名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西樹のプロフィール

西樹、にし・たてき。「花形商品研究所」代表、「シブヤ経済新聞」編集長。兵庫県出身。青山学院大学経済学部卒業後、大手PR会社を経て花形商品研究所を設立。また、ニュースサイト「シブヤ経済新聞」を設立。

西樹の名言 一覧

止められたままでは悔しい。プランをブラッシュアップして、もう一回話してみます。まず起案して口に出すことが大事。たとえ厳しい意見が返ってこようと。


僕にとって、トライしないことは失敗と同じ。どうせなら前のめりに倒れたい。


わざわざ失敗を体験しないまでも、「失敗することもある」という人生の前提は、早いうちに自分の中につくったほうがいい。


ビジネスも成功パターンの体系化は困難で、試行錯誤するほかないといいます。この街(渋谷)でもファッション業界からIT業界まで、チャレンジのスパイラルが生まれてきています。


一般的に、仕事上の失敗を前向きに生かそうとするときに、ボトルネックとなるのは上司ですね。上司の対応しだいでは、一回の失敗で人もプロジェクトもつぶれてしまいかねません。


大学時代に仲間と仕事めいたことを始めたのですが、一度納期に遅れて大失敗。取引先の方にひどく叱られた経験があります。でも、そのおかげでビジネスルールの一つを学びました。


西樹の経歴・略歴

西樹、にし・たてき。「花形商品研究所」代表、「シブヤ経済新聞」編集長。兵庫県出身。青山学院大学経済学部卒業後、大手PR会社を経て花形商品研究所を設立。また、ニュースサイト「シブヤ経済新聞」を設立。

他の記事も読んでみる

富田浩安

コロンビア大学での勉強が始まると、私は大きな衝撃を受けました。アメリカ人の学生たちがとにかく勉強していたからです。私はインターナショナルハウスという留学生が生活する寮に入っていたのですが、みんなが本当に勉強している。日本では受験勉強をして大学に入学したら運動などに明け暮れ、勉強は適当にするケースが多かっただけに驚きました。学生たちは図書館にこもってとにかく勉強をする。そういった光景を見て、私はそれまでの甘い気持ちを切り替えました。


玉塚元一

商売・経営はお客様のためにある。全社員が一緒になってこそ強くていい会社になることができる。


孫正義

数字が2つあったら足してみろ、3つあったら割ってみろ。


石川典男

急激に売上を伸ばそうと大量生産すると、品質が落ちてしまう恐れがあります。売上を重視するあまり、低品質の製品をお客様に提供するようでは、本末転倒です。私は、急激な成長をめざすのではなく、一段一段階段を上がるように成長していくことを目指してきました。


二宮尊徳(二宮金次郎)

貧者は昨日のために今日つとめ、昨年のために今年つとめる。それゆえ終身苦しんでも、そのかいがない。
富者は明日のために今日つとめ、来年のために今年つとめるから、安楽自在ですることなすことみな成就する。


鈴木幸一(経営者)

出資の話は十中八九が相手にするまでもないレベルです。ストレートに「事業になるわけがない」と告げればいいでしょう。就職の依頼の場合はもっと早いです。相手に「出来が悪いから駄目」というのも手間なので、会わずに「もう締め切った」と連絡すればいいのです。それを見越して早い時期に頼みに来る人には「権限がない」と言うことにしています。


ニック・バーリー

やってみることで、害もなければ、損することもないならば、やればいいのです。


幸田真音

数々の修羅場を乗り越えてきたからこそ強さがある。挫折したからこそ、優しくなれる。こうした人生の機微を大切に書いていくのが小説だと思う。


山田英夫(経営学者)

副業を解禁する理由は企業によって様々だと思いますが、取材した企業の多くに共通していたのは、人材育成と新規事業開発が目的でした。幅業や副業を通じて、新規事業開発を担えるような人材を、社外の環境下で育成しようという考えです。経営環境がめまぐるしく変化する中で、多くの企業において新規事業開発は必要とされています。新規事業開発とは、言わば一つの事業を起こして経営することですから、その能力を座学や社内の仕事だけで身につけることには限界があります。一方、副業をやってみると、自分が一人で、あるいは社長として、営業もキャッシュマネジメントも含めたあらゆる面に対処しなければならないため、新規事業開発に必要な要素を実地で学ぶことができます。また、法務や税務などのように自分で対処しきれないことは、専門家と組んで行う必要も出てきます。企業は、副業によって得られるこうした人材育成効果に期待しているのです。


金井真介

人が欲している「ニーズ」を提供するのは簡単だが、やはり人が潜在的に欲しがっている「ウォンツ」を提供するのがマーケッターの醍醐味。


竹下雄真

運動への苦手意識が先に立つときは、体を車にたとえて考えてみてください。年式が古くなると傷んできますから、絶対にメンテナンスは必要です。そのほうが故障が減りますから。走らずにずっと置いておいてもダメですし、ある程度走らせておかないとエンジンにもガタが来る。だからいい感じに走って、いい感じにメンテナンスして、大事に乗ることが大切。


小宮一慶

仕事を上手にこなせるだけの社員は、取り替えのきく社員として、会社からはむしろ重要視されなくなってきています。厳しい言い方のようですが、30代前半までに与えられる仕事はできて当たり前。ようやく一人前になったに過ぎません。いま多くの会社が望んでいるのは、そこからさらに一流を目指して努力する人材。ところが多くの人は一人前になったことで安心し、さらに成長しようとしないのです。