西澤敬二の名言

西澤敬二のプロフィール

西澤敬二、にしざわ・けいじ。日本の経営者。「損保ジャパン日本興亜」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、安田火災海上保険(のちの損保ジャパン日本興亜)に入社。損保ジャパン執行役員営業企画部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

西澤敬二の名言 一覧

私は「人に誠実であれ、仕事に真摯であれ」ということを心がけています。ビジネスをする際にも、誠実さと真摯さはとても大事な要素だと考えているんです。


誠実さ、真摯さを磨くために必要なのは、「物事の本質を絶え間なく追求する努力」「実現まで決して諦めない情熱」「新しいことや不可能なことにチャレンジする胆力」。


瞬時に各部門で情報が連携されなければ、品質の高いサービスは提供できない。


環境変化が激しいので、いかにお客さまの立場でものを考えられるかが企業の優劣を決する。


大事なことはお客様を見つめる、お客様の立場に立って考え続けること。そこだけを事業としてやっていけば、成長のチャンスはある。


最小単位の組織が一定の権限委譲を受けて機能しないと会社は強くならない。


会社のDNAと言える強みは、いまいる我々がつくりあげていくしかない。20年後、30年後、この会社の若い社員たちが誇りを持てるDNAを、一人一人が主役になって、つくりあげていこう。


人は教育をして育成するものなのに、何か上手くいかないと、すぐに機構や人事をいじくるが、それは違う。その前に、人を育てる仕組みが大事だ。


私は物事をつらいとか、苦労といったふうにあまり考えないたちで、ヒトや物事に先入観を持たないし、好き嫌いもあまりない。


重要なのは、まず生産性を上げること。ものすごい量のビジネスインテリジェンスツールが世の中に出てきているので、すべての業務プロセスを見直し、最先端技術をどんどん現場に取り込むように本社内の各部署に指示を出していきます。これは現場というよりは本社の役割ですね。


差別化の最後の要素は、おそらく現場力になってくるのではないかと考えています。デジタル戦略と現場力の強化、その両方を進めていきたい。


一つ一つの現場が「お客様のために何ができるか」を本気で考えチャレンジしていくことが重要だ。そのために、経営も現場重視に変革していく。


デジタル技術は積極的に活用しないといけないが、それだけでは他社に追いつかれる。本当の意味で差別化につながるのは、やはり現場力だ。


我々は従来の保険業中心のビジネスから、「安心・安全・健康」のサービス産業へとビジネス領域を変えることに取り組み始めている。介護事業をはじめ、商品の延長保証や、住宅のリフォームなど、グループ会社を通じて総合的なサービスを展開していく。


さらに新たなビジネスモデルにチャレンジしていかなければいけない。今後の競合はどこになるかまだ見えないが、お客様の立場に立って徹底的に取り組んでいく。


我々の業界で、環境の変化としては人口動態や気候変動がある。日本の人口は50年後には8000万人に減少するといわれているが、50年の間に準備することができる。グローバルトップのアリアンツはドイツ企業だが、ドイツの人口は8100万人だ。それでも世界最大級の保険会社になっているわけだから、悲観する必要はない。


豊かな人生を送るためには、様々な方との交流を深めることが必要。そして、真の人間関係をつくるには、大いに雑談をするのが一番。たわいもない会話の中に、相手の人柄も見えてくる。


美味しいものを食べたり、ちょっとお酒が入ったり、ということも大事。「食べること」とは、コミュニケーションを深めるために欠かせない。


介護事業などでは社内に異論があったのも確かです。入居者が事故に遭遇するようなことがあれば、当社の信用に関わるのではないか、といった不安があるからです。利益の出しにくい事業であることも知られてましたから、それを心配する声もありました。でも、自動車保険だってモータリゼーションが始まった頃は赤字でした。それでも日本にとって重要な事業だし、やがて大きな市場になるのは分かっていたからやった。介護事業もそれと同じです。


良い仕事をするためには健康でなくてはいけません。リラックスした雰囲気で美味しいものを食べたときには幸せを感じますし、ストレスも発散して、健康になれる気がしますよね。ですから私がプライベートで行く店は、美味しいのはもちろんのこと、気軽に入れ、店主の人柄が良く、おもてなしの心がある。そして、店主やおかみさんやお客同士でも雑談ができて、楽しい気持ちになれるような店なんですよ。


西澤敬二の経歴・略歴

西澤敬二、にしざわ・けいじ。日本の経営者。「損保ジャパン日本興亜」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、安田火災海上保険(のちの損保ジャパン日本興亜)に入社。損保ジャパン執行役員営業企画部長、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中野幸治

時々は蔵に行って感覚を途切らせないようにしないといけないと思っています。同様に営業の人たちにも造りの知識と感覚は持ってもらうために、蔵に来るように言っています。


蔭山洋介

スピーチにおいて、自分の意見を言うのは1割ぐらい、それもありふれた内容で構わない。むしろ聴衆が聞きたいのは体験の部分だ。直接的に感情を言葉にするより、体験を話すことによって感じてもらうほうがより響く。


宋文洲

利益の出にくい分野はどこの会社にもあるものです。たとえば顧客の中に、訪問回数が多いのに売上はわずかという相手はいませんか?そうした顧客を抱えていると、利益が圧迫されるだけでプラスに転じることはありません。しかし、営業担当者個人としては顧客に来いと言われたら、むげに断るわけにもいきません。個人で対処するのではなく、トップの判断で会社から案内状を送り、顧客に撤退を知らせるといった対処が必要です。


ジョン・ウェルス

企業経営において今後重要になるのは、環境の変化に応じて柔軟に対応できる「柔軟性の創造」です。25年前に主流だったロジックは「いったん戦略を開発したら長期間有効でなければならない」でした。だから誰もが5年、10年の経営計画書を立案しました。しかし、変化が激しく不確実ないまの時代はそうはいきません。


堀之内九一郎

自分を愛してくれる人の存在が自分の人生の夢や喜びを大きく広げてくれます。無限の可能性が広がる大空を成功者として飛び回ることもできるようになります。人を愛することができる人になって、人から愛される人になってください。


御立尚資

よく、社外の勉強会や交流会で人脈をつくろうとする人がいますが、私はあまり評価しません。社外人脈よりも、会社内で仕事を進めて行くうえで必要なのは社内常識です。もっと自分の会社内を大事にして、その中に根を張った方がいいと思います。


高野登

挨拶上手で有名なのは、米国の元大統領のビル・クリントンです。初めて会った人でも、必ず去り際に握手をして、名残惜しそうに目を見たそうです。これでみんなキュンとなってしまう。最初の挨拶は誰でも立派ですが、最後に気をぬいてしまう人が多いのです。握手まではできなくても、去り際に目を合わせてみましょう。きっと心が通じ合えるはず。


栗原博

大事なのは「自分が本当にこの企画をやりたくて提案しているか」。もちろん、「想い」が強すぎて理解されにくいものになっていたら、指摘します。それでも、「本当にやりたいんだな」「入れ込んでいるな」ということが伝わってくるとやらせてみたくなる。


吉田たかよし

トレーニングで悲観的な人を楽観的に変えることは可能です。3つの軸で物事を捉え直す訓練をするのです。

  1. それが一時的なものなのか、永続的なものなのか。
  2. 特殊なことなのか、普遍的なものなのか。
  3. 外的な要因なのか、内的な要因なのか。

自分の成功や失敗について、この3つの尺度を矯正してみる。いいことがあったときには、こんな幸運は一時的と思わずに、ずっと続くと思う。失敗したときには、ダメだ、できないと思わずに、たまたまにすぎないというように、意識的に軸を変えてみるのです。


ハワード・シュルツ

企業と社員の間に築かれた信頼関係ほど大切なものはない。経営者から正当な報酬を受けていないと感じた社員は、疎外されたと思うだろう。社員が経営者に不信感を抱くようになった途端に、その企業の将来は危うくなる。


藤原和博

リクルートには営業マンは「客先の担当者を偉くすることを目標にせよ」というのもありました。ある大手銀行の採用担当者のところへ営業に行った際、採用広告をいただく糸口がつかめず、結局、受注できたのは、資料請求ハガキの集計発送業務だけでした。しかし、小さな受注とはいえ、先方の担当者にしてみれば、繁雑な業務をアウトソーシングできたわけで、社内では鼻高々です。ひょっとすると、仕事の権限が増したり、昇進するかもしれません。そうした小さな積み重ねが、将来の受注拡大につながるのです。


吉永泰之

地位が上の人間が下の人間に命令するのは簡単なことです。地位に付与されている権限を使って人を動かすことは、誰にだってできる。しかし、私が考える優れたリーダーとは、そんなリーダーではありません。命令によって人を動かすのではなく、命令しなくても人がついてくるリーダー。部下の側からいえば、思わずついていきたくなってしまう上司ということになるでしょうか。


乙武洋匡

新しい挑戦にはデメリットが付き物ですが、メリットもたくさんある。その両方を洗い出したとき、多くの場合はメリットのほうが多かった。だから、挑戦すると決めた。


木本茂

人が財産ですね。百貨店各社で、カリスマ的な方が、物産展や靴売り場などにいます。百貨店としてはそういう方をお客様に紹介していくことが、来店につながるわけです。お客様は店に付く場合と、販売員に付く場合がありますから。「あの人がいるからあのブランドに買いに行こう」とか。その関係性をどれだけ様々な売り場で実現できるかがこれから非常に大事になってくると思います。今の時代、お客様は様々な情報を事前に集めています。そのお客様としっかりとしたやり取りができる人材を、育成していく必要があります。


渡部功治

「今」はひたむきな1歩の積み重ねが作る。


ページの先頭へ