名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

西脇俊二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西脇俊二のプロフィール

西脇俊二、にしわき・しゅんじ。日本の精神科医。弘前大学医学部卒業。国立国際医療センター勤務、国立秩父学園医務課医長などを経てハタイクリニック院長に就任。テレビドラマの医事監修者としても活躍。著書に『なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか』『人生は0.2秒で変わる 精神医学的に正しい絶対的な力の使い方』『断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』。

西脇俊二の名言 一覧

人間関係のストレスが少ない人は、コミュニケーションによって相手の自己重要感を高めるのが上手なので、敵を作らず人間関係を円滑に保てるのです。


ストレスのほとんどが、人間関係から生じると私は思います。つまり、コミュニケーションが上手になれば、ストレスは大きく減るでしょう。


人間関係のストレスを減らすため大切なことは、他人に期待しないこと。


自分の価値観に沿った生き方をしなければ、どこか無理を重ねてそれこそストレスが溜まります。


多くの場合、人は理論ではなく感情で動きます。だからこそ、感情を利用できれば強い。


無駄な思い込みを手放すだけで、相当気分がラクになるはず。無駄な感情を動かさなくて済むでしょう。


ストレスを抱え込みすぎず、やり過ごす手段も覚えましょう。


自分への期待もやめると気持ちが軽くなるはずです。完璧にできないと落ち込む人がいますが、そもそも自分への期待値が高すぎるのではないでしょうか。完璧か否かの二択ではなく、出来栄えが60点くらいでも許してあげましょう。


あなたが心の中で相手に期待をするのは勝手ですが、他人の言動まではコントロールできません。そのため、他人のことでストレスを減らしたいなら、自分から「期待しない」ように変わるしかないのです。


お金やモノといった刺激は持続力がありません。人を満足させるのは簡単なもので、「賞賛の言葉」で十分。お金よりもはるかに意欲を保てます。ただし、相手のタイプにより、褒める内容やシチュエーションが変わってきます。その人の最重要な価値観に合わせて内容を変えるべきなのです。


コミュニケーション下手な人を見ていると、自分の承認欲求のみを満たそうとしてばかり。いつも自分の話ばかりして疎まれるのがその典型例です。


「達成感不足」も、アドレナリンやセロトニンが不足する引き金になります。「やった!」という快感や喜びを味わうと、脳内でドーパミン系物質やセロトニンの放出が促進されます。ですから、毎日のように達成感を味わっていれば、だるさを感じることもありません。逆に、達成感のないまま何かを続けていると、身体はどんどんだるくなります。「上司や顧客に言われるまま、やりたくもない仕事を嫌々やっている」という人は、それが不調につながっている可能性が高いので要注意です。


だるさを感じる原因の一つは、老廃物が排出されず、身体の中に蓄積されてしまうことです。老廃物が溜まると、身体に様々な悪影響を及ぼします。ところが、老廃物を運ぶリンパ管には、ポンプ機能がありません。血管には心臓というポンプがあるので、寝ている間も全身に血液が巡ります。しかしリンパ管には、リンパ液を送り出す装置がついていないのです。では、どうすればリンパ液が流れ、老廃物が溜まらないのかというと、全身運動で筋肉を動かすことです。しかし、多くの人は、仕事で疲れたからといって、休日は身体を動かさずにゴロゴロして過ごします。それではますますリンパ液の流れが滞り、「休んだはずなのに、だるさが取れない」ということになります。つまり、「だるいから連動しない」というのは、逆効果なのです。


40代頃から不調が増える原因の一つは、加齢により基礎代謝が落ちることです。基礎代謝とは、何もせずじっとしていても消費される、生命維持の活動のために使われるエネルギーのことで、この基礎代謝の量は筋肉の量で決まります。基礎代謝が落ちれば消化・吸収する力も弱まり、身体に必要なホルモンがうまく生成されなくなります。その結果、自律神経のバランスが崩れ、身体のあちこちに不調が表われるのです。


西脇俊二の経歴・略歴

西脇俊二、にしわき・しゅんじ。日本の精神科医。弘前大学医学部卒業。国立国際医療センター勤務、国立秩父学園医務課医長などを経てハタイクリニック院長に就任。テレビドラマの医事監修者としても活躍。著書に『なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか』『人生は0.2秒で変わる 精神医学的に正しい絶対的な力の使い方』『断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』。

他の記事も読んでみる

亀岡保夫

私どもは顧客の方々の声にできる限り耳を傾け、誠実に真正面から向き合うよう所員に対して、ことあるごとに話をしています。


荒木水都弘

お店が伸びていくためには、僕だけが頑張ってもダメなんです。主人だけがこざっぱりしていて、若い衆はみすぼらしい。あるいは主人だけが威勢がよくて、若い衆は表情が暗い。こんなお店は絶対に繁盛しません。やはり全員が、お客様を迎えもてなす姿勢を常に共有していることが大切です。


吉良俊彦

情報が最終的に伝わるところまで責任を持つというのは、コミュニケーションの取り方としてかなり重要な点です。


山本忠人

長く働けばいい仕事ができるものでもない。


堀之内九一郎

私は毎日が晴れのつもりで生きてきましたが、何度も会社を潰し、借金も抱えましたから客観的に見れば、どしゃぶりの雨の中にいたときもあったと思います。そう考えると「晴耕雨耕」の日々。倒産も失敗も肥やしにして、耕し続けてきました。


高城幸司

若いときはどうしても、華やかな成功の部分だけに目がいきがちです。だからちょっとした失敗でくじけやすいのかもしれません。若いビジネスパーソンは、仕事の地道な影の部分にもっとイマジネーションをもてれば、心が強くなり、モチベーションも簡単には落ちないはずです。


前野ウルド浩太郎

モーリタニアに行って、人生観も変わったと思います。砂漠にはエアコンもベッドもない。熱風の中で野宿をしながら、研究資材も制限された環境。例えば、醤油一滴だってムダにはできないんです。日本での日常がとてつもなく恵まれていると気づけました。日常生活にありがたみが持てると、何事にも感謝の気持ちが芽生えます。小さい幸運に喜びを感じ、小さな不運は見逃せる。そうやって、「幸せのハードル」を下げると、生きることが楽になります。


田原祐子

営業フローの仕組みが定着すると、日々の経験や知識が蓄積され、共有できるようになります。すると、様々な営業活動が数値化できるようになります。たとえば、「過去の実績から見て、初回面談をしたお客様の約10%が契約に達する」などです。それが見えると、何をどれくらいやればどんな成果があるかわかり、「いくら頑張っても成果が出ないのでは」という不安がなくなります。営業未経験者も、何がどうすれば成果が上がるかが目に見えるようになり安心して頑張れるようになるはずです。


黒川光博

お客様に「喜んで」いただくためのサービスも時代とともに変わっていくものだと思います。お客様の価値観が変化するからです。私たちも経営理念の実現のため、時代の変化に常に敏感でいなければならないと肝に銘じています。


三村明夫

「モノづくり」という言葉はソフトで、温かい使い方だが、モノを作るビジネス環境が整えられていないと、いかに匠の技があっても存続は難しい。


船川淳志

思考停止に陥った人は、誰かの発言を聞いても、「なるほど、そうか」とすぐに納得してしまいます。しかしここで、「なぜ」と問い返すことが必要です。


京師美佳

オフィスの最新セキュリティに守られている男性は、実感がないかも知れませんが、防犯の必要性を一番感じているのは、自宅で留守を任されている妻や子供、高齢者の方です。でも、防犯設備を扱う業者は完全な男社会。これまでの防犯システムは、女性の意見、家族の気持ちが反映されてこなかったのです。そこで、快適性や癒し、外観を犠牲にしない防犯システムを女性目線から提案したいと思い、防犯設備士の資格を持つ防犯アドバイザーになったのです。