名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西郷隆盛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西郷隆盛のプロフィール

西郷隆盛、さいごう・たかもり。幕末から明治初期にかけて活躍した日本の武士、軍人、政治家。薩摩藩士。最終階級は陸軍大将。戊辰戦争などで活躍し、倒幕の中心的な役割を担った人物。戦後、岩倉具視の留守を任され府県統廃合、陸軍・海軍省設置、学制制定、太陽暦の採用徴兵令などを行った。その後、朝鮮使節に関するいざこざで下野する。廃刀令と知行地の廃止にともない発生した鹿児島県士族の反乱、西南戦争にて首謀者として最期を遂げる

西郷隆盛の名言 一覧

どんなに仕事や計画が上手く進んでいても決して謙虚さを忘れてはならない。


徳盛んなるは官を盛んにし、功盛んなるは賞を盛んにする。
【覚書き:徳のある人に地位を与え、功績がある人には褒賞を与えろという意味の言葉】


間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるようなもので、意味がないことである。


幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。


志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志を曲げて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする。


人を相手とせず天を相手とせよ。天を相手として己を尽くし、人をとがめず、我が誠の足らざることを尋ぬべし。


およそ思慮は平生、黙座静思の際においてすべし。


総じて人は己に勝つをもって成り、自ら愛するをもって敗るるぞ。よく古今の人物を見よ。事業を創起するする人、大抵十に七・八まではよく成し得れども、残りふたつを終るまで成し得る人の希なるは、始めはよく己を慎み、事をも敬するゆえ功も立ち名も顕るるなり。


功立ち名顕るるにしたがい、いつしか自らを愛する心起こり、恐懼戒慎(きょうくかいしん=恐縮し言動を慎むこと)の意、緩み、驕矜(きょうきょう=おごりたかぶること)の気、しばらく長じ、その成し得たる事業をたのみ、いやしくも我が事をし遂げんとまずき仕事に陥り、終に敗るるものにて、みな自ら招くなり。ゆえに己に勝ちて、見ず聞かざるところに戒慎するものなり。


道は天地自然の未知なる故、講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修する克己をもって終始せよ。己に勝つ極功は「意なし、必なし、固なし、我なし」と云えり。


西郷隆盛の経歴・略歴

西郷隆盛、さいごう・たかもり。幕末から明治初期にかけて活躍した日本の武士、軍人、政治家。薩摩藩士。最終階級は陸軍大将。戊辰戦争などで活躍し、倒幕の中心的な役割を担った人物。戦後、岩倉具視の留守を任され府県統廃合、陸軍・海軍省設置、学制制定、太陽暦の採用徴兵令などを行った。その後、朝鮮使節に関するいざこざで下野する。廃刀令と知行地の廃止にともない発生した鹿児島県士族の反乱、西南戦争にて首謀者として最期を遂げる

他の記事も読んでみる

瀬戸薫

現場は、さまざまなしわ寄せが来る場所であり、会社がどんなところに問題点を抱えているかが一番分かる場所。それゆえ現場でセールスドライバーたちの悩みを聞き、その悩みをどう解決したらいいのかを徹底的に議論することが重要なのだ。


ロッシェル・カップ

英語には「プロフェッショナリズム」という言葉があります。日本語だと「プロ精神」と訳されることがありますが、具体的には「一人前に働く人がプライドを持って、自分がその専門に対して、最善の仕事をする」という意味を含みます。アメリカでは重視される考え方で、その精神があるからこそ、今置かれた環境で全力を尽くすのです。


武者陵司

大会社の社員でなく一人のベンチャーの人間がレポートを読んでもらうには、そのレポートに本当に価値が無ければ相手は会ってくれません。逆に、そのレポートを売りたいという情熱が相手を動かすのです。


濱田純一

高齢化や温暖化など、正解が見えない問題に世界を視野に入れて取り組む必要がある。そのためには、従来とは異なる教育や研究の手法が求められています。


貞末良雄

お客様が信頼してくれるから、「鎌倉シャツ」というブランドが立ち上がる。


鍵山秀三郎

自分の才能を見つけて成功できたらこんな喜びはありません。ただ私の体験で申しあげるならば、自分の才能を発揮している人はどんな人かというと、まず言えることは「人が”なんだそんなことか”と思うような取るに足らないことに一所懸命取り組んでいる人」です。


森本智子

米田(幸正・スギ薬局社長)さんからは『マイ・アメリカン・ジャーニー』を紹介してもらいました。これはコリン・パウエル氏の自伝で、私たちも知っているような歴史の節目節目で彼が何を考えて、どう判断してきたかということを、舞台裏も含めて書いています。人として生きていく中で、何を大切に考えて、何を自分の中で判断の軸としてきたかが表れているんです。だからこそ国務長官にまで上り詰めたというのがよく分かる1冊です。この本の巻末に「コリン・パウエルのルール」というのがあります。文字通りコリン・パウエル氏が人生から学び取った13の教訓です。米田さんはこれを何枚もコピーして台紙のようなものに貼りつけ、きちんとレイアウトして机の上に置いて、いつでも見られるようにしていました。


青木俊介

当社の強みは、依頼された仕事を取捨選択せずに引き受けてきた経験です。ベンチャー企業は経営資源が限られますから、最も市場規模が大きい分野や製品に一点集中したくなるもの。しかし、私たちは営業マンをほとんど抱えていないこともあり、企業様からご相談頂いた商品をその時に応じて製作してきました。積極的には営業しないスタイルながら、製品を展示会で披露したり、メディアに取り上げてもらったりして認知度を高めてきた。今は有力な領域を模索している段階です。


数土文夫(數土文夫)

社外取締役も、昔はオーナー会社の社長や会長の賛成者といった大政翼賛会でした。いまは社外取締役は監視役として、社長や会長に直接意見を言うことを求められています。しかも、厳しいことを言ってもなお人間的にうまくやれる人格や教養もなければなりません。


泉谷直木

外国人と交渉をする際、ミーティングでは合理的、論理的な視点でビジネスの話を徹底的に議論します。しかし、その間に入る休憩や、食事をともにするときになると、ビジネスの話よりも広く一般的な話をすることが多い。こうしたブレイクタイムこそ、人間関係を築く重要な場面。そこでは、仕事以外の知識や教養をどれだけ身につけているかが問われます。とくに私たちの母国である日本について話すことが期待されますし、相手国の歴史や文化についての理解があることや趣味の話ができることも大切です。


コシノジュンコ

ファッションに関係ない仕事でも、「もしかしたら得意かも」と思って引き受ける私ですが、「これは向いていない」と思った仕事もありました。日本経済新聞の夕刊に週1回700字程度のコラムを書く仕事でした。原稿をウンウンうなりながら、何とか書き上げても、すぐに次の週の執筆が来てしまいます。さすがに、これは向いていないと思い、「何で私に執筆を任されたのですか?」と担当者に聞いてしまいました。すると、「世界中に行かれていますし、お知り合いも多い。その一部でも、ご紹介いただけたらと……」。なんだ、そんなことでいいのかと思ったら、書きたいことが次から次へと出てきました。チャンネルがきちんと合うと、できるようになるものです。


小林哲也(帝国ホテル)

「気付き」「発信」「感謝」「バランス」。気付かなければ何も始まらないし、気付いたら発信しないと伝わらない。そして感謝の気持ちは人間が行動する源になる。あらゆる面でのバランス感覚も重要。