西田公昭の名言

西田公昭のプロフィール

西田公昭、にしだ・きみあき。日本の社会心理学者。「大正大学心理学部」教授。徳島県出身。関西大学社会学部卒業、関西大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。静岡県立大学助手、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学助教授・准教授などを経て立正大学心理学部対人・社会心理学科教授に就任。

西田公昭の名言 一覧

「どんな人が」「何を」「どうやって」「どんな人に」伝えるかによって、伝わり方が変わる。


人は誰でも簡単に騙されてしまいます。私は社会心理学者として様々な「騙し」の手口を研究してきましたが、そんな私も、ときには騙されます。重要なのは「騙されるかもしれない」というリスクを知ることです。


一貫性効果を高めるためには、誰に対しても同じことを言うのが大切。いつでも、誰に対しても徹底して否定することで、「あの人はこう言い続けている」と印象づける。聞いている側は「自分のほうが記憶違いをしているのでは」とか、立場の弱い人だと、「自分のほうが頭が悪いし……」と思い込んで、心細くなっていくのです。


相手を簡単に騙せるのであれば、自分も「騙しの手口」を使いたい――。そう考える人もいるかもしれません。しかしビジネスで相手を騙すことには、大きなリスクがあります。信頼の構築には長い時間がかかりますが、信頼を失うのは一瞬です。


プレゼンでも、固有名詞や数字、確率を盛り込むことで、リアリティを演出することができます。それはやろうと思えば、ウソをつかずに受け手を錯覚させることもできるでしょう。プレゼンの受け手としては無駄な情報にとらわれず、フラットな判断を心がけたいところです。


多くの人はリアリティ感覚にとらわれることで、誤った判断をしてしまう。被害者は、相手のトークにリアリティを感じて騙されてしまう。だから騙す側は、いかにリアリティを演出できるかという点に腐心します。


重要な要素となるのが「送り手」です。営業の現場では「高価なスーツを着ろ」などと言われることがあるそうですが、これは受け手の印象を操作するのに効果的です。服装だけでなく、大学教授や医師、弁護士などの肩書きも有効でしょう。これらは「ハロー効果」と呼ばれ、広告の世界では古典的な手法です。


相手を説得する方法には、一面提示と両面提示という2つの方法があります。一面提示とはメリットになる情報だけを相手に教える方法。両面提示とはメリットだけでなく、リスクも教えたうえで説得する方法です。相手を騙すということは、リスクを正しく伝えないわけですから、一面提示での説得です。相手の商品知識が浅い場合にはこれは売りやすい方法ですが、もし商品に欠陥があるなどトラブルが起きたときには、一気に信頼を失います。


内容や手段の伝え方としては、「ローボール技法」というテクニックがあります。キャッチボールでも、いきなり強いボールを投げつけられると受け止めるのは難しいですが、弱い低めのボールから徐々に強めていくとキャッチしやすくなります。それと同じ原理を心理的に用いて、最初は都合のいい話や受け止めやすい問いで受け手の「YES」を引き出し、契約の最終段階になって都合の悪い話をぶつけてくるのです。


「言ったことを言ってないことにする」手口のひとつは、聞いた側にプレッシャーをかけるやり方。つまり、「言うことを聞かなければ、どうなっても知らないぞ」と圧力をかける。過去の発言について、「言った」と指摘するとマズいのではと思わせるのです。特に集団状態でこの状況に陥ると面倒です。集団のなかで同調圧力が生まれ、誰も指摘できない状況が生まれてしまいます。ブラック企業のカリスマ経営者や、ハラスメント上司に、誰も文句が言えない状況などはまさに典型です。集合的無知が生まれ、「おかしいと思っているのは自分だけなのでは……」と、みんなが考えてしまう。場の雰囲気に流されて、まさに「裸の王様」の寓話の通りになってしまうのです。


言ったことをなかったことにしたい人間が狙うのが、「一貫性効果」です。つまり、時間と場所が変わっても一貫して「言っていない」と言い続ける。追及したい側も、相手に言い続けられると、「そうだつけ」と、いつしか納得してしまうのです。そんなにうまくいくだろうか、と思うかもしれませんが、その有効性は歴史が証明しています。「嘘も100回つけば本当になる」方式は、第2次大戦中、ナチスドイツのプロパガンダで使われたもの。また、戦時中の政治家たちは、戦争に勝てると言い続けていたのに、負けた途端に「勝てるとは言っていない」と責任逃れをはじめたのです。


ブラックな環境では得てして、間違いやおかしいことを「周りのみんながあたり前に思っているから」と多数者効果が生じています。つまり、妄信者ばかりになって、異常さに気づけなくなっている。そうなると、冷静な誰か一人が一言指摘するだけでは効果は薄い。異常を指摘する「仲間」が当人の周りにたくさんいてはじめて、考え方は変わるのです。


ブラック方針を逃れた先の精神的な受け皿や、次の勤め先という物理的な受け皿がないからこそ、怖くて辞められない、方針に従うしかない状況が生まれている。家族・同僚が精神的な支えとなるか、別のいいプロジェクトや、働き口があるか。方針がブラックなことに、あえて気づかないようにしている人を救うには、受け皿が必要なのです。


西田公昭の経歴・略歴

西田公昭、にしだ・きみあき。日本の社会心理学者。「大正大学心理学部」教授。徳島県出身。関西大学社会学部卒業、関西大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。静岡県立大学助手、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学助教授・准教授などを経て立正大学心理学部対人・社会心理学科教授に就任。

他の記事も読んでみる

辻範明

逆境にあっても「会社が好きだ」「会社を残したい」という強い気持ちがあったからこそ、「修羅場」「土壇場」「正念場」という三つの「場」を乗り切ることができた。


高田明(ジャパネットたかた)

私個人の知名度に依存するリスクは大きいのです。だからテレビやラジオで商品を説明する役割は、若手社員にどんどん任せています。ラジオに私はほとんど出演していませんし、テレビでも若手が登場する機会を増やしています。


羽賀翔一

自分がいるからこそ、他人が存在し、他人がいるからこそ自分が存在している。


町田勝彦

いま世界は急激に変化しつつある。厳しい経済状況の中での舵取りはかなりの困難を伴うに違いない。しかし視点を変えれば、この状況は海外に存在感を示す大きなチャンスでもある。


沼田憲男

わかりやすい文章を速く書ければ、労働生産性が上がり、働き方も変わる。難しく考えず、文章を書くための基本をしっかり押さえることが大事。


田村耕太郎

完璧な美人が意外と記憶に残らないように、バランスが完璧だと逆に印象に残りにくい。だから、愛嬌のあるバランスの崩し方をいつも心掛けています。でも、調子に乗って「好感を落とす」ことにならないよう気をつける必要がありますが、そういうことも正直なところたまにはあります。


戸塚隆将

上司に報告をする際、「私は○○だと考える(結論)。だから○○で進めてよいか(承認)」と念を押して相談すると、上司はイエス・ノーを判断するだけで済む。さらに、意見が違う場合に備えて、結論に至る「仮説」を用意しておけば、上司に説明を求められた際の対応もスムーズになります。


小笹芳央

本人に直接言う場合は「練り直し」が必要。例えば相手の仕事の問題点を批判するより、「こういう手もあるよね」と提案した方がいい。それがないと相手を感情的にさせ、事態を悪化させるだけ。前向きな提言なら、言われた側も理性的になれる。


小田中直樹

研究書の場合、小説と違って書き手は文章のプロではない。だから、いったん読むのを中断すると、筋を追うのが難しくなる。面白いと感じたら、徹夜してでも一気に読んだ方がいい。


内海哲也

試合のストレスはその日の夜に晴らします。あんまり考えるとドツボにハマるだけ。忘れることです。知り合いのマスター、友達にグチを聞いてもらう(笑)。そして次の登板はまっさらの状態で臨みます。


堀之内九一郎

いまがチャンスだと思う人が持っているアイデアの多くは、思いつきです。持っている情報の多くが狭い範囲の情報です。この市場に参入するならいまだ。このアイデアはいましか使えない。時代の流れをキャッチしてそれを事業にできる人は、千載一遇のチャンスに恵まれた人だけなのです。しかし、チャンスというのは、逆に言えば、能力さえあればいつでもチャンスになるのです。チャンスは自分で作るものとはよく聞く言葉ですが、能力さえあれば、チャンスは自分で作ることができるのです


小池百合子

「みんながやることをやっていれば安心だ」というのは大きな間違い。皆がやることは当たり前すぎる。そこにプラスアルファで何をするのか。そうしたことが問われる。


サミュエル・スマイルズ

天は自ら助くる者を助く。自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間をいつまでも励まし、元気づける。自分に対して「最良の援助者」になれ。


桜井一紀

最近、大企業でもコーチングの資格を昇進の条件にしているところがあります。もはや人を動かす力なしにはミドル以上のキャリアなき時代に突入したといっていいでしょう。


成瀬隆章

未来の予測はできませんが、当社は車を売ることよりも、人を育てることを大事にしています。人材がそろっていれば、会社は生き残ると信じています。


ページの先頭へ