名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西郷隆盛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西郷隆盛のプロフィール

西郷隆盛、さいごう・たかもり。幕末から明治初期にかけて活躍した日本の武士、軍人、政治家。薩摩藩士。最終階級は陸軍大将。戊辰戦争などで活躍し、倒幕の中心的な役割を担った人物。戦後、岩倉具視の留守を任され府県統廃合、陸軍・海軍省設置、学制制定、太陽暦の採用徴兵令などを行った。その後、朝鮮使節に関するいざこざで下野する。廃刀令と知行地の廃止にともない発生した鹿児島県士族の反乱、西南戦争にて首謀者として最期を遂げる

西郷隆盛の名言 一覧

どんなに仕事や計画が上手く進んでいても決して謙虚さを忘れてはならない。


徳盛んなるは官を盛んにし、功盛んなるは賞を盛んにする。
【覚書き:徳のある人に地位を与え、功績がある人には褒賞を与えろという意味の言葉】


間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるようなもので、意味がないことである。


幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。


志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志を曲げて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする。


人を相手とせず天を相手とせよ。天を相手として己を尽くし、人をとがめず、我が誠の足らざることを尋ぬべし。


およそ思慮は平生、黙座静思の際においてすべし。


総じて人は己に勝つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ。よく古今の人物を見よ。事業を創起するする人、大抵十に七・八まではよく成し得れども、残りふたつを終るまで成し得る人の希なるは、始めはよく己を慎み、事をも敬するゆえ功も立ち名も顕るるなり。


功立ち名顕るるにしたがい、いつしか自らを愛する心起こり、恐懼戒慎(きょうくかいしん=恐縮し言動を慎むこと)の意、緩み、驕矜(きょうきょう=おごりたかぶること)の気、しばらく長じ、その成し得たる事業をたのみ、いやしくも我が事をし遂げんとまずき仕事に陥り、終に敗るるものにて、みな自ら招くなり。ゆえに己に勝ちて、見ず聞かざるところに戒慎するものなり。


道は天地自然の未知なる故、講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修する克己をもって終始せよ。己に勝つ極功は「意なし、必なし、固なし、我なし」と云えり。


西郷隆盛の経歴・略歴

西郷隆盛、さいごう・たかもり。幕末から明治初期にかけて活躍した日本の武士、軍人、政治家。薩摩藩士。最終階級は陸軍大将。戊辰戦争などで活躍し、倒幕の中心的な役割を担った人物。戦後、岩倉具視の留守を任され府県統廃合、陸軍・海軍省設置、学制制定、太陽暦の採用徴兵令などを行った。その後、朝鮮使節に関するいざこざで下野する。廃刀令と知行地の廃止にともない発生した鹿児島県士族の反乱、西南戦争にて首謀者として最期を遂げる

他の記事も読んでみる

大江英樹

二次会を断って嫌な顔をされるのであれば、「子どもが熱を出した」「仕事が残っている」などと多少嘘をついても構いません。それを繰り返すうちに、次第に周りからは「二次会には行かない人」と認識されます。


小澤征爾

先生が病気で死ぬことをみんな知っているから、みんな泣きながら弾いているの心の中で。全員が先生の手を見つけているから、信じられないくらい音がぴったり合っているの。僕は今でもそのテープを持ち歩いて、先生のことを思い出すたびにそれをかけるんだけどね。聞いているうちに涙が出てくるんだ。
【覚書き|上記の「先生」とは恩師、桐朋学園創立者の斎藤秀雄のこと】


宮内義彦

若い時代は、貴重な時間です。日々をムダにせず、大事に生きてほしい。


佐々木かをり

私たち一人ひとりが、自分の人生の主役となって、主体的に行動管理をすることがとても大切。


田中仁(経営者)

真剣に考え抜いた決断をしたからこそ「こうすればいいのか」というコツを掴める。すると、次に大きな決断をするときに、また振り切ってヒットする確率が高くなる。勝負を重ねるごとに、経験値が上がるので、どんどん決断力は磨かれていく。


小路明善

ビール業界だけを見ていたら、斬新な切り口に気付かぬまま、他社より少しいいものを出せばいいという発想になってしまう。


今里広記

約束したことは必ず果たす。徹底して誠実であれ。人の面倒をみるならとことんみろ。


鎌原正直

たとえ苦しくとも、挑戦できる課題があるからこそ、人も企業も成長していける。


茂木健一郎

「隣の芝は青く見える」という。他人を羨ましく思うことが、明日への活力につながることもあるし、国全体としての経済成長を促すこともあるだろう。しかし、それがいきすぎると、こだわりや執着を生む。何よりも日々の生活が、「いつか幸せ」になるためのプロセス、手段になってしまう。


新美春之

社員に「意見を出してくれ」と言ったって出てきません。言葉で言われなきゃわからないじゃ駄目なんです。頻繁に現場に言って対話の中から吸収したことを役員が意見交換する。そうしないと自分の教育にもならない。組織のリーダー選びにも通じます。一点の素心を持った人が、じっと見ることが大事です。一点の素心とはつまり、自分以外のことを考える気持ちの余裕があるかどうかです。


草刈貴弘

ニュースなどでは、「地政学的リスクが意識され投資家が売買に動けない」などといったことが言われたりします。もちろん不確実性が高まっている点ではリスクと言えますが、見方を変えれば安値で買う大きなチャンスでもあります。我々のような長期投資家は、ある意味でそういう時を待っています。


岩田彰一郎

私はITによる大革命というか、デジタル革命が起こってくるだろうと想定していました。個人向けのeコマース「LOHACO(ロハコ)」を始めました。eコマースの世界ではB(企業)もC(個人)も関係なくなってしまう。当時のBtoBの市場は約15兆円、個人向けの市場は約135兆円と言われていましたから、やはりCの市場で大きくなる必要がありました。アマゾンは日本でも急成長を続けていましたし、アメリカではBtoBにも乗り出していましたから、日本でのBtoBへの参入も遠くないと考えていました。アスクルも次の手を打たなければ勝ち残っていけないと思いました。