名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

設楽統の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

設楽統のプロフィール

設楽統、したら・おさむ。日本のお笑い芸人、俳優。埼玉県出身。高校卒業後、西武鉄道駅員、フリーター、渡辺正行付き人などを経てお笑いコンビ「バナナマン」を結成。お笑いだけでなく、情報バラエティ司会、テレビドラマ・映画などでも活躍。

設楽統の名言 一覧

僕らの基本はコントですから。(役作りのために行った裁判)傍聴の体験も映画の仕事も、最終的にはコント作りに反映されていくと思います。


映画やドラマの人が日村(勇紀)さんに突飛な役を回す気持ち、よくわかるんですよ。見た目のインパクトはもちろん、やってくれそうという期待感があるから。バナナマンのコントの場合、僕が台本を書くわけですけど、自分にできない役は全部、お任せ。というのも、オレの中で日村さんは書いたものを超えてくれる人だから。一方、僕は素のまんまできる役をやる。まとってるものが、普通なんです。


最初はバッターボックスに立てる機会が少ないから、一回一回で絶対に打つんだって力み過ぎで、悪循環に。その後、「内P(テレビ朝日『内村プロデュース』)」でスベってもいいんだということがわかった。周りのフォローがあって、オンエアでは面白く仕上がっている。それまでは、絶対に自分たちが笑いを取らなければ、ヤバいと思い込んでいたけど。バラエティはみんなで作り上げるものなんだって。場を楽しくやるのが一番。肩の力が抜けて、開き直れた。そっからですよね。へんなこだわりがなくなったとこで、テレビの仕事が増えて。ドラマもやらせてもらって。


父親の知人のツテで渡辺正行さんの付き人になったんです。ただ、最初の1か月は辛かったですね。リーダーはその当時、レギュラー9本に数々のゲスト出演でフル回転。かつ、ゴルフに超ハマっている時期で、多い時で週に5日行くんですよ。仕事前、早朝ゴルフ、仕事帰りのナイトゴルフ。カーナビもない頃だから、全部、事前に行き先を調べて。当然、僕は寝る間がない。高速で居眠りしかけて「!」となったことも何回かありました。2か月目にはもう、「いつ辞めると言おうか……」ばっかり考えていたんですけど、頭の隅のどっかに「ここで辞めたら、お笑いやるきっかけがなくなる」というのがあった。その思いで、耐えているうち、知人から「4人でお笑いやらないか?」と声をかけられたんですよ。


僕はお笑いがずっと好きでしたけど、プロになるというほどの強い気持ちはなくて、一度就職しているんです。高卒で西武鉄道に。でも、半年過ぎた頃かな。鉄道の仕事、一生やるのかなと疑問に思って。19歳。人生に何度かやってくる、自分と向き合って熱くなる時期ですよ。そこで「一度きりの人生だし、仕事も嫌だな」という気持ちが重なって、やめちゃった。ただ、どうしたらお笑い芸人になれるのかがわからない。それで、仕方なく養成所に入ったんです。


設楽統の経歴・略歴

設楽統、したら・おさむ。日本のお笑い芸人、俳優。埼玉県出身。高校卒業後、西武鉄道駅員、フリーター、渡辺正行付き人などを経てお笑いコンビ「バナナマン」を結成。お笑いだけでなく、情報バラエティ司会、テレビドラマ・映画などでも活躍。

他の記事も読んでみる

和仁達也

型にはまらず、いかに有効に使うかを徹底的に考えるのがお金持ちの特徴。一方収入の低い人ほど目的意識がはっきりせず、流されてお金を使う傾向がある。


山梨広一

ありがちだが駄目な提案書の典型とは、それを見たクライアントとの議論が紛糾しないタイプのものです。概念度が高い言葉できれいにまとめてあるだけだったり、「とりあえず、この手順で事業を展開すべきです」といった形で、取り組みのプロセスだけを説明して結論について言及しない提案書というのはあまり議論になりません。具体的なリスクや問題点が見えてこないから、クライアントもつっこんでこないのです。


枡野俊明

人それぞれ、生き方も価値観も違うと言うことを大前提に、相手のいいところを見たつきあいが大事ですが、そのうえで、何も無理してまでつきあうこともない、という精神的な強さも必要です。


布袋寅泰

40代は、娘も生まれて、人生としても大きな転機となった10年でした。そして50歳。ギター1本で海外へ。夢を追うのに遅くはないというか、今こそやるべきじゃないかと思った。


田久保善彦

自分たちはいったい何者で、自分たちのコアになるものは何かということを、きちんと理解しているのが強い会社であり、永続する会社。


二村俊一郎

アメリカ人は引退したあと投資家になって資産運用をしている人が多い。フランス人やイタリア人は、若いころから「早く年金生活に入って、田舎で農家でもやりたいよ」といっていて。実際に引退したら田舎でのんびり暮らしています。これは民族性の違いというほかないでしょう。


稲垣精二

座右の銘は「陽転思考」です。20代の頃に社内研修で教わり、それ以降は繰り返し肝に銘じてきた言葉です。「陽転思考」の字面から、何でも明るく元気で楽観的なことかといえば大違いで、自分が置かれた状況を真摯に受け止め、そのうえでベストを尽くすという意味です。


貫啓二

トップでいるためには、変わり続けるしかない。


嶋田毅

人間は、自分が「こうだ」と思ってしまうと、その思いを裏づけるのに都合のよい情報だけを集めて、他の都合の悪い情報は省いてしまう傾向があります。目に見えていても見ない、あるいは軽視してしまうのです。これは、偏った根拠の一つ、「確証バイアス」です。


高島宏平(髙島宏平)

「分かる」と「できる」の間に、ものすごく大きなギャップがあるもの。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

サッカーでも野球でも、一流選手は自分のスタイルを持ちながらも、監督や戦術によって柔軟にプレイを変えられます。もし「あの監督の下では……」と言い訳してたら、使ってもらえず、技術が落ちていきますよ。


迫本淳一

演劇も映画も人と人との連携で作っていくので、リスクのボラティリティが高い。良い脚本が思った通りに出てくるとは限りませんが、それでも継続して作り続けていかなければ強いチームはできません。