名言DB

9490 人 / 112001 名言

見田村元宣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

見田村元宣のプロフィール

見田村元宣、みたむら・もとのぶ。日本の税理士。日本中央会計事務所代表。早稲田大学卒。インターネットマーケティングにも詳しい経営コンサルタント。主な著書に『あの社長の羽振りがいいのにはワケがある』『朝9時までの超仕事術』『かわいい決算書』ほか。

見田村元宣の名言 一覧

ギブアンドテイクではありません。ギブギブギブなのです。その結果、どこかのタイミングでテイクになるのです。そこまでギブを続けなければなりません。ギブを続けて、相手が「安堵(アンド)」したら、テイクになるのです。


早起きの習慣化は、できれば夏に始めたほうがいい。冬は寒くてキツイですから(笑)。それと何をするか決めておいたほうがいい。私の場合は早起きしてメルマガやブログなどを書くという目的がありましたから。


成功者には早起きが多いという話があるんです。とくにアメリカの成功者の方のなかには早起きが多い。私も成功者を目指してますから、とりあえず早起きをやってみようと思いまして。それがきっかけです(笑)。
【覚え書き|朝4時起床の習慣を始めたきっかけについて】


4時に起きて会社に着くのは6時過ぎ。社員の出社はだいたい9時くらい。当然その3時間は電話も鳴らないし、誰からも声を掛けられない。ブログやメルマガで人脈が広がったのにもじつは朝を利用したことが勝因なんです。というのもブログの更新、メルマガの配信は朝の7時まですることが成功のカギ。ブログ、メルマガの読者は出勤してすぐにパソコンを開き、メールチェックをするので朝7時までに更新することが重要なんです。毎日、同じ時間帯に更新していることで、読者との信頼関係も成り立ちますしね。


見田村元宣の経歴・略歴

見田村元宣、みたむら・もとのぶ。日本の税理士。日本中央会計事務所代表。早稲田大学卒。インターネットマーケティングにも詳しい経営コンサルタント。主な著書に『あの社長の羽振りがいいのにはワケがある』『朝9時までの超仕事術』『かわいい決算書』ほか。

他の記事も読んでみる

久水宏之

利益という結果に目を奪われ、利益の源泉を耕すことを怠れば、未来は危うくなる。利益の源泉は顧客や社会の満足であり、それに役立つことに生きがいを感じる社員たちの意欲だろう。


山崎直子

仲間の宇宙飛行士やインストラクター、管制官や家族など、いろんな人の存在も大きかったのです。一人だったらやめようと思ったあっても、みんながいたからこそ続けることができました。


前川洋一郎

適材を育て適機に承継しないと、繁盛すればするほどあとの舵取りが難しくなる。


内藤誼人

人間関係のトラブルは、どちらかが100%悪いということはあり得ません。こちらにも必ず何か原因があります。


鵜澤静

人間の思考形態は、「あのときこうやって成功したから、またうまくいきそうだ」とか「我々はずっとこうやってきたのだから、それをやめる必要はない」という過去の事例にとらわれがちだ。しかも日本企業の経営者は、外部から迎えられることはあまりなく、社内でもとくに成功体験の多い人が社長になることがほとんどである。したがって、まず経営者自身から自己改革していくことが必要なのだ。


カルロス・ゴーン

自分がまだ若い場合、赴任して最初にすべきことは人間関係をつくり上げることです。部下の人たちと一緒に過ごすことによって、自分のことをわかってもらい、交流を深め、その管理職たちが直面している問題と、それをどうやって解決しようとしているか、そのやり方を知る必要があります。一番大切なのはチームを作ることです。


アラン(哲学者)

誰だって強いられた仕事は好きではない。好きでやっている仕事は楽しみであり、もっと言えば幸福である。


山田昇(ヤマダ電機)

誰に師事されたんですかとよく聞かれますが、そういう人はいません。ただ、あえて言えば、起業前の10年間を過ごさせてもらった日本ビクターで企業人としての考え方を学ばせてもらいました。日本ビクターの前橋工場はビデオの主力で、優秀な人材もいましたし、いい経験をさせてもらった。その経験はいまも生きています。私が就職した頃は白黒テレビの時代ですが、ラインで製品をつくったり品質管理をやったり経営の発想も学ばせてもらいました。


新渡戸稲造

籠城主義もいいが、それは手段であって目的ではない。寄宿舎の窓を開いてもっと世の中に接し、社会的観念を養成して実社会に活動できる素地をつくれ。
【覚書き|一高の校長時代の発言。生徒たちに語った言葉】


川鍋一朗

我々の間でタクシーの色が黄色だ、緑だと戦っている場合ではなく、タクシーの正当性を世の中に訴えていく段階です。ウーバーのようなライドシェアとタクシー、どちらがいいのかというビジネスモデルの戦いだと思うんですね。「タクシーは派手じゃないけどいいよね」と言ってもらえるような価値を作っていきたいと思います。


三ツ井創太郎

スタッフを教育する立場のリーダーには、分かりやすく説明する為に「宣教師のフランシスコ・ザビエルみたいになりなさい」と話しています。異国の地に行って、外国語で布教活動するって難しいことですよね。人を育て、会社の理念を浸透させるのは同じくらい難しいことです。


藤田晋

ベテラン社員は「自分のやり方」にこだわる傾向がある。これは「新しいこと」をする時に足かせになる。