観音寺一嵩の名言

観音寺一嵩のプロフィール

観音寺一嵩、かんおんじ・いっこう。日本のコンサルタント。香川県出身。外資系ブックセールス会社ウェブスター社でセールスを担当し、トップセールスとして同社の販売記録を更新した。同社で教育トレーナーとしてセールストレーニングを行った後、紳士婦人服店ミツミネで不動産賃貸借の交渉折衝に20年近く取り組む。その後、中小企業診断士の資格を取得し経営コンサルタントとして独立。著書に『絶妙な「交渉」の技術』『戦略的交渉力―交渉プロフェッショナル養成講座(共著)』など。

観音寺一嵩の名言 一覧

初対面で相手を認知し、3秒以内に自分から、にっこりとした笑顔で話しかけるのがポイントです。そのときの話題は天気や気温といった時候の話題や出身地、出身校など、ラポール(信頼関係)づくりに役立つものがいいでしょう。盛り上がりそうな話題が見つかったら、そこから話を展開していくのです。


講演を頼まれて「講演料はどのくらいが希望ですか」と尋ねられたら、多くの日本人は「5万円くらいです」と自分から金額を提示してしまう。そうではなくて、「ご予算はどのくらいですか」と、相手に聞き返してみる。そこで「10万まではOKです」ときたらそれに乗ればいいし「3万円です」ときたら「えーっ」と大げさに驚く。欧米人がよく使う交渉事では必須のテクニックです。そこで相手が「では5万円ではどうですか?」と言ってくるでしょうから、そこから本式の交渉をはじめればいいのです。


世話になった人から押し付けられた無理難題を断るときは、会社の方針とか、その場にいない上司などを理由に依頼を断るといいでしょう。たとえば「この規模の案件だと本部長に相談する必要があるので、明日まで待ってもらえますか」といったん告げて、翌日、「申し訳ありません。本部長に相談したのですが、その条件ではちょっと呑めないという結論になりました。お力になれなくて大変残念です」とやるのです。もちろん、本部長に相談はしなくていいのです。一晩くらい寝かせて、自分も努力したことをわからせる方がいいのです。


相手が誤解して怒っているとき、相手の主張に同意しなくてもいいけれど、同調はすべきなんです。「おたくの商品で遊んでいて、子供が怪我したんだよ」とねじ込んできた人に対して「ああ、そうですか。いつごろですか」と機械的に対応したら、その人はおそらくキレるでしょう。そうではなくて、「ええっ!どうしたんですか?」と、子供の身を案じている相手の気持ちに同調するんです。それだけで、相手の怒りは半分になります。そこから、こちらの言い分も展開していくといいでしょう。


相手の怒りを鎮めてから誤解を解いていくべきです。そのためには、最初は余計なことは言わず、まずひたすら謝った方がいいでしょう。


交渉もコミュニケーションの一種ですから、笑顔が大切なんです。スマイル・イズ・パワーです。「ごめんなさい。私その方面の知識にすごく疎いんですよ」と笑って教えを請う。これが一番ですよ。


観音寺一嵩の経歴・略歴

観音寺一嵩、かんおんじ・いっこう。日本のコンサルタント。香川県出身。外資系ブックセールス会社ウェブスター社でセールスを担当し、トップセールスとして同社の販売記録を更新した。同社で教育トレーナーとしてセールストレーニングを行った後、紳士婦人服店ミツミネで不動産賃貸借の交渉折衝に20年近く取り組む。その後、中小企業診断士の資格を取得し経営コンサルタントとして独立。著書に『絶妙な「交渉」の技術』『戦略的交渉力―交渉プロフェッショナル養成講座(共著)』など。

他の記事も読んでみる

阿多親市

私は現在、直属の部下である9人の執行役員と毎月、個別面談を行っています。部下の数が10人未満であれば、1時間ずつ個別面談したとしても、毎月の執務時間の5%程度を割くだけで済みます。現実的にも、このくらいのバランスが適切なのではないでしょうか。


東出浩教

人の資質や適性は、7割以上の部分が後天的に作られると言われています。リーダーシップについても、基本的なセオリーとコミュニケーションのスキルを学び、それらを実際に使ってみて、振り返りをする習慣を続ければ、自分で育てることが可能です。


藤井佐和子

同僚は上下関係がない分、頼みごとをしにくい側面があるかもしれません。たとえば、仕事の納期が近く焦っているときに、隣の席の同僚が暇そうにしていたら、「暇そうに見えても実は忙しいかもしれない」と相手の都合を考慮したうえで、自分が困っている状況と、手伝ってもらえると助かることをストレートに伝えます。そうすれば、同僚の方でも素直に手を貸す気になってくれるでしょう。もちろん、普段から友好な関係を築いておくことが大切です。


泉谷直木

共鳴してくれるかというのは、やはり自分の思い、深さいかんだし、思考の広さがあるかとうか。


鉢嶺登

移動時間によく本を読みます。「うちだったら、どうするだろう?」と考えながら読むことが多い。


古森重隆

経営は「いま何が起きているのか」「何が起きつつあるのか」を数字に落とし込む必要がある。衰退する事業の売り上げはどれくらい減るのか、増えると見込まれる事業や新事業はどれほどの売り上げ、利益になるのかを数字で示す。


渡邊明督

上司は部下を育てることが求められます。大事なことはある程度のレベルに部下が達したら、仕事を思い切って任せること。その際、部下が失敗してもフォローできる範囲で任せることがポイントです。


船津康次

リクルートへの入社は偶然でした。大学時代にプロとしてバンド活動を始め、卒業をあえて延ばして全国を回っていました。会社に就職することは全く考えませんでした。そのバンドが28歳のとき突然、解散することに。人生最大のショックでした。同時に収入源もなくなり、すでに結婚していたので生活に困りました。ある日、新聞でたまたまリクルートの中途採用の告知を見かけ、応募しました。無事採用され、学生時代からずっと過ごした札幌市を離れました。東京で30歳手前のとうが立った新人のビジネス人生が始まりした。


猪瀬直樹

どんなにひどい失敗をしたところで、明日が来なくなるわけではありません。今日の負けは、明日に取り戻すことも可能です。にもかかわらず、一度負けただけで試合を放棄してしまったら、黒星を重ねていくだけ。大切なのは試合を続けることであり、一敗や二敗でうろたえてはいけないのです。


板倉芳明

情報化社会では売り手と買い手が同じ情報を同時に入手できるのだから、売り手が勉強を怠れば商売人の資格を失ったも同然になる。


濱田秀彦

上司と部下は、8勝2敗くらいの関係がちょうどいい。演技でもいいので、「なるほどね、君の言うとおりだ」と、ときには部下の意見を肯定してあげてください。


コシノジュンコ

はじめは福島の伝統工芸を世界に発信する「フクシマ」ブランドを作るプロジェクトでしたが、ブランドありきではなく、伝統の技術を生かし、そこにデザインをプラスすることで、新しい感性の民芸品が出来上がってきました。これからも会津木綿を使った若手デザイナーによるコンペなど、伝統工芸とデザインのコラボレーションを進め、福島の人たちを支援していきます。


冨山和彦

企業が大ばくちを打つために必要な条件のひとつは、ワンマン経営であることです。ワンマン経営は松下幸之助や盛田昭夫といった創業者の時代で終わっている。今のように熟議を尽くし、ボトムアップで物事を決める日本企業には、基本的に向いていない。日本の電機メーカーは、パワーゲームではノーチャンスです。


伊藤直彦

会社のために仕事をしているなどと考えなくてよい。仕事を通して自己を成長させていってほしい。自己の成長こそ人生の目標ではないだろうか。


小林栄三

どんな事業にも失敗は付きもの。しかし、成功が幸運や偶然によってもたらされることがあるのと違い、失敗には必ず理由がある。だから敗因を正しく分析すれば、それは次のチャレンジにつながる。


ページの先頭へ