名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

諸井虔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

諸井虔のプロフィール

諸井虔、もろい・けん。秩父セメント社長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。14年務めたのち祖父が創業した秩父セメントに入社。秘書、専務、副社長を経て社長。経済同友会副代表幹事

諸井虔の名言 一覧

経営トップは同業他社の動きが気になるものですから、ある企業に改革の成果が表れはじめた、などという記事が新聞に出れば、追随するに違いありません。これは、横並びを改革するための最後の横並びであると、私は思っているんです。


恐れる必要はありません。管理職集団の側も、自己否定をしなければ会社が生き残れないことがわかってきています。そこが大きな変化であり、チャンスです。経営トップが自分の職をかけて強いリーダーシップを発揮すれば、改革はできます。仮に業界のトップ企業の経営者が決断して改革を始めれば、同業他社にも改革の動きは広がっていくでしょう。


トップの決断次第です。日本企業のトップは管理集団の中から選ばれたエリート中のエリートですから、基本的に管理職と同じ体質なんですね。したがって、管理職集団のことを最も大切に思い、彼らの利益を優先して経営のかじ取りを行ってきた。言うなれば、管理職集団の代表のようなものです。逆に言えば、経営者にとって一番気になる存在は管理職集団なんです。


改革はボトムアップでは絶対に成功しません。トップダウンでやるしかない。トップみずからが腹を切る覚悟でやるしかありません。


最悪の事態に遭遇した場合、いくらクヨクヨしても始まらない。起きてしまったことは、元に戻らないのだから、そこを出発点として頑張っていくしかない。さいわい社員が全力投球で頑張ってくれ、ユーザーの方も冷静に対処していただいたおかげで予想の三百億円を大きく下回る六千万円の損で済んだ。


自らの欠点に気付けば、それを乗り越えようとして努力する。だから、欠点が長所にもなるわけである。私なりに欠点を探し出したらなんだろうか。まず、金もうけに徹して何が何でもやるという貪欲さは私にない。これが欠点と言えば欠点だろう。事業家、起業家としては、何か物足りない男になるのではないかと思っている。


諸井虔の経歴・略歴

諸井虔、もろい・けん。秩父セメント社長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。14年務めたのち祖父が創業した秩父セメントに入社。秘書、専務、副社長を経て社長。経済同友会副代表幹事

他の記事も読んでみる

高岡浩三

最近までグローバル企業の成長は新興国の伸びが牽引していました。しかし、この先20~30年を見据えると、新興国の成長は必ず鈍化して先進国のようになっていきます。今のうちに、先進国で圧倒的なパフォーマンスを出すビジネスモデルを作っておけば、今後も大きく成長できる。私はそれを日本で示したい。


大坂靖彦

89歳で死ぬと決めた日まで、あと17年しかありません。それまでにやりたいことがまだいっぱいあります。その計画をつくるのが楽しくて楽しくてたまらない毎日です。


鈴木喬(経営者)

成功は「たまたま、偶然」の結果であることも多いものですが、失敗には必ず失敗につながった理由がありますから、学べることがたくさんあります。


岡野雅行(岡野工業)

こないだ日経の記者が来て、まあ俺もこの年だし、跡取りもいねえから「あと2年くらいかな」とか適当に話したわけ。そしたら、「岡野工業が廃業する」って1面に載っちゃってさ。びびったよ(笑)。で、俺より驚いたのはお客でさ、「岡野さん、本当に辞めるんですか!?」って、トヨタ自動車やらソニーやらいろんなところから電話がかかってきてさ。うちはさ、お客がどこに持っていっても「できない」って断られたやっかいな仕事ばっかり持ち込まれる「最後の駆け込み寺」だからさ、俺が辞めるって聞いてみんな焦ったんだろうな(笑)。そんな風に周りからいわれてやる気が出てきてさ。すっかり欲望も回復しちゃって。まだまだ稼ぎたいし、いいクルマにも乗りたいんだよ。


井村荒喜

一体人間というものは何かと考えてみると、これは頭のてっぺんから足のつま先まで物欲の塊である。しかし、正しい欲望は充足されねばならぬ。人間誰しもより良い生活を望まぬ者はない。それには高い収入がなければならぬが、それは一に高い生産能率から生まれるものである。高能率高賃金でなければならぬ。高能率高賃金が私の理想である。


田中優子(江戸文化研究者)

今のように、仕事の内容がどんどん変化している時代は、誰にとっても、わからないことがあるのは当たり前です。わからないことはみずから学ぶことが必要な一方、人に相談して、解決することも大切です。ほかの人にも投げかけつつ仕事をすることが、仕事のスピードアップにもつながることを若い人は知ったほうがよいでしょうね。


柳井正

経営はチームです。会社全体でやることです。一人では100メートル9秒台で走ることは難しい。しかしチームなら、それぞれ得意な分野を発揮すれば100メートル9秒台で走ることはそう難しくない。ゴルフのほうがよほど難しいです。


酒井俊幸(陸上選手)

言葉をどうやって相手の心に響かせるか。これは本当に日々、勉強するしかありません。私は、他の競技の指導者の言葉や、『論語』などいにしえの言葉を、日々勉強し、伝えるべきひと言を探し続けます。


嶋田毅

正しいけれども古い数字は、ビジネスの意思決定の場合、適切ではありません。特に変化のスピードが速いものは、「正しさは99パーセントだけれども3年前のもの」ではあまり意味がありません。逆に精度は少し落ちても最新の数字のほうが、意思決定に役立つでしょう。


高橋名人(高橋利幸)

何よりも、大成功した最大のポイントは、子どもたちが私をハドソンの社員だと認識していなかったことです。テレビ番組などでの自己紹介で「ハドソンの高橋です」と言っていたにもかかわらずです。私が紹介するゲームは、ハドソンタイトルに限定していましたが、子どもの勘違いが、「私が紹介するゲームは面白いんだ」というさらなる誤解を生んでいきました。


上山信一

業界の解決すべき問題をスピーディーに把握したいときには、業界紙や過去の新聞記事が役に立ちます。記事になるというのは、そこに何か問題か工夫があるということですから。逆に、学術論文、専門書をいくら読んでも、改革すべき点は見えてきません。


谷口義晴

日本の大企業は私たちを相手にしてくれませんでしたので、世界に出るしかありませんでした。逆境でも、道は探せばあるものです。