名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

諏訪内晶子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

諏訪内晶子のプロフィール

諏訪内晶子、すわない・あきこ。日本のバイオリン奏者。東京出身。桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースを修了。ジュリアード音楽院に留学し、単位交換制度でコロンビア大学で政治思想史を学ぶ。またベルリン大学へも留学した。学生時代から才能を発揮し、全日本学生音楽コンクール小学生の部東日本大会優勝、全日本学生音楽コンクール中学生の部全国大会優勝、日本音楽コンクール優勝。チャイコフスキー国際コンクールで日本人初の優勝、バッハ作品最優秀演奏者賞、チャイコフスキー作品最優秀演奏者賞を受賞。

諏訪内晶子の名言 一覧

幼少時から大切にしてきたのは、「目的をきちんと自覚しながら時間を過ごす習慣を持つなら、何をしても結果はいいものになる」ということです。芸術家の仕事は、3年や4年もあとまでの計画をいまのうちに立てておいて、自分の進む道を自分でつくりあげていく作業ですから。


人生には本当にいろいろなことが起こるけれど、そのいろいろなことを無駄にせず、経験を自分の内面で芸術として成熟させなければなりません。成熟こそが問われていることなのでしょう。


自分の突き詰めたい目標に向けて、状況の変化に合わせた調整を続けていくわけです。3年後や4年後の計画のためには、という視点で今日をどのように過ごすのかを決めていきます。


演奏家にとって大前提になるのは演奏の技術だから、基礎的な訓練についてはまずどのような状況においても続けます。


主張そのものは外国語で伝えるので語学も大切ですけど、そもそも明確な主張がなければ言葉にさえなりません。また、主張できたとしても、私はこれがやりたいのだという焦点がブレていれば、私の音楽に対する考え方が伝わるはずもないんです。


数年後の計画を立てるときに念頭に置いているのは、活動の幅を狭くしないことです。芸術の活動においては活動の幅を狭くすることならどれだけでもやれるけれど、幅を狭くした後にまた広げることは難しいですから。ただし、活動の幅を広げるといっても、活動の内容や方向性についてはあんまり広げすぎないようにしなければなりません。


演奏ツアーの最中である今日のように、演奏会の時期に入れば、もう演奏会のみに集中することのできるような環境を事前につくっておきます。演奏会の直前までならば私は音楽のほかにもいろいろなことをやるけれど、ツアーが始まったら完全に演奏だけに集中しています。ツアーが終われば地に足の付いた生活に帰還するわけです。ツアーの時期は張りつめたハイテンションで過ごしているので、ずっとそのままの状態でもまたよくないのです。


おもしろかったのは、ベルリン大学ではどの楽器の専攻者も歌の授業に出なければならなかったところでした。私の音域はメゾソプラノでしたが、自分の体を楽器にして歌うとなると、もう私の歌はどうしようもないレベルなんです。ただ、その歌の授業では呼吸と音楽の関係であるとか、フレージングの方法論であるとか、楽器を持たずに歌うからこそ「音楽とは何か」を考えさせられました。このとき、ヴァイオリンの一番の特色はそれこそ「歌うこと」であろうと思ったんです。ヴァイオリンは、歌に最も近い楽器なのではないだろうか、と。


日本にいたころはわりと「譜面通りに弾けているなら問題ないだろう」と考えていたけれど、理論や学問に触れると、以前よりも音楽を理解できるようになりました。それに、いま、いろいろな国の人たちと仕事をするときに自分の主張を伝えられているのは、アメリカに留学したからだと思っています。


もう少し若いころは目の前の経験を消化することに一所懸命でしたから、経験を成熟させるなんてことを考える余裕はなかったんですよね。でも、いまはそうして経験を成熟させるところにこそ芸術の素晴らしさを感じています。


ソリストの仕事の理想というのは、共演者たちの音楽観をもつかんで、それを踏まえたうえでこちらの音楽観を乗せて一緒に音楽をつくりあげることなんですね。共演者との相性もあるのでそのようなアンサンブルが成立するときばかりではないですが、そういうセッションを私自身も共演者も心から楽しみにしています。音楽とは、そのように人とつながって深まっていくものなのでしょう。


最近よく考えるのは、音楽とは、突き詰めれば突き詰めるほどに、一生かけてつくりあげていくものなのだということです。


1990年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝した翌年から、私は国内での演奏活動を休止してニューヨークのジュリアード音楽院に留学しています。数年間は日本での音楽活動をすべてやめて、アメリカにおける音楽活動もかなり抑えました。なぜそうした選択をしたのかといえば、もしもここで学問に集中しなければ、これから先に長く続くであろう音楽活動を支えられる何かを獲得できないままになってしまうだろうと自覚したからです。勉強できる時間がある若いうちに、言葉も含めて海外で勉強をと考えていたのです。


諏訪内晶子の経歴・略歴

諏訪内晶子、すわない・あきこ。日本のバイオリン奏者。東京出身。桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースを修了。ジュリアード音楽院に留学し、単位交換制度でコロンビア大学で政治思想史を学ぶ。またベルリン大学へも留学した。学生時代から才能を発揮し、全日本学生音楽コンクール小学生の部東日本大会優勝、全日本学生音楽コンクール中学生の部全国大会優勝、日本音楽コンクール優勝。チャイコフスキー国際コンクールで日本人初の優勝、バッハ作品最優秀演奏者賞、チャイコフスキー作品最優秀演奏者賞を受賞。

他の記事も読んでみる

宋文洲

自分は仕事が好きだから残業してベストを尽くすのだという反論もあるかもしれません。しかし、乗っている飛行機が墜落しようというときに、残された時間で家族宛の遺書を書く人はいても、会社宛の遺書を書く人はいません。社員は会社を愛してなどいません。経営者も社員の残業が愛社精神によるものではないことを知るべきでしょう。


張瑞敏

企業として一番難しいのは、成功している現在の仕組みを壊して再建することにあります。


平野敦士カール

社外の人たちと結びついていくには、自分のプラットフォームをつくることです。具体的には異業種交流会や勉強会など、業界を越えて様々な人が集まれる「場」を自分で主催するのです。そうすれば、いままで出会えなかったような人とのネットワークを築くことができ、情報収集や他業種の見方など、さまざまなメリットを得ることができるでしょう。いきなり大きな会を主催するのでなくても、友人が友人を連れてくる数人程度の会を催すだけでも確実に人脈は広がります。


井上慎一(経営者)

私がバカなことを言ってるのを聞いて、社員たちはときどきドン引きしています(笑)。でも、「CEOがこんなバカなことを言ってるんだったら、俺も一つくらい冗談を言っても許されるだろう」と気楽になるらしい。おかげさまで、「よくぞ集まってきたな」と思うユニークでタフな社員たちであふれています。


小山田隆(銀行家)

フィンテックは、銀行のビジネスを大きく変えていくだろう。私は、異業種と競争するという認識ではなく、上手に取り込んでいくべきだと考えている。


山本真司

しばしば人脈作り自体を目的化してしまう人がいますが、ただ知り合うだけでは何の意味もありません。仕事に生かしてこそ、意味があるのです。そのためにも、「今、自分はどんな仕事をしたいのか、それには何が必要か」を、常に明確化しておきましょう。


池井戸潤

物語のリアリティーは、登場人物が現実世界の人間のように動くか否かにかかっている。ある状況が起きた時に、誰がどう動くか。作家はそれだけ考えればいい。


山岡鉄舟

人である以上は、なにびとに限らず人の本分を尽くさねばならない。人間である以上は、他の動物と異なる人間らしい道を歩まねばならない。


四方修

2年目には生野警察署の捜査一課課長を命じられ、刑事になりました。大阪府下でも一番厳しいと言われていた当時の生野警察署長から「生野署は検挙成績が悪い。君は若いから、頑張って検挙成績を上げるように」と命じられました。なぜ成績が悪いのか調べると、月に150件発生していた自転車泥棒の犯人が捕まらないためでした。しかし現場でいくら情報収集しても、尻尾が掴めません。ある日、釣り銭詐欺の男を現行犯逮捕し、取り調べをしました。2日間の取り調べの後、検挙するときに男が言いました。「長年留置場、拘置所、刑務所ばかりで過ごしてきた。刑事さんほど気持ちの温かい方から取り調べを受けたのは初めてです。土産を置いていきます」。彼は自転車泥棒のアジトである麻雀屋を教えてくれ、これが一斉検挙につながりました。


山西健一郎

4年では、任期中に目に見える成果を出そうと無理な経営に走ることはありません。「歴代社長は誰が何をやったか」などと考えないのが三菱電機です。社長の名前は知らないけれど業績はいい。それがいい会社だと思います。


渡辺元智

生徒には人生の師となる人を見つけなさいと伝えています。私が教育者になれたのも、後援者の方をはじめとする恩師たちのおかげですから。


柳生宗矩

われ人に勝つ道は知らず、われに勝つ道を知りたり。