名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西村貴好の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西村貴好のプロフィール

西村貴好、にしむら・たかよし。組織活性化コンサルタント。一般社団法人「日本ほめる達人協会」理事長。関西大学法学部卒業後、家業のホテル運営に従事。従業員の離職率の高さに悩んだのち、褒めることで定着率を上げ、1年で求人費用を0円にする。その後、褒めることによる組織活性化について講演やコンサルティングを行っている。その活動はTV番組などで数多く取り上げられた。著書に『ほめる生き方』『繁盛店のほめる仕組み』など。

西村貴好の名言 一覧

周りの人は必ずポジティブな言葉を待っているもの。口癖になるくらい相手に言い続けてください。ネガティブなことを言いそうになったら、「惜しい!」に言い換えましょう。


褒めることはトレーニングで誰でもできるようになります。相手の悪い面は見ないようにしてプラスの面を探して褒めるクセをつけてください。本当に小さなことでいい。いつも注意して観察していれば、相手のよいところがどんどん見えてくるようになります。


褒める場合は形に残るものの方が効果が大きい。たとえば社員同士が相手のいいところを紙に書いて職場内に貼り出す。自分の目で読むことで、褒められた内容がより深く心に残ります。


自分の話を熱心に聞いたうえ、「いまのメモとらせてもらっていいですか?」なんて言われたら嬉しいですよね。「聴く」ことが相手の行動を肯定することにつながり、「褒める」に直結するわけです。


世の中に、「褒めるところがない人」などいません。良い部分を見つけるのに慣れていないだけのこと。


人を褒めることで、褒めた人に光が当たるのと同時に自分も輝く。


「褒めるは他人のためならず」とでも言いましょうか、褒めることによって一番恩恵を受けるのは自分だったりします。


褒めた方は忘れているようなことでも、褒められた相手の方はよく覚えているんです。褒めることで、相手の心に残る印象的な言葉を、知らぬ間に伝えているのかもしれません。


「人間はそもそも人のことを褒められない」ことを自覚することが大事です。私たちは本能で、自分の周りの人の欠点やできないところを探してしまう。自分の周りの上司や同僚、部下の悪いところ、ダメな所が見えてしまうのは、本能で染みこんでいるものだから仕方がない。だからこそ、本能よりちょっとだけ自分の理性を生かして、周囲の人のいいところを探そう、あるいはそういう修行だと考えゲーム感覚でスタートすることも大事です。意思を持って、覚悟を決めて、褒めていこうということです。


人はただ褒められたいだけじゃなく、誰かの役に立っていることをすごく知りたいということです。「笑顔が素敵ですね」で終わるのではなく、「その笑顔ですごく場が明るくなる。何か元気をもらえたような気がします」といった形で、周囲にも好影響を与えていることを伝えると、すごく心に響く褒め言葉になります。


人や物の魅力というのは、その欠点やコンプレックス、トラウマのすぐ横に隠れているといえるのかもしれません。


放っておいても人は他人の欠点に目が行きがちです。僕の経験では「相手のことを考えて」とか「相手にこうなってほしい」という思いが強い人ほど、ついついマイナス方向に指摘をしてしまいがちです。でも、逆にプラス方向に持ち上げてみると、思ってもみない効果がさらに生まれるのです。


周りの人を褒め続けると、自分の周りでいいことがいっぱい起きるようになります。それは、褒めることによって最高の返事、すなわち行動を相手から引き出していることに他なりません。反対にダメな所ばかりを指摘しても、相手はなかなか行動を変えようとはしません。


よく「若い人を褒めると調子に乗るから、甘い言葉はかけたくない」という人がいます。でも、単純に褒めただけでなく、たとえば「こういうことができた君だから、次はこういうところをやってみようよ」と言って、次の行動の背中をちょっと押してあげる。さらに、その行動の変化におる結果の違いまで見つけ、伝えてあげる。たとえ結果が期待通りでなくても「君自身は成長している。僕はそこを見ていたよ」と伝える。そこまでやって、ようやく褒めることのワンクールが終了するわけです。


一般的にいわれている「褒めると相手のモチベーションが上がるから良い」という論理は、半分正しくて半分間違いです。相手のモチベーションが上がったら、そのモチベーションの使い道まで教えてあげなければなりません。それが褒めることの奥義といえます。


思うように企業の業績が上がらないと、上司たちはイライラし、部下に対する要求も増えます。するとその部下はそのまた下の部下へ……というような悪循環に陥り、職場が殺伐とした雰囲気に。そんな状況を一変させるのに必要なのが、「褒める」ことなんです。


西村貴好の経歴・略歴

西村貴好、にしむら・たかよし。組織活性化コンサルタント。一般社団法人「日本ほめる達人協会」理事長。関西大学法学部卒業後、家業のホテル運営に従事。従業員の離職率の高さに悩んだのち、褒めることで定着率を上げ、1年で求人費用を0円にする。その後、褒めることによる組織活性化について講演やコンサルティングを行っている。その活動はTV番組などで数多く取り上げられた。著書に『ほめる生き方』『繁盛店のほめる仕組み』など。

他の記事も読んでみる

上田準二

偉人の格言もいいんですが、あまりにも論理的にスキのない言葉や話を聞かされると「言っていることは正しくても、それができないから困ってるんだよ!」と思うものです。


ゲーリー・ベッカー

経営大学院では、リーダーシップを上手く教えていないように思います。というよりも、教えるだけでは不十分です。リーダーシップは、優れたリーダーの背中を見ながら学ばなければいけません。


岡本真一郎(心理学者)

自己評価と、他人からの評価をきちんと冷静に分析できない。言い換えれば、他者からのフィードバックを活かせない人。内省的になれない人、他者の考えを受け取れない人はリーダー向きではなく、上司にもなってはいけません。


ケリー・マクゴニガル

恐怖を克服するには、恐れている事態とよく似ているが、それより少し負担が軽い状況に自分を置き、慣らしていくことがいいと研究で明らかになっています。その次は、同じ恐怖を克服した人に支えてもらうことです。


立川談四楼

芸人のいい部分は、客が先に発見します。芸人は自分の長所を案外知らず、そこに気づき、そこをうまく膨らませた時に開花するのです。


森下一喜

無料でもしっかり遊べることが大事だ。1人当たりの購入金額があまり増え過ぎるとユーザーの負担が大きいので、そうなりかけたらあえて、無料でアイテムを配るイベントを起こしたりもしている。売り上げの伸びは、ゲームが面白くユーザーが増えたことの結果にすぎない。


森川亮

私がこれまで見てきた組織を振り返ると、優秀な人ほどケンカをしませんでした。なぜなら相手を打ち負かしても、「いいもの」を作れないし、時間やエネルギーの無駄だと分かっているからです。


こだま(作家)

人と顔を突き合わせることに苦痛を感じる私にとって、書くことは救いでした。話すことは苦しいけれど、文字ならば心の内を伝えられる。子供の頃は日記帳だったものが、いまではブログや同人誌、そして商業誌や書籍に変わりました。書くことによってたくさんの人と繋がることもできた。言いたいことを思う存分言える性格だったら、書く世界に足を踏み入れてなかったと思う。口下手でよかったと思えるようになりました。


スタニスラブ・ベセラ

私が仕事をするうえで重視しているのは対話です。組織とトップのコミュニケーションがうまくいかないと、トップは右と言っても、組織が同意せずに左に向かうことが起こりえます。そうならないように、一緒に働いてくれる人たちとは、相手の話に聞く耳を持つ関係をつくっていく必要があります。


楠木建

スキルは定義や開発の方法論があるので、テストを受けるなどして、その結果をフィードバックできます。しかし、センスは定義や方法論がないので、自分一人で確かめることができません。だからセンスの悪い人は、自分のセンスの悪さに気づかずにそのままになってしまう。自分のセンスは、人と比べることで初めて見えてきます。そう考えると、センスのいい人は、自分と違う人と会って対話を重ねてきた人だとも言えます。


渡辺大

いつも「このシーンが終わったら、美味しいものを食べる!」と狙っています(笑)。それが体のコンディションを整えることにつながるし、役者というよりは人間として大切なことかなって。「10年後の自分をつくるのはいまの食事だ」って言うじゃないですか。


高田明(ジャパネットたかた)

「目は口ほどにモノを言う」という言葉もありますが、実際には目も、手も、指も、身体も、表情もしゃべります。そういう非言語の力を活用することが、伝える際には不可欠。