名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

西松眞子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西松眞子のプロフィール

西松眞子、にしまつ・まこ。日本のイメージコンサルタント。京都出身。大学職員、イベントプロデュース会社などを経て独立。著書に『仕事以前のビジネスマナーの常識』『第二印象で好かれる技術』。

西松眞子の名言 一覧

表面的な外見を磨くのは、第一印象を上げるためにすること。2人称の意識を持ち、別れ際の印象にまで気をつけて、第二印象を高めていく工夫を凝らしてください。


相手の心をつかむには、初対面よりも2度目以降の方が重要。ビジネスパーソンは、瞬間的な好感度を上げることより、その場だけでは終わらない人間関係を構築する方が大切。ですから、第一印象でどう見られるかを悩んだり、失敗したことを嘆かず、第二印象で勝負しましょう。


西松眞子の経歴・略歴

西松眞子、にしまつ・まこ。日本のイメージコンサルタント。京都出身。大学職員、イベントプロデュース会社などを経て独立。著書に『仕事以前のビジネスマナーの常識』『第二印象で好かれる技術』。

他の記事も読んでみる

酒巻久

ノーベル賞の受賞者たちは別として、選択と持続の両方をできる人間はほとんどいません。選択できる人は飽きっぽい人が多いので、分かってしまったらその先が続かない。どちらもできる人はまれですが、どちらかできる人はかなりの確率でいます。だったら組み合わせればいいのです。選択できる人に選択させ、その先は持続できる人に任せていく。これは意外とされていないことです。


渡辺秀一(経営者)

競争ではなくて、物事の考え方やビジネスモデルが過去の延長では立ち行かなくなってきているのだと思います。だから単純に規模が大きくなるだけの合併は、もうあまり意味がない。パイが大きくならない限り「共食い」になってしまう。それは自分はあまり好きじゃない。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

自分の腕前を隠す心得があることこそ、大きな腕前である。


大久保幸夫

まずは「人材をうまく生かす人材」を作ることが重要。管理職に対してスキルトレーニングを行うだけでも改善されるはず。


宗次徳二

社長が考えるお客様第一主義と、幹部以下の人が考えるお客様第一主義は全然違うと思っています。心の込め方が違います。お店のまわりに雑草が生えていたら自分で抜き、タバコの吸殻が落ちていたら自分で拾う。社員さんに言えばやってくれますが、社員さんではその場限りになります。社長はお客様のことを第一に考えて、目についたらその場でやるのです。


本多均

事業が衰退期に入るときには、全営業所の前月対比が一店舗だけマイナスになるなど、何かしらの兆候があります。


月岡隆

出光佐三が言ったことの中で私が好きなのは、「自分に薄く、人のために尽くすことが、民主主義を唱える国の根本である」という言葉です。日本という国は昔から他人のために、みんなで譲り合い助け合うことで成り立つ社会。社会の基本は家であり、親から躾(しつけ)を受けながら、みんながきちんと仲良くやっていく文化がある。出光興産はこの文化を守ろうとする会社だと私は思っているんです。


安藤美冬

文書の校正をするときや、資料を読み込む場合のように根を詰めて作業する場合には、静かな喫茶店に行きます。寡黙なマスターがコーヒーをいれているようなタイプのお店です。そういう喫茶店ではおしゃべりをする人もあまりいないので、集中する必要のある仕事には向いています。


林原健

弊社がメセナ(企業が芸術・文化活動にカネ・ヒト・モノを支援提供すること)に力を入れているのも、実は全社規模で異分野の経験をし、異分野の知識を持ちたいと考えているからなんです。たとえば、漆に関わる職人さんを社員として抱え込んでいますが、それは彼らとの交流から社員一人一人が知識的にも、文化的にも豊かになればと思うからです。


木川眞

プラットフォームビジネスを成功させるには、必ずひとつの鉄則を守らなくてはなりません。それが「独り占めをしない」ということです。ヤマトグループが各社の持つ機能を合わせれば、サプライチェーンの川上から川下まで、極めて広いサービスを提供することができます。ですが、だからといってすべての機能を独り占めするつもりはありません。ひとたびプラットフォームを築けば、その上にライバルや異業種、自治体などの様々なプレーヤーが乗った方がいい。プラットフォームビジネスでは協業という考え方が重要です。


大久保幸夫

変化が激しい時代だからこそ、変わらずに必要なものを自分のなかに育てていくことが、大きな武器になるだろうと私は思います。


細谷功

不満もプレッシャーも感じない人は、ずっとゼロ地点で留まっているようなもの。思考停止状態に陥っていて、マイナスのエネルギーを発することもない代わりに、プラスのエネルギーを発することもありません。だから、不満やプレッシャーを感じている人は、自分はそれを前向きなエネルギーに変えていける可能性があるのだと自信を持っていい。