名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

諏訪暁彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

諏訪暁彦のプロフィール

諏訪暁彦、すわ・あきひこ。日本のコンサルタント、経営者。技術仲介業、技術コンサルティング会社ナインシグマ・ジャパン社長。米国マサチューセッツ工科大学大学院 材料工学部修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本法人、日本総合研究所などを経て独立。ナインシグマ・ジャパンを設立。米国にも進出し、大手メーカーに対してコンサルティング活動を行っている。

諏訪暁彦の名言 一覧

トップが旗を振っても、慎重に導入を進めなければ、開発現場の抵抗にあってとん挫してしまいます。


社内の関心を高めるためにも、失敗するリスクはあってもインパクトの大きい課題を選び、その中から成功例をつくることがポイントです。


グローバル化の進展に伴って競争の舞台が日本から世界へ広がるなか、海外企業との競争は激しくなる一方です。そうしたなか、自前主義を貫いていては、世界中からアイデアを集める海外勢に太刀打ちするのは難しいでしょう。


研究所の所長や研究開発現場のリーダーたちが高い開発目標を掲げ、それに見合った計画を立てているかどうかを厳しく審査し、その結果を予算配分に反映させることが重要です。十分な予算を獲得できなければ、満足に研究開発を進めることはできません。そのため、メンバーも高い目標を設定するようになります。


数百人、数千人規模の研究者や技術者を抱えているロレアルのような会社が、なぜ自社にない技術を世界中に探し求めるのか。背景には、製品の開発期間が短くなったり、製品開発に必要な技術が複雑になったりして、自社だけの開発では対応できなくなっているからです。


最初はリスクの小さなものから始めて、徐々に対象を広げていこうと考えがちですが、これは間違いです。インパクトの小さな課題で成功しても、注目を集められなければ社内での普及には結びつきません。


日本メーカーのトップには、もともと研究者や技術者だった人が多い。その中には自社開発もしくは国内企業との共同開発の経験しかない人も少なくないはずです。そのためか、海外企業との共同開発にはなかなか目が向かないこともあるでしょう。


製品開発に必要な技術を世界中から探す方法は大きく2つあります。ひとつは、社内に設置した専門チームが探索する方法。もうひとつは社外の仲介会社を利用する方法です。


諏訪暁彦の経歴・略歴

諏訪暁彦、すわ・あきひこ。日本のコンサルタント、経営者。技術仲介業、技術コンサルティング会社ナインシグマ・ジャパン社長。米国マサチューセッツ工科大学大学院 材料工学部修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本法人、日本総合研究所などを経て独立。ナインシグマ・ジャパンを設立。米国にも進出し、大手メーカーに対してコンサルティング活動を行っている。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

「経営が良ければ金はついてくる」というビジネス格言を肝に銘じることだ。私もよく自分に問いかけている。私の会社を精査しようとしている他社が、注目する点はどこだろうか。私の会社とビジネスをしたいと思っているパートナーや投資家が、私の経営チームのメンバーや、チームとしての強さを検証したとしたら、どのような結論を下すだろうか、と。


佐々木常夫

上司を信頼していれば、怒鳴られたって部下はついてくる。信頼関係があれば、何をどう言われようが心に響く。叱るも怒鳴るも大差ない。要は、言葉より「誰に」言われたかの方が大事。


福原正大

私が海外留学したとき、日本を出てはじめて気づいた日本のいいところがたくさんありました。たとえば安全であることや、個人よりも集団を思いやる気持ちは本当に居心地がいいですし、四季にもとづいたきめこまやかな美意識もすばらしい。海外に行った人たちは、海外で暮らすことでそれに気づき、また戻ってきてくれると思います。


倉重英樹

管理職が不要になりつつあるのは時代の要請でもあります。昔の階層型組織は、上から下される命令が絶対で、その枠からはみ出さないように部下を管理するのが上司の役割でした。ところが職場にコンピュータが入ったことで、人が人を管理する必要性が急減しました。部下が成果を出せる環境をいかに作るかの方が重要になったのです。組織が階層型からネットワーク型へ移行するのに伴い、管理職からリーダーへの転換は必要なのです。


川野幸夫

一番気をつけていることは老害にならないこと。これからは若い人たちの時代です。これだけ世の中大きく変化してきますと、昔の体験だけで生きて行けません。お客様の変化はもちろんのこと、競合の状況もどんどん変化していますから、そういうものに対応できるのは若さや頭の柔らかさです。我々は成功体験にとらわれがちですから、若い人たちに考えてもらい、実現してもらうために私たちはバックアップしていきます。


和田一浩

年齢を重ねるごとに変化してきた部分もあります。それは理想と現実の捉え方。若い頃は打つ形も完璧で、全打席ヒットを打って、10割を目指すのが理想だと思っていました。理想が高い分、失敗する自分を許せない。なんで、これだけしかできないんだ、と。そこを、「こんなはずではなかった」と苛立つのではなく、「やるべきことをやって、それでも結果が伴わなければ、これが自分の力だよな」と。起こっている現実を素直に受け入れられるようになってきました。これがいいのか、悪いのかはわからないですけど、僕としてはかなり軽快です。


國光宏尚(国光宏尚)

大切なのは、誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、そして誰よりも早く復活すること。


三木谷浩史

人はビジネスモデルに集まるのではない。大義名分に集まる。


藤田晋

同期の中で賃金に大きな差がつき、待遇が大きく変わるとなれば、当然、そこに嫉妬が生まれてきます。嫉妬をバネにして頑張る人もいれば、「やってられない」といって辞めてしまう人もいるかもしれません。しかし、大きな格差がつくことが日常の風景になってしまえば、実はそれほど問題は生じません。慣れてしまえば「こんなものかな」と思え、逆に「自分にもチャンスが訪れるかもしれない」と、前向きにとらえられるようになるのです。


田中優子(江戸文化研究者)

自分の意見を持って、それを発信して、みずから選び、決定し、行動していく。もちろん、その過程では、他者の自由も尊重しなくてはいけません。自由とはそうした「活動」を伴うものだと思うのです。


山名昌衛

いくら戦略が優れていても、現場に即していない机上の空論ではゲームチェンジもできないし、競争に勝てない。やはり現場をハンズオンで見ているから戦略をつくれる。


佐藤益弘

投資に絶対はありません。利益が出るか、損失を被るかは、いわば確率論。確率を上げる一つの方法は、「分子を増やす」こと。つまり、数多くの経験を積んでいくこと。