名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

諏訪内晶子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

諏訪内晶子のプロフィール

諏訪内晶子、すわない・あきこ。日本のバイオリン奏者。東京出身。桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースを修了。ジュリアード音楽院に留学し、単位交換制度でコロンビア大学で政治思想史を学ぶ。またベルリン大学へも留学した。学生時代から才能を発揮し、全日本学生音楽コンクール小学生の部東日本大会優勝、全日本学生音楽コンクール中学生の部全国大会優勝、日本音楽コンクール優勝。チャイコフスキー国際コンクールで日本人初の優勝、バッハ作品最優秀演奏者賞、チャイコフスキー作品最優秀演奏者賞を受賞。

諏訪内晶子の名言 一覧

幼少時から大切にしてきたのは、「目的をきちんと自覚しながら時間を過ごす習慣を持つなら、何をしても結果はいいものになる」ということです。芸術家の仕事は、3年や4年もあとまでの計画をいまのうちに立てておいて、自分の進む道を自分でつくりあげていく作業ですから。


人生には本当にいろいろなことが起こるけれど、そのいろいろなことを無駄にせず、経験を自分の内面で芸術として成熟させなければなりません。成熟こそが問われていることなのでしょう。


自分の突き詰めたい目標に向けて、状況の変化に合わせた調整を続けていくわけです。3年後や4年後の計画のためには、という視点で今日をどのように過ごすのかを決めていきます。


演奏家にとって大前提になるのは演奏の技術だから、基礎的な訓練についてはまずどのような状況においても続けます。


主張そのものは外国語で伝えるので語学も大切ですけど、そもそも明確な主張がなければ言葉にさえなりません。また、主張できたとしても、私はこれがやりたいのだという焦点がブレていれば、私の音楽に対する考え方が伝わるはずもないんです。


数年後の計画を立てるときに念頭に置いているのは、活動の幅を狭くしないことです。芸術の活動においては活動の幅を狭くすることならどれだけでもやれるけれど、幅を狭くした後にまた広げることは難しいですから。ただし、活動の幅を広げるといっても、活動の内容や方向性についてはあんまり広げすぎないようにしなければなりません。


演奏ツアーの最中である今日のように、演奏会の時期に入れば、もう演奏会のみに集中することのできるような環境を事前につくっておきます。演奏会の直前までならば私は音楽のほかにもいろいろなことをやるけれど、ツアーが始まったら完全に演奏だけに集中しています。ツアーが終われば地に足の付いた生活に帰還するわけです。ツアーの時期は張りつめたハイテンションで過ごしているので、ずっとそのままの状態でもまたよくないのです。


おもしろかったのは、ベルリン大学ではどの楽器の専攻者も歌の授業に出なければならなかったところでした。私の音域はメゾソプラノでしたが、自分の体を楽器にして歌うとなると、もう私の歌はどうしようもないレベルなんです。ただ、その歌の授業では呼吸と音楽の関係であるとか、フレージングの方法論であるとか、楽器を持たずに歌うからこそ「音楽とは何か」を考えさせられました。このとき、ヴァイオリンの一番の特色はそれこそ「歌うこと」であろうと思ったんです。ヴァイオリンは、歌に最も近い楽器なのではないだろうか、と。


日本にいたころはわりと「譜面通りに弾けているなら問題ないだろう」と考えていたけれど、理論や学問に触れると、以前よりも音楽を理解できるようになりました。それに、いま、いろいろな国の人たちと仕事をするときに自分の主張を伝えられているのは、アメリカに留学したからだと思っています。


もう少し若いころは目の前の経験を消化することに一所懸命でしたから、経験を成熟させるなんてことを考える余裕はなかったんですよね。でも、いまはそうして経験を成熟させるところにこそ芸術の素晴らしさを感じています。


ソリストの仕事の理想というのは、共演者たちの音楽観をもつかんで、それを踏まえたうえでこちらの音楽観を乗せて一緒に音楽をつくりあげることなんですね。共演者との相性もあるのでそのようなアンサンブルが成立するときばかりではないですが、そういうセッションを私自身も共演者も心から楽しみにしています。音楽とは、そのように人とつながって深まっていくものなのでしょう。


最近よく考えるのは、音楽とは、突き詰めれば突き詰めるほどに、一生かけてつくりあげていくものなのだということです。


1990年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝した翌年から、私は国内での演奏活動を休止してニューヨークのジュリアード音楽院に留学しています。数年間は日本での音楽活動をすべてやめて、アメリカにおける音楽活動もかなり抑えました。なぜそうした選択をしたのかといえば、もしもここで学問に集中しなければ、これから先に長く続くであろう音楽活動を支えられる何かを獲得できないままになってしまうだろうと自覚したからです。勉強できる時間がある若いうちに、言葉も含めて海外で勉強をと考えていたのです。


諏訪内晶子の経歴・略歴

諏訪内晶子、すわない・あきこ。日本のバイオリン奏者。東京出身。桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースを修了。ジュリアード音楽院に留学し、単位交換制度でコロンビア大学で政治思想史を学ぶ。またベルリン大学へも留学した。学生時代から才能を発揮し、全日本学生音楽コンクール小学生の部東日本大会優勝、全日本学生音楽コンクール中学生の部全国大会優勝、日本音楽コンクール優勝。チャイコフスキー国際コンクールで日本人初の優勝、バッハ作品最優秀演奏者賞、チャイコフスキー作品最優秀演奏者賞を受賞。

他の記事も読んでみる

武田双雲

どうすれば相手が喜ぶかということを突き詰めていくと、必然的に「自分の一番得意なことを提供しよう」というところに行き着くんです。恋愛でも、僕なら心を込めて筆で手紙を書こうとなる。そうやって自分の強みを知って活かせれば、相手にも喜んでもらえるから誇示する必要がなくなるんです。


アルバート・アインシュタイン

何も考えずに権威を敬うことは、真実に対する最大の敵である。


冨山和彦

100mを10秒で走る人のコーチは大変だけれど、30秒で走る人は真面目にやれば15秒くらいになる。当たり前のことをやっていればいいんですよ。


佐藤達郎

案を練って説明・提案するだけでなく、実施する時にどんなリスクがあるか調べたり、その企画が通った時、相手にどんなメリットがあるか予想することも含めて、提案だと考えてください。


高村正彦

父は私にとって尊敬すべき師です。サイパン島が玉砕する直前、内務省国土局総務課長を務めていた父は、物資が不足する窮状を憂慮し、内務相宛てに「救国の決断を」と記した(終戦を促す)上申書を提出するに至りました。その後は、憲兵の尾行がつく生活を余儀なくされています。父の衆院議員としての選挙戦績は2勝5敗、政務次官しか経験していません。しかし父には「信者」と呼べる支持者がいました。12連勝した私には「ファン」はたくさんいましたが、信者がいたとは思えません。今でも父に追いつけたとは思いません。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

僕は社員に「世界を止める習慣を作りましょう」とよく話しています。人間とは、毎日の生活や行動がパターン化してしまえば、そのパターンで動き続けてしまうもの。すると、「こういうものだ」「こうしなければいけない」という呪縛にとらわれます。普段の仕事でも、一度世界を止めれば今何が起きていて、どんな行動パターンがあって、その行動パターンを続けるのか、途中で止めるのか、方向性を変更するかなどと考えられる。言い換えれば「客観視」していろんな角度や距離から考える癖がつけば、「常識を破る力」や「新しい価値を生み出す力」が自然と身につくわけです。


佐々木常夫

チームで仕事をしていれば、後輩や部下がいるでしょう。最初に彼らと「今年、何の仕事をやるか?」を議論して列挙していきます。それを優先順位の高い順番に並べて、上司のところへ行く。「私たちはこのように考えますが、部長はどう思いますか?」すると上司は大抵、別のことを言いますよ。「キミ、これは優先順位が違う。3番目に挙げているのは大した仕事じゃないから10番目に落としなさい。8番目の仕事を3番目に上げなさい。それと、ここに挙げていないけれども、この仕事を入れなさい」とかね。つまり、上司の注文を聞くわけです。それから仕事をスタートすればムダがなくなりますよ。当然です。部下とも上司ともネゴったんだからね。


中村久三

技術者たちの考えが正しければ、そのときは素直に誤りを認めて、正しい方向に修正すればいいのです。指示命令型で「上司に従え」とやると、出てくるアイデアにはどうしても限界があります。


新将命

優秀な秘書がつくと業務は効率化されるが、経営トップは世事に疎(うと)くなる。


野中正人

資材・機能・品質、それにトレンドの面で十分満足いただけるレベルにあり、そのうえで、「にもかかわらず、圧倒的に安い」という形容詞がつくことこそ、しまむらが目指すべきブランドの中身なのです。


高嶌幸広

メリットだけの説明は、全体像がつかめないので、胡散臭く感じるものです。デメリットを隠したい気持ちを抑えて、両面を話すよう努めましょう。


ヨハネ・パウロ・2世

暴力と武器が人間の問題を解決することは決してない。