名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

西田弘次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西田弘次のプロフィール

西田弘次、にしだ・こうじ。実践コミュニケーション研究所所長。福岡県出身。米国ワシントン州立西ワシントン大学留学、亜細亜大学経済学部卒業、オックスフォード大学大学院修了。外務省在外公館派遣員(南アフリカ共和国)、亜細亜大学国際交流部職員、千葉大学総合政策学科教員、BBT大学経営学部教員などを務めた。著書に『西田式 心トレ』。

西田弘次の名言 一覧

上司が変われば、部下も必ず変わる。高度なスキルを身につけなくても、まずは元気な声で部下に挨拶することから始めるだけで、チームの空気は変わります。


人間は誰しも承認欲求を持っています。子供が親に認めてもらいたがるように、部下も上司に認めてもらいたいのです。


部下のモチベーションの源泉がなんであれ、それを認めてあげることが大事だ。


日本人は、人の変化を敏感に察知する能力に長けています。これまで挨拶などしなかった上司が目を見て「おはよう!」と言ったり、コピーを取っても無言だった上司が笑顔で「ありがとう」と言ったりするようになれば、部下はそれだけで「職場にいやすくなった」と感じるもの。部下のモチベーションを上げるには、ここで手を抜かないことです。


いくらマネジメント理論やコーチングなどの技術を学んでも、基礎の人間関係がなければ役に立たない。ですから、部下のモチベーションアップに悩んでいるなら、まずはコミュニケーションの基礎を徹底することをお勧めします。


部下のモチベーションを上げるには、人間関係が築けていることが大前提。人間として信頼も好感も抱けない上司だったら、部下は何を言われても「この人の言うことなんてやりたくない」と思うのが普通です。


人間は誰もが、自分が大事にしているものが一番だと思っています。上司は仕事で成果を出すことが何より大事だと考えていても、部下は休日に旅行するのが楽しみで働いているのかもしれない。上司にとって成果が第一なのと同様、その部下は旅行が人生の最優先事項なのです。だから、それを認めて、「そうなのか。だったら、次の休みは旅行を存分に楽しめるように頑張ろう」と言ってあげてください。そこで「バカなことを言うな!」と否定すれば、部下のモチベーションは一気に失われてしまいます。


西田弘次の経歴・略歴

西田弘次、にしだ・こうじ。実践コミュニケーション研究所所長。福岡県出身。米国ワシントン州立西ワシントン大学留学、亜細亜大学経済学部卒業、オックスフォード大学大学院修了。外務省在外公館派遣員(南アフリカ共和国)、亜細亜大学国際交流部職員、千葉大学総合政策学科教員、BBT大学経営学部教員などを務めた。著書に『西田式 心トレ』。

他の記事も読んでみる

一瀬邦夫

我が社も組織が充実し人材が育ってきましたが、現在はペッパー大学というものも設立して研修により力を入れています。ペッパー大学では「人が見てない時の行動にその人の価値を高める要素がある」と伝えています。今後は株式を公開したことで、さらに多くの優秀な人材が増えていくと思います。


徳重徹

みんな日本が大好きなんです。会社も製品も人も。でも大きな欠点があります。全部ご破算になってしまうくらい、日本側の意志決定が遅すぎるんです。


野口悠紀雄

アメリカのゴールドラッシュでは金を掘って大金持ちになった人は誰もいない。1番最初に金脈を掘り当てた人でさえ、惨めな人生を送った。カリフォルニアの農場王のジョン・サッター。彼は農場の建設中に、自分の土地から金が出ることを発見した。あとは、ひたすら金を掘るだけで億万長者になれた。しかし、サッターはその後も農場の建設作業を続行した。途中でやめたら、いままで費やした投資がムダになるからと考えたんですね。あなたはサッターを笑えますか? 株やFX投資で、状況が変わったのに損切りせず、マイナスを増やす人は少なくありません。これを経済学では「サンクコスト(埋没費用)」と呼びます。すでに投下した資金のことです。サンクコストにこだわってしまう。だからこそ、サンクコストにこだわる人は破綻する。


菊川剛

私が社長になってからスピードが最優先だと常々言ってきました。実際、経営でもスピード重視でやってきました。


松井忠三

「人間とは社会的な存在である」という言葉がありますが、ビジネスにおける人の能力も、まさに社会的なものではないでしょうか。学歴やIQの高さといったことは、それほど関係がないように思います。何よりも、自身が身を置いてきた環境によってこそ、能力に大きな違いが出てきます。地頭とはそういうものだと私は考えています。


竹田圭吾

オバマ大統領の演説は一般の人が参考にできる要素がたくさんあります。たとえば、何かキーになるフレーズを決めて、そのフレーズを繰り返したり、韻を踏んだり、センテンス単位にひとつの物語にして、スピーチに起承転結をつけたりする。話すスピードも内容を考えて、変える。こうした方法は十分に参考にできると思います。


粟飯原理咲

当時は、こんなサービスがあったら面白いなあと思うサイトがなかったんです。一方で、自ら情報を投げかけると、面白いと思ってくれた人たちがワッと集まってくる。未開発市場であるネットでは、ちょっとしたアイデアとやる気さえ出せば、メディアとして発信できる。大きな喜びでした。


佐藤孝幸

長期目標を短期目標に落とし込むとき、自分の能力を過信してキツめの計画を立てるのは危険です。目標を達成できないと、それがストレスになって計画自体を投げ出したくなります。仮に200ページの本を執筆するなら、1日4ページ程度の現実感のある作業量をベースにして計画を立てるのです。1日4ページなら50日で200ページを書き終えられますが、突発的な仕事が入ったり病気になって作業できない可能性もあるので、バッファーを10日間取って60日間で計画を組むのです。


鈴木幸一(経営者)

出資の話は十中八九が相手にするまでもないレベルです。ストレートに「事業になるわけがない」と告げればいいでしょう。就職の依頼の場合はもっと早いです。相手に「出来が悪いから駄目」というのも手間なので、会わずに「もう締め切った」と連絡すればいいのです。それを見越して早い時期に頼みに来る人には「権限がない」と言うことにしています。


鑄方貞了(鋳方貞了)

この会社は何のために存在するのか、目的は何か、どのように世の中に貢献するかなどの経営理念を確立しておくことは、企業経営における基本です。これができると社長自身に確たる信念が生まれ、社員やお客様に対しても言うべきことは言い、なすべきことはなすという力強い行動ができるようになります。また、社員がお互いに心と力を合わせた活動を生み出し、会社の健全な発展に繋がっていくでしょう。


ショーペンハウエル

熟慮を重ねることによってのみ読まれたものは、真に読者のものになる。食べ物は食べることによってではなく、消化によって我々を養うのである。


増田宗昭

いまの時代、モノを売るのに営業スキルはあまり役立たないと思うんです。大事なのは信用。会社の信用であり、個人の信用です。「あいつが言うんだから買ってみよう」と思ってもらえるかが勝負です。