諸井虔の名言

諸井虔のプロフィール

諸井虔、もろい・けん。秩父セメント社長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。14年務めたのち祖父が創業した秩父セメントに入社。秘書、専務、副社長を経て社長。経済同友会副代表幹事

諸井虔の名言 一覧

経営トップは同業他社の動きが気になるものですから、ある企業に改革の成果が表れはじめた、などという記事が新聞に出れば、追随するに違いありません。これは、横並びを改革するための最後の横並びであると、私は思っているんです。


恐れる必要はありません。管理職集団の側も、自己否定をしなければ会社が生き残れないことがわかってきています。そこが大きな変化であり、チャンスです。経営トップが自分の職をかけて強いリーダーシップを発揮すれば、改革はできます。仮に業界のトップ企業の経営者が決断して改革を始めれば、同業他社にも改革の動きは広がっていくでしょう。


トップの決断次第です。日本企業のトップは管理集団の中から選ばれたエリート中のエリートですから、基本的に管理職と同じ体質なんですね。したがって、管理職集団のことを最も大切に思い、彼らの利益を優先して経営のかじ取りを行ってきた。言うなれば、管理職集団の代表のようなものです。逆に言えば、経営者にとって一番気になる存在は管理職集団なんです。


改革はボトムアップでは絶対に成功しません。トップダウンでやるしかない。トップみずからが腹を切る覚悟でやるしかありません。


最悪の事態に遭遇した場合、いくらクヨクヨしても始まらない。起きてしまったことは、元に戻らないのだから、そこを出発点として頑張っていくしかない。さいわい社員が全力投球で頑張ってくれ、ユーザーの方も冷静に対処していただいたおかげで予想の三百億円を大きく下回る六千万円の損で済んだ。


自らの欠点に気付けば、それを乗り越えようとして努力する。だから、欠点が長所にもなるわけである。私なりに欠点を探し出したらなんだろうか。まず、金もうけに徹して何が何でもやるという貪欲さは私にない。これが欠点と言えば欠点だろう。事業家、起業家としては、何か物足りない男になるのではないかと思っている。


諸井虔の経歴・略歴

諸井虔、もろい・けん。秩父セメント社長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。14年務めたのち祖父が創業した秩父セメントに入社。秘書、専務、副社長を経て社長。経済同友会副代表幹事

他の記事も読んでみる

山田満(経営者)

社是であまり難しいことを並べても仕方ない。


シェイクスピア

いま望んでいるものを手にして、何の得があろうか。それは夢、瞬間の出来事、泡のように消えてしまう束の間の喜びでしかない。一週間嘆くとわかっていて、一分間の快楽を買う人がいようか。あるいはおもちゃと引き換えに、永遠の喜びを売る人はいようか。甘さを求めて、ブドウ一粒のために、ブドウの樹を倒してしまう人は、はたしているだろうか。


嶋津良智

できる人を厚遇するのは、給料だけに限りません。人材教育にかけるお金も、上位の人に手中させた方がいい。下位の人を引き上げて全体の質を高めることを底上げといいますが、実はこれはあまり効果が期待できません。たとえば新人にマナー研修で挨拶の仕方を教えても、先輩社員が「ドウモー」とやっていたら、それを真似してしまいます。教育は「屋根上げ」が基本です。同じコストをかけるなら、まず上の人にお金を使い、そのお金をかけた人から、下に教育させる方がいいのです。


加島禎二(加島禎二)

従来の経営や事業の方向性を変えようとすると、たちまち不文律が顔をのぞかせ邪魔をしようとする。では、変化の障害となる不文律に対してどう対処すればよいのか。まず組織の中にどんな不文律が存在しているのかを洗い出す。会社や部門の不文律をみんなで徹底的に出し合ってみるのだ。次にそれらの不文律の中からどれにフォーカスするかを決め、解決する。絞り方のポイントは自分たちの部門の競争力を決定づけている活動だ。


春香クリスティーン

最近でいえば、飛行機に乗ったとき、Wi‐Fiの機内サービスをすぐに試しました。一度試しておけば、どこかの番組でコメントを求められたときに自分の言葉で話せますからね。石原元都知事の百条委員会にも行ってきましたよ。もちろん、プライベートで。


鬼頭周

ソフトバンクは新たなビジネスを考える際に「やってはいけないリストはない」というDNAがあるようです。それはどんな分野にもあてはまります。


澤田貴司

いま、若い人のあいだで転職がブームになっているでしょう。あれ、誰もが罹(かか)る一過性の麻疹(はしか)みたいなものなんじゃないかな。マスコミが「転職は35歳までに」などと煽るから、みんな踊らされて、「20代のあいだに、どこの会社でも通用する即戦力にならなければ」というほうにばかり意識が向いている。でも僕からすれば、「そんなことより、いまの仕事にがむしゃらに取り組め」っていいたいですね。


エリック・シュミット

大事なのはアイディアの間違いを認めすぐに修正すること。


中川悠介

人と同じことはしたくなかった。もともと、1を10にするより0を1にするほうが好きなんです。


齋藤孝(教育学者)

失敗するのが怖いからと70%程度の力で達成できることばかりやっていると、それ以上の力は付かない。潜在能力を含め100%発揮しないと乗り切れないような極限状態を経験することで、人はぐんと伸びる。


野田俊介

上司がすべて把握しているわけではないし、ある領域に対して費やせる時間は部下の方が多い。従って部下の方がしっかり勉強していて当然で、こちらがいろいろ質問をしたら言い返してくるくらいでないと困ります。


鈴木亜久里

今回、F1チームをつくるにあたって、130億円ものお金が集まりました。それは僕の夢に、みんなが共鳴してくれたからこそのものです。これがもし、僕が自分のことしか考えていなかったら、誰も協力してくれなかったでしょう。


田中直樹(ココリコ)

テレビに限らず、どんな仕事もみんなで作っていくものなんですよね。その中で、自分は前に出てぐいぐい引っ張るというより、周りの人を助け、また助けられながら物事を進めていくタイプなのかな、と。最近、そう思うようになりました。


杉村健一

TOEICの目標点数は低いところから始めた方がいいと思います。高い目標点では実力よりはるかに難しい勉強をする必要があるので、つらくなって続きません。「土日の時間を全部勉強に充てる」などと言い出して、2週間程度で挫折するのはこのタイプです。まずは簡単な目標で達成感を味わって勢いをつけましょう。


岩倉信弥

本田(宗一郎)さんには何度も怒鳴られました。でも愛嬌のある人で、どこか憎めない。私は早くに父を亡くしていたんですが、本田さんはちょうど父と同年代だったせいか、本当の親父のような存在だった。褒めてくれることは滅多になかったんですが、褒めるときはとことん褒める。すると、またがんばってみようと、こちらもつい思ってしまう。


ページの先頭へ