名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

諸戸清六(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

諸戸清六(初代)のプロフィール

諸戸清六(初代)、もろと・せいろく。幕末から明治にかけての実業家。一代で莫大な財を得て、「森林王」「日本一の大地主」と呼ばれた。伊勢国(のちの三重県)出身。父が病死したため18歳で家督を継ぐ。父が商売失敗でつくった莫大な借金を昼夜を問わず猛烈に働き完済。米穀業で財を築いた後、林業に進出し日本有数の地主となった。

諸戸清六(初代)の名言 一覧

時間は金、忘れてはならぬ。


馬鹿になれば利口、利口になればまた馬鹿。馬鹿になって物事を尋ね、馬鹿になって商売せよ。


どこまでも銭のない顔をせよ、銭のある顔をせば贄費(ぜいひ)多し、たとえ銭なき顔をして人に笑わるることあるも、後日には誉められる。


一銭の金も骨折って儲けよ、楽して儲けた金は落としやすし。


身代(財産)を大きくしたいならば、丁稚下女のする事までに気を付けて差図せよ、小さい事に目を付けぬ者は到底大事は出来ぬ。


商取引をなすには先方の掛引を見分けるが肝腎なり、これが出来ぬものは商売をするな。


まぐれ当りにて儲けし金は、他人の金を預ったと同じことなり。


出来るだけ人の下風に立ちて、頭を下げる者は必ず勝ちを占(し)む。


身代(財産)を減らす者は大抵、口先はよくて尻結びの無い、先きの見込の付かぬ者なり。


無益の道具類を買うな、買えば他人に見せたくなり、自然と自分の職業を怠り、時間を費すべし、慎まざるべからず。


身代(財産)を減らさぬ考をするには平素交際する人を選べ。


派手にすべからず出来るだけ質素にせよ、衣服は垢の付かぬ木綿服にて充分なり。


顔をよくするより金を儲けよ、金儲かり家富まば自然と顔もよくなる。


諸戸清六(初代)の経歴・略歴

諸戸清六(初代)、もろと・せいろく。幕末から明治にかけての実業家。一代で莫大な財を得て、「森林王」「日本一の大地主」と呼ばれた。伊勢国(のちの三重県)出身。父が病死したため18歳で家督を継ぐ。父が商売失敗でつくった莫大な借金を昼夜を問わず猛烈に働き完済。米穀業で財を築いた後、林業に進出し日本有数の地主となった。

他の記事も読んでみる

豊田圭一

僕は0歳のときに肺の摘出手術を受けました。当時、日本で初めて成功した手術で、それを知ってから、いまある命はおまけと思うようになりました。だったら、周りの目など気にせずに、やりたいことをやろう。自分の人生は一度きり。やりたいことをやらなければもったいないということをいつも考えています。


鈴木弘治

契約社員に対して、正社員という「出口」を用意すれば、職場のモチベーション向上につながります。ただし登用について、具体的な目標の数値を掲げているわけではありません。あくまで個々の能力を見ながら判断していくつもりです。
【覚書き|契約社員から正社員に登用する試験の受験資格を勤続5年から3年に短縮した理由について語った言葉】


山田進太郎

旅行に出かけるなど普段と異なる環境に身を置けば、自分の考えを新たな視点で捉え直すきっかけにもなります。「良いアイデア」とは、意識して自分に刺激を与え、考えるきっかけをつくるための行動を組み合わせ、そして繰り返していく中で生まれるものではないでしょうか。


長尾裕

中期経営計画にも明確に「地域」という言葉を入れており、我々の経営資源をオープン化することで、地域課題の解決の一助になればと考えている。本業を通して、地域の課題解決を生み出すビジネスモデルをつくるチャレンジを続けています。


佐々木常夫

20代、30代のうちは、しゃにむに働くこともときには必要でしょう。しかし、40代になってなおダラダラと時間をかけるような働き方しかできない人は、はっきりいってどこの会社でも使い物になりません。とくに管理職が求められているのは、課題に対して最短コースで結果を出すことです。それができるようになるには、頭を使った仕事のやり方を若いころから自分に課すことです。


松浪健四郎

格闘技は美の追求です。美しく投げて1本、美しく打って勝ち。レスリングも美しく投げてビッグポイント。したがって、体操も含めてスポーツは美の追求なんです。そのため常に美しいものや素晴らしいものに触れるということが大事。


栗山清治

過剰在庫と機会ロスを防ぐために、商品の発注業務の自動化を目指しています。店舗での作業時間が減ると、FCオーナーの負担軽減につながりますので、空いた時間を売り上げアップに向けた別の作業に充てることができるでしょう。モチベーションも上がると思います。


松岡修造

試合で負けて不安で押しつぶされそうになったとき、1か月先までの予定を立てました。そうすれば、とにかくそこまでは目的意識をキープできたからです。みなさんも行き詰ったときには少し先まで視線を伸ばしてみてください。その間に、弱気の虫を封じることも可能ではないかと思います。


佐藤オオキ

新しい市場を開拓するには、結局、ユーザー目線に立つこと。


島本理生

現実の方がどんどん不安定になっていく今、それを書き写して人を絶望させるよりも、それでも生きていく力を書くのが小説の役割かなと思っています。


野口実(ABCマート)

うちと一般の靴屋さんとの違いは、ファッションの部分を切り取って商売をしているということなんです。一般に、靴屋さんってファッション性を感じないじゃないですか。私自身、靴屋は道具的な靴を売っているというイメージがあって、若いころは靴は洋服店で買うものだと思っていました。ファッション性で靴を買うという方は、ズックからスリッパまで置いてある総合靴屋さんの売り場に魅力を感じないのではないでしょうか。


上村計明

小さなニーズを拾っていくことで、お客様はファンになって下さる。