西野精治の名言

西野精治のプロフィール

西野精治、にしの・せいじ。日本の医師、医学博士。「スタンフォード大学医学部精神科」教授。大阪府出身。大阪医科大学卒業。スタンフォード睡眠・生体リズム研究所所長、スタンフォード大学精神科教授、一般社団法人良質睡眠研究機構代表理事を務めた。

西野精治の名言 一覧

脳の眠りのスイッチは「なるべく単調な状態をつくること」。いつも同じ時間に、同じパジャマで寝る、などのルーティンをつくることも有効。


ヒトはだいたい午後2時頃に眠気に襲われることがわかっています。当然、作業効率も落ちるわけですが、ある実験では20分程度の仮眠でも脳のミスが減ることが証明されている。外資系のグーグルやナイキなどでは昼寝が推奨されています。


深部体温は上がった分、大きく下がろうとする性質があります。40度のお湯に15分つかると深部体温は約0.5度上がり、90分かけて元の体温に戻った後、そこからさらに下がります。すると皮膚温度との差が縮まり、入眠・熟睡しやすくなる。寝る時間の90分前までに入浴を済ませることが重要です。


次の日に早く起きなければいけないときは、その分早く寝ようとする人が多いと思いますが、脳は通常寝る時間の直前から2時間くらい前がもっとも眠りにくいと言われています。いつもどおりの時間に寝て、睡眠時間をその分削るほうが質のいい睡眠になります。


限られた時間でも、睡眠の質を高めることで日中のパフォーマンスを高められる。鍵となるのは、眠りのゴールデンタイムである寝ついた直後の90分です。このとき、アンチエイジング効果もあるとされる「成長ホルモン」の約8割が分泌され、自律神経の調整や記憶の定着も行われます。だから深夜に仕事をするときは、眠気があるならまずは寝て、黄金の90分後の最初のレム睡眠のタイミングで起きて作業したほうがはかどります。


西野精治の経歴・略歴

西野精治、にしの・せいじ。日本の医師、医学博士。「スタンフォード大学医学部精神科」教授。大阪府出身。大阪医科大学卒業。スタンフォード睡眠・生体リズム研究所所長、スタンフォード大学精神科教授、一般社団法人良質睡眠研究機構代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

スティーブ・ジョブズ

世の中には、あの大学はすごいとか、あの職業は偉いというようなラベリングがいろいろあるが、それらは先人がつくった人工物にすぎず、従う必要はない。


柴田励司

たとえば、英語でプレゼンをできるようになりたいと思っているとしましょう。そのために勉強をする。そのときに、ある程度実力がつき、自信がついたら、実際に英語でのプレゼンに挑戦しよう、と考える人が多い。しかし、それでは一生自信はつかないと思います。自信はあとからついてくるのです。まずはやってしまうこと。いつまでも本を読んだり、準備ばかりしているのは、言い訳のように思えてしまいます。


ウルリッヒ・シュピースホーファー

破壊的な競合に関しては、自分たちも破壊的であろうと常に意識しています。異業種からの参入も想定しながら、お客様の要求や市場の先行きに対処するには何が必要か、事業領域を考えた時にABBの中に既に強みがあるものについては、自社で手掛けますし、他社でその事業領域をやっているところが全くなければ、ABBが投資して一からつくることもあるでしょう。しかし適切な能力を保有する企業が既にあった場合、チームを組むのも選択肢として視野に入れています。


唐池恒二

国鉄時代、九州に約2万7000人いた社員はJR九州発足時には約1万5000人に減り、鉄道から離れることになった仲間は数千人もいた。つまり私たちは実質的に、倒産と同じ経験をしたのです。その無念さや悔しさ、そして本州3社に追いつくんだという意地に加え、大赤字なのに収益事業がないという事実に対する危機感を原動力にしてきました。


澤上篤人

企業は一体何のために存在するのか? 事業を興し、社会や経済に富を創出した結果として、報酬をいただくといったところだろう。そこで大事なのが、富を創出するという一点である。富といっても最終利益、つまり金銭的リターンだけではない。雇用を増やし、研究開発や設備増強の投資を積極的に進め、賃借料や利子を支払うのも、また税金を納めるのも、全て富の創出に入ってくる。これらを合わせて付加価値という。この「付加価値をどれだけ高めているか」が、我々長期投資家から見た投資価値の高まりである。どれだけ最終利益を積み上げるかだけではないのだ。企業がどれだけ付加価値を高めようとしているかの分析こそが、5年先10年先の投資価値の高まりの読みでもあるのだ。


上田哲則

現場が本社の指示待ち状態でいれば、変化の激しいマーケットで置いてきぼりを食ってしまう。重要なのは、それぞれの地域の責任者が市場の実情を踏まえた一手を講じること。


前田新造

これまでの販売ノルマを撤廃したり、お客様の評価を取り入れたりということになると、当然売上が落ちることも考えられます。しかし、売上が一時落ちても構わない、というコミットメントをトップが示さなければ、BC(美容部員)は目先の数字に追われ続けるだけです。また、いくら「解は店頭にあり」といったところで、販売第一線の努力に頼るだけでは学習する組織は作れません。


ジェフリー・フェファー

新しいつながりを手にしようと思うなら、誰一人として知り合いがいないような集まり、普段は関心がない分野の会合などに顔を出すことだ。日本には仕事の後に同僚と飲みに行く風習があると聞いているが、それを社外の人との飲みに切り替えるだけで大きく変わる。新しい出会いの中にこそ新しい学びやネットワークがあるのだ。


林田英治

競争を勝ち残るためにも、お客様と一緒になって開発に取り組む。これが重要。


高城幸司

大前提として、交渉では駆け引きはしない方がいい。一番やってはいけないことは、150万円で提案した商品を、アイミツ(相見積)に応じて、すぐに120万円に値引きすることです。契約が欲しいからといって、単純な値引きを提案すれば、交渉相手に「なぜ最初から120万円にしなかったのか」と思われ、信頼を失ってしまいます。


嶋浩一郎

相手の心をつかみ、イエスと言わせたいなら言葉ひとつにも注意を払うべきです。やってはいけないのが、ひとりよがりの言葉を羅列することです。内容に自信があるときほど陥りがちですが、ここで重要なのは相手に合わせた言葉選びです。どんどん新しいことを取り入れたいと思っている人もいれば、現状維持で十分と考える人もいます。後者の人に対して斬新な言葉を散りばめた提案書を見せても通らないのは当然でしょう。


宮沢文彦

大半の100年企業は不動産による賃料収入を得ることで生き残ってきた。バブル崩壊を体験した日本では「不動産」と聞くと、どうしても投機的なリターンを求める危険な事業というマイナスなイメージが残っています。しかし、東京の不動産こそが、会社が危機に瀕したときに、会社の危機を救うための大きな武器になるの。


村木厚子

割り切ってお金を使うこともワークライフバランスのコツです。例えば、お金がかかっても時間が短縮できるならタクシーを使う。「お金で時間を買う」、そう割り切って時間を捻出してきました。


木村尚義

問題を解決しようとするとき、多くの人は、現場をさらによく見ようとします。あるいは、競合他社など、関係の深い例を参考にしようとします。しかし、ときにはちょっと仕事を休んで現場から離れてみたり、まったくの別業種を見たりすることで、発想の転換が可能になります。これが無駄の効用です。


宗次徳二

店舗を巡回するときは、私はクルマの中で社員やメイト(アルバイト)さんの名簿に目を通してから店に入ることにしています。名簿には社員さんの顔写真や入社日が記載されています。それを確認してから声をかけるのと、名前もわからず「おい、キミ」と呼びかけるのでは、やはり受け止め方が違う。社員としては当然名前で呼ばれた方が嬉しいですよね。


ページの先頭へ