれば、間違いは起こりません。トップが理念を受け止めて、自らが伝道師となって、普及と実践をしていくことが重要なのです。


人間は様々な能力を持っていますが、仕事をするのに大事なのは、まず熱心さ。そして会社の中で最も仕事に熱心な人が、トップであるべきです。その熱心さに加えて自分の信念を持つことが、トップが理念を継承する上で大事なのではないかと思います。


人生をポジティブにとらえるか、ネガティブにとらえるかで、その結果は大きく変わってくる。


世の中が複雑になればなるほど、伝えることの大事さを認識しないといけない。


たとえ適性に見合っていなくても、今いる部署で与えられた仕事に一所懸命取り組めば、おのずと適材適所になっていく。


運は変えられないけど、意味を変えることができる。


人間、逃げられない立場に置かれると、知恵が湧いてくる。


経営は、計算やコストだけではない。


人が立派か立派でないかは、持って生まれた才能よりもむしろ、体験によって決まると思います。私もビデオ事業部長時代、大変な赤字を出しましたが、あのときの体験は今に生きています。


想いの一致。私は今、これがとても大事だと思っています。すべての関係会社を含め、社員の心を一つにすることが必要です。


事業は人である。人は有限だが、事業は永続発展を望む。有限の人が、永続の事業を維持し発展させるためには、「なぜ経営するのか」「いかに経営するのか」の強く熱い思いを必要とする。この理念の「堅持」と「継承」と「実践」が、経営者の最も重要な責任である。


創業者のあと、7代の社長が経営を引き継いできました。人も変わり、時代も変わります。特に最近のような大きな変化の中では、経営理念をしっかりと守り、継承し、変化に適応していくことが求められます。


物事の判断、人に対してどうあるべきかは、情報ではなく、むしろ経営の感覚によるもの。


業績は常に上げていかなくてはいかんでしょうね。ただし変わり目にはスピードが落ちます。先への投資を今いろいろやっているわけです。僕だけの会社じゃない。社長は有限ですから。一時的なことのために、なすべきことを止めてはいけませんよ。耐える時も必要です。


職場は一将の影。僕の自戒の言葉でもあるんですが、自分の会社の部下を評して駄目だなんて言ったり、嘆いたりするとしたらそれはトップ自身の無能さの反映でしかありません。


事業部制のよさは、責任の明確化にもあります。商品の開発からコスト管理、販売まで、一連のプロセスを各事業部が責任を持って担います。事業部はパナソニックの中にある中小企業なのです。その経営をしっかりやっていく責任者は、いずれ優秀な経営者になる。事業部制は、人材の育成、経営者の育成も行なうのです。


今日まで、順調な時もあれば困難な時もありました。しかし、社会の皆様の理解と支援をいただき、歴代トップを中心に社員が結束して頑張ってきたからこそ、パナソニックの今日があります。それを支えてきたのは、創業者(松下幸之助)がつくりあげた経営理念なのだと思います。


デジタル化、情報化の時代になって久しいですが、情報というものは、単なるデータや数字ではありません。情報とは「情けを知らせる」ことです。情けというのは「心」とも読みます。つまり、心を伝える時代が、情報化時代なのです。では、心とは何か。理念です。情報化時代の現在、もう一度「心を伝える」「想いを伝える」ということを考え直すべきでしょう。


松下幸之助さんを支え、のちに松下電器の会長になられた高橋荒太郎さんが、まだ副社長の時代、自分が若かったころの苦労話をよく部下にしていました。あまりにも同じ話を何回もするので、ある勇敢な社員が、「副社長、その話、きょうで8回目です」と言ってしまったことがあります。すると高橋さんは、「分かっとる。しかし、きみらが本当に分かるまで、わしは何回でも言うんや」とおっしゃったのです。求めたる心というのは、言葉や頭で分かっても、なかなか本心からは理解できない。だから、何度でも繰り返し話さねばならない、ということでしょう。


それまでは、販売も開発も人事も、すべての面で全力を尽くそうとしていました。しかし、あれもこれもやろうとすると、結果としてどれもできなくなります。やるべきことが10あって、10すべてをやり切ろうとしたら、それぞれに10分の1ずつ力を割り振らなければならなくなり、何年たっても、どれも達成できなくなるのです。でも、ほかを犠牲にしてでも、どこかひとつに力を集中すると、じわじわと成果があがってきます。私の場合は、ひたすらよいものをつくる、ひとつでも不良を減らしていくことを徹底しました。逆に言えば、それしかできなかった。10のことを並行してやり切るだけの力がなかったから、物づくりひとつに絞り込んで集中したのです。これが功を奏し、10カ月目、ビデオ事業部は黒字に転じたのです。


理念という原理原則は、時代がどう変わろうと変化しない。それぞれの時代に合わせ、変わらない理念をどう具体化するのか。それこそが、経営者がなすべき仕事ではないかと思います。


大切なことを、創業者はもちろん、その伝道師のような社員たちが繰り返し語ってきました。だから、松下電器は創業者と直接言葉を交わしたことのない社員にまで、理念を徹底できたのだと思います。


人間というのは、与えられた場所で最善を尽くせば、最初は適所でなくても、適材にしていくことができます。もし適性に合った場所にばかりいたら、一生同じところをウロウロするだけでしょう。


松下電器という会社にいると、「こんな商品をつくって、世の中のお役に立たねば」という話題が自然と口から出てきます。私自身、松下電器の社員でなかったら、世のため人のためなんてことは口にしなかったでしょう。その環境に身を置き、いろいろと教えられるから、熱心でない人間でも創業者と同じようなことを語れる人に育つのだと思います。


熱心な人は、放っておいても自分で成長していきます。しかし、熱心ではなくても多少なりとも関心・やる気のある人が熱心に物事に取り組むには、そうした環境を整えてやる必要があります。


持って生まれた素質がなくとも、前向きな考え方で打ち込めば、誰でも成功への道を歩むことができます。むしろ素質に目を向けるより、意欲や熱心さに目を向けるほうがいいのではないでしょうか。


情報の情は「心」という意味です。これは私の勝手な解釈ですが、心を知らせる情報こそが、情報化時代においては重要ではないでしょうか。会社でもそうです。しょっちゅうではなくても、顔を見て、直接言葉で、自分の経験で、自分の思いで相手に伝えなければいけません。


トップになると、一回決めたものを変えるというのは大変なことです。メンツもありますし、コロコロ意見を変えたら「なんや、うちの社長は頼りない」と社員に思われます。考えに考え抜いた決定であっても、世の中の変化によって、正しくない決定になることだってありうる。でも松下電器は、たとえ間違った方向に行ったとしても、正しい道にパッと戻る不思議なところがあります。おそらく「素直な心」「率直に処する」という姿勢が関係しているのではないかと思っています。


私は「衆知」というのは、多くの人の意見を集めるというだけの話ではない、と思っています。多くの人にとってより正しく、幸せであり、未来にとって最良だと思われることを判断するため、たくさんの意見を無心になって聞く。同時に、出てきた意見が耳を傾けるべきものか、単なるわがままなのかを見極め、最後はリーダーの責任で決定する。そのためには、リーダー個人のエゴや自我があってはならない。自我を持った自分ではなく、自分を殺し、公の心を持った自分で判断するのです。これが本当の「衆知を集める」ではないでしょうか。


理念は、一部の社員が理解しているだけでは不十分です。全社員に理念をしっかりと身につけさせる。これも、トップの大きな役割です。パナソニックでは、毎年の経営方針発表会をはじめ、事業部ごとにも様々な場で理念が語られます。私の現役時代には、松下の経営理念を具体的に伝え、教育訓練を行なう場がずいぶんとありました。


トップは、賢いことも大事ですが、もっと大事なのは熱心であることです。非常に優秀な人と熱心な人、二人の候補者から一人を選ばなければならない時、創業者(松下幸之助)は熱心な人のほうを選ぶと言いました。もちろん仕事がよくわかっていなければいけませんが、創業者があえて熱心なほうを選ぶと言ったのは、私はとても大切なことだと思います。


私どもは時代が変わっていく中で、長年培ってきた家電をベースに、航空部品や自動車といった新しい分野をBtoBで展開してきました。かつて創業者がやったのと同じことをやるのではなく、創業者がどのような思いでやろうとしたのかを我々がしっかりと掴み、それを現代の状況に翻訳して実践してきたのです。それが経営というものです。古人がやってきたことを繰り返すのではなく、古人の思いや願いを正しく理解して、今日的な経営の課題に具体化していく。それが継承だろうと思います。


谷井昭雄の経歴・略歴

谷井昭雄、たにい・あきお。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。神戸高等工業学校(のちの神戸大学工学部)精密機械科卒業後、敷島紡績(のちのシキボウ)、東洋金網(のちのトーアミ)を経て、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。録音機事業部長、ビデオ事業部長、取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。