名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

西脇文彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西脇文彦のプロフィール

西脇文彦、にしわき・ふみひこ。日本のコンサルタント。「ベイン・アンド・カンパニー」パートナー。早稲田大学大学院理工学研究科修了。

西脇文彦の名言 一覧

米フォードでは会議全体の上限時間である「時間予算」をあらかじめ決めていて、新しい会議を追加する場合、既存の会議のうちどれかをなくさないといけない。これによって議題か不明な会議は減るだろう。


不毛な会議の特徴は、議題が設定されていないこと。様々な調査があるが、世界的な平均としては、約3割の人が「アジェンダが不明」と感じる会議に参加している。日本企業で見た場合、その数字はなんと6割にまで跳ね上がる。


一度始まった定例会議がなくなることは少ないため、「時間が経つうちに少しだけメンバーを代えながら、似たような内容の会議がたくさん開かれるようになった」というケースもよくある。これを防ぐためには、一定期間ごとにどんな会議が開かれているかをチェックし、その内容を見直すことが必要だ。


参加人数が多い会議も考えもの。参加者が7人を超えると、1人増えるたびに優れた判断を下す可能性が10%下がるという「7の法則」がある。17人を超えると意思決定の効果がゼロになる計算になる。本当に多くの参加者が必要な場合を除き、なるべく参加者を6人以下にするのがいいだろう。


会議で時間内に結論を出すために、意思決定の仕方をあらかじめ決めておくのは極めて有効だ。お勧めしたいのは、全員参加型で議論を進め、意見が割れた場合は最終決定する人をあらかじめ決めておく、という方法である。結論に対する参加者の納得感が高いし、決まったことに対してのサポートも得やすい。


西脇文彦の経歴・略歴

西脇文彦、にしわき・ふみひこ。日本のコンサルタント。「ベイン・アンド・カンパニー」パートナー。早稲田大学大学院理工学研究科修了。

他の記事も読んでみる

藤田寛之

現在のゴルフ界と日本の経済は似ている気がします。安定を求めて成長がない。思い切って広い世界に飛び込んで刺激を受けないと、強くはなれないと思います。


猪瀬直樹

我流で通用するのは中級レベルまで。その先に進むためには、一見遠回りに見えても、基本を固め直すことが近道。仕事がうまくこなせないと悩んでいる人は、もう一度、基本に立ち返ってみてはどうでしょうか。お客さんのニーズ、それに対するサービス、アフターフォローなどを再点検し、適切でないものは学び直してみてください。


山田義仁

年上の方を部下に持つことに、やりづらさはあまり感じません。欧州子会社の社長に就任したのは41歳のときでしたし、海外の販売会社では若手を抜擢することも多いですから。社内では若手がトップになることに対して違和感は少ないですね。


吉越浩一郎

デッドライン(締め切り)を引くと、締め切り効果が働き、思考スピードが上がるというメリットもあります。試験のときは制限時間があるから、誰しも頭が活発に働いたでしょ。あれと同じことを日々の仕事でもやるわけです。


吉川稲美(吉川稻)

転機になったその時の受け止め方、思考の仕方、そして行動と、それらが分岐点となり、人生を左右する。


小原泰(ロビイスト)

ある課題を俯瞰的・大局的に捉え直し、大義を打ち立て、唱道することで周囲を巻き込み、問題解決に邁進する。そうした営為を積み重ねていくうちに、いい循環が生まれ、信頼関係もごく自然に築かれていくのではないでしょうか。


ベルンハルド・ツェプター

日本駐在も自分から希望して実現しました。母が日本文化に興味を持っていたこともあり、個人的にも日本についてたくさんの本を読みました。ですが、生活してみなければ理解することはできないと考えました。


黒﨑賢一

機械だけでは越えられなかった壁を人のパワーを混ぜながら解決していく。その流れがIT業界にも来ると考えています。


宮内義彦

監視があると経営者は楽なんですよ。株主の監視だけではなく、いろんな仕掛けがあって縛られたほうが経営者は楽です。業績を落とすと怒る株主がいる。難しい会計原則で縛られる。顧問弁護士や監査役に注意を受ける。チェックする人と確認する仕組みが多いと、ミスは減ります。


三谷幸喜

東京サンシャインボーイズという劇団をやっていた頃のこと。最初は大学の友達が集まった和気あいあいの集団だったんです。今では信じられないけど、僕も俳優さんたちと仲良く、一緒にディズニーランドへ行ったり、旅行に行ったりしていたんですよ。とにかく楽しかった。でもこのままやっていてもお客さんは全然入らないし、世間的にも認められない。これじゃ劇団として成立していないと気づいた時、シビアな目でこれから役者としてやっていける人と、そうではない人を分けなければいけなかった。旗揚げからその時まで、友達というだけで一緒にやってきた人には辞めてもらおう。劇団のためにも僕のためにも、彼らのためにもいいことだと思ったので、決断した。これからは本当の劇作家として、役者として、劇団としてやっていくためには、必要なことだ、と。その後は一切、俳優さんたちとの関係を断つと決めた時期もありました。すると、その頃から作品的にもいいものができ、お客さんも入るようになっていったんですよね。


本田健

運がないと嘆く人は、「今の幸せ」を忘れがちです。「健康だ」「住む所や食べ物がある」といった今の状況に感謝することを棚上げして、「収入が低い」「仕事がうまくいかない」と、不満ばかりに意識がいっているようでは、運を引き寄せることはできません。運は「気づくものであって、獲得するものではない」という側面があります。「今の自分は運がいい」と、静かに感謝してみてください。


梅野勉

ホンダ時代はよく「五割任用」といっていました。いまの実力でタスクの5割は達成できると思える人材なら、恐れずユニークな感覚の持ち主を抜擢しろ、というわけです。いまもこの考え方に変わりはありません。