名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西松眞子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西松眞子のプロフィール

西松眞子、にしまつ・まこ。日本のイメージコンサルタント。京都出身。大学職員、イベントプロデュース会社などを経て独立。著書に『仕事以前のビジネスマナーの常識』『第二印象で好かれる技術』。

西松眞子の名言 一覧

表面的な外見を磨くのは、第一印象を上げるためにすること。2人称の意識を持ち、別れ際の印象にまで気をつけて、第二印象を高めていく工夫を凝らしてください。


相手の心をつかむには、初対面よりも2度目以降の方が重要。ビジネスパーソンは、瞬間的な好感度を上げることより、その場だけでは終わらない人間関係を構築する方が大切。ですから、第一印象でどう見られるかを悩んだり、失敗したことを嘆かず、第二印象で勝負しましょう。


西松眞子の経歴・略歴

西松眞子、にしまつ・まこ。日本のイメージコンサルタント。京都出身。大学職員、イベントプロデュース会社などを経て独立。著書に『仕事以前のビジネスマナーの常識』『第二印象で好かれる技術』。

他の記事も読んでみる

鎌田正彦

M&Aが成功するかどうかは人です。私はこれまでいくつもの企業や人に投資をして経験を積んできました。買収した会社に単身で行って、私という経営者をただで買ったと思ってくれ、将来はこういう会社にしよう、一緒に夢を見ようと毎晩のように交流して相互理解を深めます。


窪山哲雄

ほとんどのお客様は、サービスを提供する側と同格の立場になりたいとは思っていません。親しみをもって接するのと、馴れ馴れしくするのはまったく別です。矩(のり)をこえない、つまり節度を保つことが大切です。お客様が距離を縮めて接してきたら、その半分ほどの加減で戻すのが、ちょうど良いかもしれません。


山本梁介

企業家とは、最も多様な才能を必要とされる仕事で、一番面白いと思います。人間力が試されます。人間力とは、相手の立場になるということです。


三浦昭

身軽で柔軟な組織づくりを進めていくと、事業規模は小さくても、全面的にマネジメントの責任を求められるポストが増えていきます。リーダーが失敗すると、部下全員が被害を受けますし、大組織と違って、すぐに助けてくれる上司もいません。そうした責任に耐えられる人材の需要が高まっているのです。私自身も、人材育成には心して取り組まなければいけないと気を引き締めています。


山田哲矢

下請けではなく、いっそのこと元請けになったらどうかと考えた。プロフェッショナルぞろいの防水工事業者と違って、元請けの社員は専門知識もないし、営業力もあるようには見えない。防水のやつらと喧嘩するより、元請けと顧客を奪い合うよう環境を変えた方が勝つ機会は増えると。


佐々木常夫

情報が足りていないために上司の判断がブレて、言うことが変わるというケースもあります。その場合は、足りない情報を補足してあげるのが部下の務め。指示された瞬間に反論すれば、上司は不快に思うでしょうが、いったん席に戻って必要な情報を揃えてから、「調べてみたらこんな情報もあるようなので、別案も検討してはどうですか?」と提案すれば、上司も「自分を助けてくれてありがたい」と感じるでしょう。


廣瀬俊朗

一流の人とは、自分のことがしっかりできて、いつも進化し続けようとする人のことだ。


最首英裕

資金繰りが苦しく、サービスがなかなか立ち上がらないなど苦境のときは意外と潰れない。逆にこんなことで負けてたまるかと組織は団結する。


北条重時

奉公や宮仕えをすることがあるならば、百千人の多人数の者とそれぞれ気安くまじわるようなことをせず、ただただ、お仕え申す主人の御事のみ大切に思いなさい。主の御為には、命をも、いかなる宝をも、惜しんではいけない。


三原脩

選手を掌握すると言っても、トラを飼いならして羊にしてしまったんではどうしようもない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんのが勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦。


近藤昭

収益不動産事業では、土地オーナーの資産組み替えサポートを軸にビジネスを展開しています。都内における優良物件の買い取り再販を行いながら、顧客の資産防衛を手助けしています。私たちはマーケットの動向を確認しながら、極力リスクの低い物件を取り扱います。たとえば、10年先も満室稼働が期待できる物件であるかという基準でジャッジしています。


宮本武蔵

人が世を渡るにも一生の内には、渡(川の難所)を越すということが多いことであろう。船路にあっても、その「渡」の場所を知り、舟の規模や性能を知り、日の善し悪し(吉凶)をよく知って、友舟(ともぶね)は出さなくてもその時々の状況に応じて、あるいは横風を利用し、あるいは追い風を受け、もし風が変わっても二、三里であれば櫓(ろ)や櫂(かい)を漕いで港に着くつもりで、舟を乗りこなして「渡」を越すのである。その旨趣を理解して、人の世を渡るにも、全力をあげて困難を乗り越えようという意志が必要である。