角山剛の名言

角山剛のプロフィール

角山剛、かくやま・たかし。日本の心理学者。新潟出身。立教大学文学部心理学科卒業、立教大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。専門は産業・組織心理学。モチベーション理論、女性のキャリア形成、セクハラ問題、ビジネス倫理意識など、組織に関する研究を行っている。東京国際大学人間社会学部教授、東京未来大学教授、東京未来大学モチベーション研究所所長。その他、産業・組織心理学会会長、日本社会心理学会理事、日本グループ・ダイナミックス学会理事、人材育成学会理事などを務めた。主な著書に『組織・職務と人間行動』『産業・組織心理学ハンドブック』など。

角山剛の名言 一覧

もしあなたが管理職で、なぜか部下がついてきてくれずに空回りしていると悩んでいるなら、ものごとを一人で決めずに部下に相談し、部下を仲間に引き入れ、部下と責任を分かち合えるように変わることが大切です。


長期目標では、途中で達成する自信が薄らぎ、不安を抱くようになります。その結果、新しいことにチャレンジしようとする意欲が弱くなり、現状維持志向が強まります。目標の分割は、このような不安を減らし、現状維持から一歩踏み出すきっかけを与えてくれるのです。


大きな目標を設定すると、目標までの心理的な距離が遠くなりますが、それをいくつかのステップに分けることで心理的な距離を縮め「これならできそうだな」という自信や関心度が高まります。その結果、達成するための考え方や手段を具体的に考えられるようになるのです。


部下をものごとを決める場に参加させることが、決して形だけであってはなりません。部下を巻き込んでも、実際には上司の意向ばかりが一方的に反映されてしまい、当事者の判断や考えが尊重されなければ、不満や失望が高まり、かえって意欲を低下させます。お互いの理解と納得が得られるまで、辛抱強く話し合うことが大切です。


困難な目標に挑戦する場合、一気に達成しようとするよりも、いくつかの小さな目標に分割し、段階を追って達成していく方が、高い業績が得られます。たとえば、一年先に達成すべき目標が120なら、これを3か月ごとに30の目標に分割して達成を目指す方が、結果的に高い業績を得られるということです。


ものごとを決める場に部下を参加させる際に、気を付けなければならないことが3つあります。

  1. 当人がその仕事についてあるレベル以上の知識を持っている。その仕事に不慣れで知識不足の部下がものごとを決める場に参加すると、不安や心理的緊張を与えてしまい、自由な発想を奪ってしまう。
  2. ものごとを決める場に参加させることが、決して形だけであってはならない。
  3. プロジェクトや目標が長期にわたる場合、目標を分割、具体化しなくてはならない。

人は、言われたことを言われたとおりにやるよりも、取り組んでいる仕事に自分の意見や考えが反映され、自分の裁量によって仕事を進める方が意欲が高まります。なぜなら、計画に自ら参加することで目標に対する理解が深まり受け入れやすくなる結果、仕事へのコミットメントが高まるからです。「これは私自身の目標なのだ」と思うからこそ積極的に達成するために努力し、状況が変化しても臨機応変に対応しようとするのです。


基本的なポイントは、「叱る=罰」にとらわれないことです。「あのとき叱ってくれたおかげで成長できた」と、あとから考えて「報酬」と部下が受け取れるように言葉や態度を選ぶことです。よって、叱る際は、感情的にならない、他者と比較しない、不公平にならないといった点を注意すべきです。あまり追い詰めると、窮鼠猫を噛むではありませんが、思わぬ反発や攻撃、いわゆる逆ギレを誘う危険性もありますから、気を付けてください。


あまりに叱る機会が多いということは、叱る側にも原因があると考えられます。ですから部下を戒めるときは、自戒の念を込めることも忘れないようにしてください。


部下とは事前に目標を共有しておくことが必要です。そうしておくことで、部下は叱られた意味も理解しやすくなります。


いわゆるお荷物部下を叱る場合、PDCAを一緒にチェックすれば修正点も見つかりやすいものです。勤務態度が悪い部下なら、若い世代に対する偏見はないかなど、自分にバイアスがかかっていないか確認したうえで、注意を促すべきです。


年上部下に頭ごなしの口調では反発を招くだけです。言葉を選びつつ「あなたの行動で仕事に支障をきたしている」ということや、目標を達成するために修正してほしい内容を伝えることです。冷静に原因と結果を述べれば、年上のプライドもありますから、行動は変えられます。


新人を叱るときは、「なぜ叱られたのか」を明確にすべきです。「ここを直せば自分は伸びる」とわかれば、人は報酬を求めるので、そういった方向に行動します。ただし、なかには対人関係に慣れていない人もいるので、ストレス耐性を見極めつつ、頭ごなしに叱ることは避けた方がいいでしょう。


女性は社内の人間関係が緊密なので、人前で叱ると女性全体に話しが行き渡り、上司に対する心象が悪くなる可能性もあります。既婚者に至っては、ワークライフバランスの中で頑張っているので、そういった点も考慮すべきだと思います。


罰には問題もあり、報酬と異なり知識を提供することではなく、あくまで「抑制」の効果しかないことです。過度な抑制は、さらに望ましくない反応を生む危険性もありますし、罰することで上司や会社を嫌ったり恐れたりさせることもあります。


広辞苑によると、叱るの意味は「(目下の者に対して)声を荒立てて相手の欠点をとがめる。とがめ戒める」とあります。さらにとがめるとは「取り立てて問いただす。責める。非難する」、戒めるは「教え諭して、慎ませる。過ちのないように注意する」という意味です。「叱る」は「怒る」と大差ないようにも見えますが、ここで大事なのは戒める行為で、これにより、職場における不必要な行動を抑えるというのが、叱ることの本当の意味ではないでしょうか。


角山剛の経歴・略歴

角山剛、かくやま・たかし。日本の心理学者。新潟出身。立教大学文学部心理学科卒業、立教大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。専門は産業・組織心理学。モチベーション理論、女性のキャリア形成、セクハラ問題、ビジネス倫理意識など、組織に関する研究を行っている。東京国際大学人間社会学部教授、東京未来大学教授、東京未来大学モチベーション研究所所長。その他、産業・組織心理学会会長、日本社会心理学会理事、日本グループ・ダイナミックス学会理事、人材育成学会理事などを務めた。主な著書に『組織・職務と人間行動』『産業・組織心理学ハンドブック』など。

他の記事も読んでみる

兼元謙任

デジタル技術の発展に伴い、人々のコミュニケーションの希薄化が指摘される昨今、デジタル世界のネット上でも人間同士の「互い助け合い」のコミュニケーションを生み出し、世界中に「ありがとう」を創造していくことが私の使命だ。


永守重信

経営者と社員の士気の高さこそが、企業にとって最大の財産。不安なときこそ、それを思いだした方がいい。


米山公啓

人間の集中力は、約1時間が限度。集中した後には適度な休息が必要ですが、ビジネスマンは何度も休憩を取れないため、1日の後半になるとどうしても脳に疲労がたまってきます。その点では朝が有利といえます。


荒谷卓

至誠館では、頭で理解するだけではなく、武道を通じて心身で学び実践することを大切にしています。心と体を使って精神鍛錬をし、その成果を社会に還元していくことを目指しているのです。


佐藤優

同志社大学の神学部に進むかどうかで、悩んでいたとき、埼玉県浦和高校で倫理を担当していた堀江六郎先生に「神学部じゃ将来食べていけませんよね?」と聞いたら、「佐藤君、本当に好きなことをやっている人で、食べていけていない人を僕は一人も知りません。ただし、本当に好きなことに限られますよ」と。その言葉で僕は同志社大学の神学部に進むことを決めました。


篠塚孝哉

当社では、審査委員会のメンバーが実際に現地に行って「Relux」にふさわしいかどうかを判断する定性的審査と、世の中の口コミデータを収集して分析する定量的審査を行い、心からおすすめできる宿泊施設やプランだけを提供しています。また、電話やメールで希望条件をうかがい、最適な宿泊施設を提案するコンシェルジュサービスも行っています。


藤屋伸二

企業経営に必要なマネジメントの条件を学ぶと、ヒト・モノ・カネの仕組みが分かる。中でも仕事に求められる「認識」「構想」「構築」「運営」の基礎知識を身につければ、組織内での自分の役割や問題の原因を特定でき、仕事の効率改善になる。


中野裕哲

値引きを考えるより、付加価値を上げることを考えるべき。例えば、その商品を使えば悩みごとが解決できるターゲットを考えてアピールするなどです。


高宮勉(髙宮勉)

6事業それぞれに、リージョンプレジデントと呼ぶ責任者を設けた。事業の責任を持たせることで経営感覚を養ってもらいたかったからだ。


桑原豊(経営者)

私は、リーダーシップは部下だけでなく上司に対しても発揮するものだと思っています。上司の指示を受け身でこなすのではなく、こちらから上司を引っ張っていくような働き方です。


村上太一

仕事が趣味みたいなところもありますし、好奇心の赴くままに楽しんでやっています。だから続くのでしょうね。


吉村明彦(経営者)

自分のためじゃなく、皆のために。そう考えると頑張れるし、仕事も面白くなる。


加藤壹康

容易に達成できる甘い目標を立てることは、基本的にありません。達成確実な目標ではなく、より高い目標を設定して、自分の限界を超えて挑戦していかなければなりません。事業会社や部門によって事情は違い、景気動向や市場環境など私たちの活動だけではコントロールできない側面もありますが、全社的には成長ベースで予算を組み、ストレッチ部分を絶えず見込みます。自分たちがどうありたいかというところから逆算することが大切です。


昆政彦

3Mはプロダクトアウトで作り手の論理を優先させる会社ではありません。いわばテクノロジープッシュの会社でして、我々の製品ではなく、技術をお客様にお見せすることによって、「この技術はこういう風に応用できるんじゃないですか」と提案ができたり、お客様からアイデアをいただいたりします。テクノロジープッシュですから、技術者がある程度前面に出て、お客様のニーズ(困りごと)に当社の技術をぶつけるのです。それがイノベーションにつながるアイデアを出すことにつながるんです。実はこれは日本発でして、スリーエムジャパンから米国の本社に採用された考えです。それが今、世界中に広がっているんですね。


高城幸司

営業で数字を負うなら、どうすれば提案型、コンサルティング型の仕事になるかを考えよう。「訪問件数」を競わせるような営業であれば、その会社の未来は暗い。転職もありだ。


ページの先頭へ