名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西水美恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西水美恵子のプロフィール

西水美恵子、にしみず・みえこ。元世界銀行副総裁(南アジア地域担当)。大阪出身、北海道育ち。高校時代に交換留学生として渡米。そのままガウチャー大学で経済学を学ぶ。卒業後、トーマス・J・ワトソン財団フェローとなり帰国。千代田化工建設で働きながら環境汚染問題を研究。その後渡米し、ジョンズ・ホプキンス大学大学院の博士課程(経済学)修了。プリンストン大学経済学部、兼ウッドロー・ウィルソン・スクールの助教授を務めたのち、世界銀行に入行し要職を歴任した。著書に『貧困に立ち向かう仕事』『国をつくるという仕事』『あなたの中のリーダーへ』など。

西水美恵子の名言 一覧

火が付いた情熱は飛び火するものです。


世界銀行は貧困解消を使命としています。当たり前のことをしているだけです。銀行はお客様をとことん知らなければなりません。各国の国民が株主であり、その国民のためにならないことには貸せません。


いまの金融を駄目にしているのは、お金の動きだけを見て、お金が何をつくっているのか、何を育てているかまで吟味しないことです。ファイナンスと実経済のリアル、この裏と表をしっかり見ておかないと、いい仕事はできません。


厚生労働省の若い人に話をしたことがあります。後期高齢者医療制度が議論されていたころです。「高齢者になりきった車椅子の生活、1日1円でも無駄にできない、あるいは目の見えない生活、それを24時間でも体験してから制度や法律を考えなおしては」と。これは政府であれ、世界銀行であれ、どんな商売でも同じです。


私は人の言っていることをしっかり聞きたいときには目をつぶります。普通の人の視覚は聴覚より優位にあり、誤魔化しがききます。


言葉にしてもコミュニケーションのツールとして不完全なものです。その不完全な言葉を使って、自分が考えていることを時間内にわかってもらうには、心を通じる努力をしなければなりません。言葉には魂があるのだと信じて語り掛けなければなりません。


私はプレゼンテーションでパワーポイントを使う人を信用していません。結局誤魔化しているからです。本当にメッセージをわかってほしいなら、パワーポイントは邪魔になります。


貧しい村で一晩でも村人と過ごせば、いままで見えなかったことがガンガン見えてきます。最初、自分に対して罪悪感が生じるものです。そこで、一人では精神的に危険と判断して、専門分野の違う人を複数で送り込みました。読み書きができなくても住人はよく地域経済を把握しています。パキスタン北部の僻村の人々は、BBCの短波放送をラジオで聞いています。こうしたことを体験すると、無学と人間の英知は関係ないことがわかります。裕福になる戦略を持っていても、実行に移すための政治やお金がない。そういう「真空状態」が貧困を強いていると気づくと、罪悪感が情熱に一変します。もともと持っている世界銀行職員としての使命感に火が付きます。
【覚書き|世界銀行職員に貧しい村で生活することを課したことについて語った言葉】


世界銀行のお客様は貧しい人々だが、世界銀行に勤めている人はほとんどが上流階級で、貧しい国から来ている職員もエリート層出身がほとんどです。貧しさを頭でわかっているわけではありません。私自身体験し、それを部下たちにも強いました。
【覚書き|世界銀行職員に貧しい村で生活することを課したことについて語った言葉】


日本に在留する期間は短いですが、メル友たちが全国にいっぱいいます。インターネットで検索して、ブログなどに私の本の感想を書いている方を見つけるとメールを出します。社会人は変な遠慮が出るようですが、高校生や大学生はじゃんじゃんメールを返してくれます。中には小学6年生もいます。日本人は何を考えているのか、ネットエージャーから感触を得ることができます。


西水美恵子の経歴・略歴

西水美恵子、にしみず・みえこ。元世界銀行副総裁(南アジア地域担当)。大阪出身、北海道育ち。高校時代に交換留学生として渡米。そのままガウチャー大学で経済学を学ぶ。卒業後、トーマス・J・ワトソン財団フェローとなり帰国。千代田化工建設で働きながら環境汚染問題を研究。その後渡米し、ジョンズ・ホプキンス大学大学院の博士課程(経済学)修了。プリンストン大学経済学部、兼ウッドロー・ウィルソン・スクールの助教授を務めたのち、世界銀行に入行し要職を歴任した。著書に『貧困に立ち向かう仕事』『国をつくるという仕事』『あなたの中のリーダーへ』など。

他の記事も読んでみる

下田進

採用して店長になるまでに5年はかかりますし、私としては店舗数増加をあまり急ぎすぎたくない。


ジャック・マー(馬雲)

ブランドをつくりあげるのは時間と経験の蓄積です。知名度を上げるなら簡単なことです。いくばくかのお金を使い、注目されるようなイベントなり話題なりをぶち上げれば、たちまち人々の知るところになります。しかし、真のブランド同士の競争とは、生き残り競争でしょう。短期的な知名度の違いは重要ではありません。


坂田浩一

世界に冠たる米英の二大通信会社があれほどの業績不振に陥ることなど誰が予想できたでしょうか。私が下した経営判断によって日本テレコムが資本の論理に飲み込まれていったことに忸怩(じくじ)たる思いがあることは事実です。結果的に私が描いていたグローバルな連携による成長路線というものは実現できなかったのですから。しかし、グローバル競争の荒海に漕ぎ出すことを避け、日本国内に閉じこもっていたとしたら、日本テレコムの名はすでに消え失せていたかもしれません。
【覚書き|米AT&T、英ブリティッシュ・テレコム、日本テレコムの出資を受け入れたことについての発言】


木暮太一

論理的な文章を書きさえすればわかりやすくなる、というのは大間違いです。論理的な文章とは、言ってみれば、飛び石が一直線につながっている文章です。飛び石を順番に飛んでいけば、結論にはたどり着く。でも、どのくらいの間隔で石を並べると飛びやすいかは、人によって異なります。わかりやすい文章とは、読み手が飛びやすい間隔で石を並べてある文章のことです。


魚谷雅彦

マーケティングを重視すると、企業と顧客の関係が様変わりします。一方的に企業が商品を売り込むプロモーションに代わり、顧客から企業への情報提供も含む双方向のコミュニケーションが非常に大切になるのです。


佐藤誠治(経営者)

私は現在の金融規制下において、チャレンジができない不自由な環境にあるとは感じていません。金融当局と会話を重ねながら、あるべきリスク管理態勢を整えています。外国債券の運用についても逆相関ヘッジを行うなど、リスクを合理的にコントロールしています。有望なマーケットを開拓し、持続的な成長を目指します。


木村皓一

創業時、はじめてつくったサンプルを持って売りに出かけましたが行った先々で断られてしまいました。「なんでやろ?」。博多のホテルで考えました。考え続けて、ハタと気がつきました。自分の営業は、相手の立場に立っていなかったのです。売ろう売ろうという、気持ちだけが先行していました。起業して家族を養わないといけないわけですから、それはそうなります。しかし、そこには相手のことを考える視点が一つもない。相手が“木村とつきあったら何かいいことがあるんじゃないか”、そう思う要素がなかったのです。


柏村美生

人材サービス事業に必要なのは「未来の習慣を創る」こと。今は現実的でないと思われる働き方も、未来では当たり前のことになるはず。そう信じて取り組んでいます。


福井威夫

研究者を鍛え活性化させる「場」が、わが社でいえばレースです。ホンダには「カンボコ」という言葉があります。これは「感動」と「ボコボコ」に叩かれていることを意味します。すなわちレースにおいて成功と失意を繰り返し体験することを意味しています。成功体験だけでは有頂天になり、うぬぼれてしまいますので、同時に失敗も経験させることで個性の強い人材が育つのです。


野村克也

僕はもう、南海ホークスの育ちですから、人気がないっていうことの虚しさが骨の髄までしみこんでいるわけです。両軍ベンチの選手の数の方が、スタンドのお客さんより多いといわれるくらい人気がなかった。実際数えてみたら、本当に選手の方が多かったこともあります。同じプロ野球なのに、巨人と南海でどこが違うんだ、南海の方がよっぽどいい野球をしていると思うんだけど、客が入らない。大阪の中心地の難波に球場があるのに、関西のファンはみんな阪神電車に乗って甲子園へ行ってしまう。とにかく、観客を増やすにはどうしたらいいかを常に考えていました。


武田双雲

予想もつかないトラブルが起きるのは、大好きなんです。「そうきたかー」と思うと、そこから意外なアイデアが出ますから。


ベンジャミン・ディズレーリ

我々が予測するものが起こることは滅多にない。しかし、我々がほとんど期待もしない事態がしばしば発生する。