名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

西脇俊二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西脇俊二のプロフィール

西脇俊二、にしわき・しゅんじ。日本の精神科医。弘前大学医学部卒業。国立国際医療センター勤務、国立秩父学園医務課医長などを経てハタイクリニック院長に就任。テレビドラマの医事監修者としても活躍。著書に『なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか』『人生は0.2秒で変わる 精神医学的に正しい絶対的な力の使い方』『断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』。

西脇俊二の名言 一覧

人間関係のストレスが少ない人は、コミュニケーションによって相手の自己重要感を高めるのが上手なので、敵を作らず人間関係を円滑に保てるのです。


ストレスのほとんどが、人間関係から生じると私は思います。つまり、コミュニケーションが上手になれば、ストレスは大きく減るでしょう。


人間関係のストレスを減らすため大切なことは、他人に期待しないこと。


自分の価値観に沿った生き方をしなければ、どこか無理を重ねてそれこそストレスが溜まります。


多くの場合、人は理論ではなく感情で動きます。だからこそ、感情を利用できれば強い。


無駄な思い込みを手放すだけで、相当気分がラクになるはず。無駄な感情を動かさなくて済むでしょう。


ストレスを抱え込みすぎず、やり過ごす手段も覚えましょう。


自分への期待もやめると気持ちが軽くなるはずです。完璧にできないと落ち込む人がいますが、そもそも自分への期待値が高すぎるのではないでしょうか。完璧か否かの二択ではなく、出来栄えが60点くらいでも許してあげましょう。


あなたが心の中で相手に期待をするのは勝手ですが、他人の言動まではコントロールできません。そのため、他人のことでストレスを減らしたいなら、自分から「期待しない」ように変わるしかないのです。


お金やモノといった刺激は持続力がありません。人を満足させるのは簡単なもので、「賞賛の言葉」で十分。お金よりもはるかに意欲を保てます。ただし、相手のタイプにより、褒める内容やシチュエーションが変わってきます。その人の最重要な価値観に合わせて内容を変えるべきなのです。


コミュニケーション下手な人を見ていると、自分の承認欲求のみを満たそうとしてばかり。いつも自分の話ばかりして疎まれるのがその典型例です。


「達成感不足」も、アドレナリンやセロトニンが不足する引き金になります。「やった!」という快感や喜びを味わうと、脳内でドーパミン系物質やセロトニンの放出が促進されます。ですから、毎日のように達成感を味わっていれば、だるさを感じることもありません。逆に、達成感のないまま何かを続けていると、身体はどんどんだるくなります。「上司や顧客に言われるまま、やりたくもない仕事を嫌々やっている」という人は、それが不調につながっている可能性が高いので要注意です。


だるさを感じる原因の一つは、老廃物が排出されず、身体の中に蓄積されてしまうことです。老廃物が溜まると、身体に様々な悪影響を及ぼします。ところが、老廃物を運ぶリンパ管には、ポンプ機能がありません。血管には心臓というポンプがあるので、寝ている間も全身に血液が巡ります。しかしリンパ管には、リンパ液を送り出す装置がついていないのです。では、どうすればリンパ液が流れ、老廃物が溜まらないのかというと、全身運動で筋肉を動かすことです。しかし、多くの人は、仕事で疲れたからといって、休日は身体を動かさずにゴロゴロして過ごします。それではますますリンパ液の流れが滞り、「休んだはずなのに、だるさが取れない」ということになります。つまり、「だるいから連動しない」というのは、逆効果なのです。


40代頃から不調が増える原因の一つは、加齢により基礎代謝が落ちることです。基礎代謝とは、何もせずじっとしていても消費される、生命維持の活動のために使われるエネルギーのことで、この基礎代謝の量は筋肉の量で決まります。基礎代謝が落ちれば消化・吸収する力も弱まり、身体に必要なホルモンがうまく生成されなくなります。その結果、自律神経のバランスが崩れ、身体のあちこちに不調が表われるのです。


西脇俊二の経歴・略歴

西脇俊二、にしわき・しゅんじ。日本の精神科医。弘前大学医学部卒業。国立国際医療センター勤務、国立秩父学園医務課医長などを経てハタイクリニック院長に就任。テレビドラマの医事監修者としても活躍。著書に『なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか』『人生は0.2秒で変わる 精神医学的に正しい絶対的な力の使い方』『断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』。

他の記事も読んでみる

永井孝尚

チームで連携して企画書をつくる場合のポイントは、思考を「網羅思考」から「仮説思考」へシフトさせること。たとえば各部署から資料やデータを集めないと書けないような書類でも、先に全体のストーリーを考えた上で「こんな感じにしたい」と叩き台を作る。さらに必要な情報が何かを洗い出し、各担当者に資料作成の目的と期限、叩き台の資料を添えて、メールなどで情報提供を依頼する。集まった資料をもとに朝のゴールデンタイムにまとめれば、効率的にアウトプットできます。


レイ・クロック

世の中で金を使うのは庶民だ。庶民の生活を知ることが金儲けへの道だ。


高篠静雄

失敗してもその責任はすべてトップが取ると示すことで、現場が挑戦できる環境をつくることが大切。


島津貴久

地頭・領主・奉行・頭人などが、下々の訴訟を公開しないで、勝手に取り裁くような事があったならば、取り次ぎには及ばないから、この貴久父子に、直接に申し出てほしい。


藤沢武夫

鈴鹿(サーキット)でみんなに言ったことは、帰りのお客さんの顔をよく見て商売しろ、ということでした。つまらなそうな顔をして帰ったら、もう二度と来ない。それが商売の鉄則だということです。


千田琢哉

私はこれまで1万枚以上のハガキを書いてきました。ハガキを書くのが好きだから、これだけ書くことができたのだと思います。しかし、ハガキを書くのがどうしても苦手だという人もいるでしょう。そういう人は1日に3人に絞ってハガキを書いてもいいですし、我慢して書くくらいなら、いっそのこと書かない方がいいとさえ思っています。ハガキは義務ではなく権利だと思います。


鈴木敏文

常に問題意識を持っていれば、大切な情報や必要な情報が頭の中に引っかかり、それをもとに意識を集中して仮説を立てていけば、ミスや失敗はかなり防げるはず。


増田宗昭

データを取れば経験がなくても仕事ができる。


大川隆法

経営者にとっては、「護るべきものは護り、捨てるべきものは捨てる」という考え方が非常に大事。


稲垣精二

やるべきこと、やりたいことははっきりしている。大事にしたいのは「イノベーション」。


柳井正

商品をつくるというと、みんな技術の問題だと勘違いしている。そうではなくて、つくるというのは、お客様のためでしょう。お客様の生活をより良くして、ああこんなものがあったらいいなというものをつくっていく。それは製品の使い方とかマーケティングとか、商品化していって、買いたいなと思ってもらい、買ってよかったなと思ってもらう。そういうものにしないといけない。


水田正道

我々は自然体がモットーです。グループ会社になったから、すべて一緒にする必要はないと考えています。