名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

見田村元宣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

見田村元宣のプロフィール

見田村元宣、みたむら・もとのぶ。日本の税理士。日本中央会計事務所代表。早稲田大学卒。インターネットマーケティングにも詳しい経営コンサルタント。主な著書に『あの社長の羽振りがいいのにはワケがある』『朝9時までの超仕事術』『かわいい決算書』ほか。

見田村元宣の名言 一覧

ギブアンドテイクではありません。ギブギブギブなのです。その結果、どこかのタイミングでテイクになるのです。そこまでギブを続けなければなりません。ギブを続けて、相手が「安堵(アンド)」したら、テイクになるのです。


早起きの習慣化は、できれば夏に始めたほうがいい。冬は寒くてキツイですから(笑)。それと何をするか決めておいたほうがいい。私の場合は早起きしてメルマガやブログなどを書くという目的がありましたから。


成功者には早起きが多いという話があるんです。とくにアメリカの成功者の方のなかには早起きが多い。私も成功者を目指してますから、とりあえず早起きをやってみようと思いまして。それがきっかけです(笑)。
【覚え書き|朝4時起床の習慣を始めたきっかけについて】


4時に起きて会社に着くのは6時過ぎ。社員の出社はだいたい9時くらい。当然その3時間は電話も鳴らないし、誰からも声を掛けられない。ブログやメルマガで人脈が広がったのにもじつは朝を利用したことが勝因なんです。というのもブログの更新、メルマガの配信は朝の7時まですることが成功のカギ。ブログ、メルマガの読者は出勤してすぐにパソコンを開き、メールチェックをするので朝7時までに更新することが重要なんです。毎日、同じ時間帯に更新していることで、読者との信頼関係も成り立ちますしね。


見田村元宣の経歴・略歴

見田村元宣、みたむら・もとのぶ。日本の税理士。日本中央会計事務所代表。早稲田大学卒。インターネットマーケティングにも詳しい経営コンサルタント。主な著書に『あの社長の羽振りがいいのにはワケがある』『朝9時までの超仕事術』『かわいい決算書』ほか。

他の記事も読んでみる

吉井雄一

今はネットでも何でも買える時代です。だからこそ、「ここに来て」買うことに意味がある。どういうスタッフがいて、どういう空気感で、どういうものが目に飛び込んでくるかというのがすごく重要なんです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

人生は、不成功のまま終わることはありません。そもそも、人生に失敗などないのです。誰にも、人生の部分的な失敗はつきものです。しかし、そうした失敗は、人生全体をもっと強く完璧にするために、自分の弱さや未熟さが、一連のできごとと関係して引き起こしているものだと考えるべきでしょう。


川上量生

ニコニコ動画に投稿された動画は様々ですが、一様に動画上に流れるコメントを通じてユーザー同士が盛り上がっています。ニコ動の名前以上に、じつに「人間臭さ」を感じさせるサイトになっている。その「人間っぽさ」が、支持されている大きな理由かもしれませんね。だって、グーグルをはじめネット業界の主流は「できるだけ機械にやらせて人の手間をかけない」ビジネスモデル。だからうちは「やっぱり人間の顔をみよう」と。でも、皆が人間の顔を見てビジネスをしていたら、僕は機械を見るでしょうけど(笑)。


辻野晃一郎

私の場合、ある一定の場所にい続けて、居心地のよさを感じると、「これは危険だな」と思う性格です。いいポジションに就いて、給料もよく、何不自由ない状況になると、この生活を早く打ち切って、次のチャレンジに進まないといけないと思ってしまう。もし私が強い心を育んできたというなら、このようにつねにリスクを取って、次のステージに挑戦する生き方を選んできたからかもしれません。


フランシス・ベーコン

真の友をもてないのはまったく惨めな孤独である。友人が無ければ世界は荒野に過ぎない。


新美春之

危機感の共有と、ペシミズム(悲観主義)の蔓延はまったく違うものです。日本について悲観的なことを言う人は多いけれど、では、あなたはどの国に住むのですかと尋ねてみたい。おそらく大多数はこの国に住むという前提でものを言っています。甘えなんです。危機をバネにして次の局面に挑むか、ペシミズムに浸り続けるか、日本の行方は、我々自身の決意にかかっているのではないでしょうか。


松田洋祐

我々には高品質なコンテンツを提供してきたDNAがある。これを守りつつ、変えるべきものを変えることで、この激変をチャンスにできると確信している。


枡野俊明

心の疲れを取り除き、気力を充実させるには、私たち禅僧の修行が参考になると思います。規則正しい生活を送り、姿勢と呼吸を整えるのです。禅僧は、起床から就寝まで毎日決まった生活を送っています。朝早くから掃除で身体を動かし、読経で大きな声を出し、腹式呼吸を繰り返します。腹八分で満腹になるまで食べることはありません。野菜中心の食事ですから、肌がきめ細かくツヤツヤしています。


潮田洋一郎

事業を継承した当初は、やりにくかった部分もありました。新日軽とサンウェーブのときも大反対されて、父(創業者:潮田健次郎氏)と激論を交わしました。同業者をM&Aしても、売上高が減ったら経費が増えるだけというのが反対理由でした。私は売上高は減らないと思い、実際減りませんでした。結局、父がなくなる数か月前、父の引退時に比べて株価は倍になりました。それで評価が変わりましてね。「この路線でいけ」と(笑)。会社の株価と業績がすべての人でしたから。


川越達也

僕は自分の仕事によって世の中がよくなればいいと思っています。身の周りであれこれと言ってくる人というのは、世の中全体からみればごくごく一部ですよ。そう考えると、何か言われるかも、という場面でも「かかってこいよ」と思える(笑)。世の中の役に立つ仕事をするという視点があれば、勇気をもって自分の考えを話せます。


神谷一雄

遺伝的なものはどうにもならない、という向きもありますが、私は祖父も父も癌で亡くしましたが祖父と父の亡くなった歳を超える年齢になっています。癌の遺伝的な要素も、自分の努力で、それが表に出てこなくなるのではないかと思います。


志太勤

今は人のモノを借りないで商売をする時代。家賃を払わないで商売するんです。当社の給食事業の半分以上は管理費をもらって商売しているんです。企業でも学校でもうちが家賃を払うのではなく、管理費をもらっている。つまり、ご利用者様からいただく代金は食材費相当額のみで、運営に要する人件費や経費、利益の相当額をクライアント(委託先法人)様からいただく方式です。