名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

西村貴好の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西村貴好のプロフィール

西村貴好、にしむら・たかよし。組織活性化コンサルタント。一般社団法人「日本ほめる達人協会」理事長。関西大学法学部卒業後、家業のホテル運営に従事。従業員の離職率の高さに悩んだのち、褒めることで定着率を上げ、1年で求人費用を0円にする。その後、褒めることによる組織活性化について講演やコンサルティングを行っている。その活動はTV番組などで数多く取り上げられた。著書に『ほめる生き方』『繁盛店のほめる仕組み』など。

西村貴好の名言 一覧

周りの人は必ずポジティブな言葉を待っているもの。口癖になるくらい相手に言い続けてください。ネガティブなことを言いそうになったら、「惜しい!」に言い換えましょう。


褒めることはトレーニングで誰でもできるようになります。相手の悪い面は見ないようにしてプラスの面を探して褒めるクセをつけてください。本当に小さなことでいい。いつも注意して観察していれば、相手のよいところがどんどん見えてくるようになります。


褒める場合は形に残るものの方が効果が大きい。たとえば社員同士が相手のいいところを紙に書いて職場内に貼り出す。自分の目で読むことで、褒められた内容がより深く心に残ります。


自分の話を熱心に聞いたうえ、「いまのメモとらせてもらっていいですか?」なんて言われたら嬉しいですよね。「聴く」ことが相手の行動を肯定することにつながり、「褒める」に直結するわけです。


世の中に、「褒めるところがない人」などいません。良い部分を見つけるのに慣れていないだけのこと。


人を褒めることで、褒めた人に光が当たるのと同時に自分も輝く。


「褒めるは他人のためならず」とでも言いましょうか、褒めることによって一番恩恵を受けるのは自分だったりします。


褒めた方は忘れているようなことでも、褒められた相手の方はよく覚えているんです。褒めることで、相手の心に残る印象的な言葉を、知らぬ間に伝えているのかもしれません。


「人間はそもそも人のことを褒められない」ことを自覚することが大事です。私たちは本能で、自分の周りの人の欠点やできないところを探してしまう。自分の周りの上司や同僚、部下の悪いところ、ダメな所が見えてしまうのは、本能で染みこんでいるものだから仕方がない。だからこそ、本能よりちょっとだけ自分の理性を生かして、周囲の人のいいところを探そう、あるいはそういう修行だと考えゲーム感覚でスタートすることも大事です。意思を持って、覚悟を決めて、褒めていこうということです。


人はただ褒められたいだけじゃなく、誰かの役に立っていることをすごく知りたいということです。「笑顔が素敵ですね」で終わるのではなく、「その笑顔ですごく場が明るくなる。何か元気をもらえたような気がします」といった形で、周囲にも好影響を与えていることを伝えると、すごく心に響く褒め言葉になります。


人や物の魅力というのは、その欠点やコンプレックス、トラウマのすぐ横に隠れているといえるのかもしれません。


放っておいても人は他人の欠点に目が行きがちです。僕の経験では「相手のことを考えて」とか「相手にこうなってほしい」という思いが強い人ほど、ついついマイナス方向に指摘をしてしまいがちです。でも、逆にプラス方向に持ち上げてみると、思ってもみない効果がさらに生まれるのです。


周りの人を褒め続けると、自分の周りでいいことがいっぱい起きるようになります。それは、褒めることによって最高の返事、すなわち行動を相手から引き出していることに他なりません。反対にダメな所ばかりを指摘しても、相手はなかなか行動を変えようとはしません。


よく「若い人を褒めると調子に乗るから、甘い言葉はかけたくない」という人がいます。でも、単純に褒めただけでなく、たとえば「こういうことができた君だから、次はこういうところをやってみようよ」と言って、次の行動の背中をちょっと押してあげる。さらに、その行動の変化におる結果の違いまで見つけ、伝えてあげる。たとえ結果が期待通りでなくても「君自身は成長している。僕はそこを見ていたよ」と伝える。そこまでやって、ようやく褒めることのワンクールが終了するわけです。


一般的にいわれている「褒めると相手のモチベーションが上がるから良い」という論理は、半分正しくて半分間違いです。相手のモチベーションが上がったら、そのモチベーションの使い道まで教えてあげなければなりません。それが褒めることの奥義といえます。


思うように企業の業績が上がらないと、上司たちはイライラし、部下に対する要求も増えます。するとその部下はそのまた下の部下へ……というような悪循環に陥り、職場が殺伐とした雰囲気に。そんな状況を一変させるのに必要なのが、「褒める」ことなんです。


西村貴好の経歴・略歴

西村貴好、にしむら・たかよし。組織活性化コンサルタント。一般社団法人「日本ほめる達人協会」理事長。関西大学法学部卒業後、家業のホテル運営に従事。従業員の離職率の高さに悩んだのち、褒めることで定着率を上げ、1年で求人費用を0円にする。その後、褒めることによる組織活性化について講演やコンサルティングを行っている。その活動はTV番組などで数多く取り上げられた。著書に『ほめる生き方』『繁盛店のほめる仕組み』など。

他の記事も読んでみる

佐藤勝人

1枚10円のプリントサービスをやるなんて言ったら「儲からないお客さんばかり来るからやめたほうがいい」ということになるけど、それは企業側の論理にすぎない。うちでは、そういうところに新たなお客さんがいるはずだと思ってサービスを始めてみたら、実際にお客さんが来てくれた。


みうらじゅん

先人が手をつけておらず、まだジャンルとして成立してないものを探し、あたかもあるように見せてきた。それをネーミングするのも、仕掛けて広めるのも自分。デビューしてから「一人電通」をずっと続けてきたわけです。


郷ひろみ

デビュー当時、僕は仕事をすればするほど「歌えない」「踊れない」「しゃべれない」ことに強いコンプレックスを抱いていた。だから3年目の19歳の時、NYへ行き、歌とダンスのレッスンを始めた。コンプレックスをエンジンに、自分を磨こう、と飛び出せた。


高橋淳(経営者)

最も重要な安全・安心に関わる部分はマニュアルにしていますが、そうでない部分はスタッフが工夫しながら運営していく余地を残しています。


ロバート・キヨサキ

私のビジネスでは、仕事の責任を、供給サイド(セールスやマーケティング)と需要サイド(サプライチェーン)に明確に分けている。ビジネスが大きくなるにつれて、需要サイドだけを担当する者を一名、供給サイドだけを担当する者を一名、というように、それぞれ任命する。こうすることによって、両サイドの関係がうまくいっていないときでも、誰に原因があるかといつた責任追及や責任転嫁、問題の原因が不明といった事態に至るリスクを大幅に減らすことができる。


本庄八郎

お客様は買ってくれる消費者や小売店さん、問屋さんだけではない。お金を貸してくれる金融機関や地域社会、原料を売ってくれる仕入れ先も我々のお客様なんです。当社は、この定義を徹底的に社内教育でしっかり社員に植え付けています。そうしておかないと、中には勘違いをして消費者と買ってくれる小売店さんと問屋さんだけがお客様であると思ってしまいかねないからです。


酒巻久

ノーベル賞の受賞者たちは別として、選択と持続の両方をできる人間はほとんどいません。選択できる人は飽きっぽい人が多いので、分かってしまったらその先が続かない。どちらもできる人はまれですが、どちらかできる人はかなりの確率でいます。だったら組み合わせればいいのです。選択できる人に選択させ、その先は持続できる人に任せていく。これは意外とされていないことです。


岡島悦子

話した内容が相手に理解される歩留まりは、3割程度だと思ったほうがいいでしょう。つまり、7割は聞き手の頭から抜け落ちてしまう。歩留まり率を上げることを考えると、聞き取りにくい声は論外なのです。声の大きさに加えて、滑舌のよさ、明瞭な論理構成なども重要になってきます。あるいは、声の大きさをバイタリティのバロメーターととらえてもいいかもしれません。声の小さい人でエネルギーレベルの高い元気な人はあまりいないですから。


リック・ピティーノ

長期的な成功というのは、そこに至るまでの過程での小さな勝利の積み重ねの結果であり、絶えず進歩を追い求めていけば、小さな成功が大きな成功と目標の達成につながる。


三谷宏治

ゴールにたどり着くために、最も効率的なプロセスを見つけることが重要です。「そもそも何の作業をするのか」「作業をいつ、どれくらいの時間をかけて行うのか」「どの作業に注力して、どの作業で手を抜くのか」を考えることが大切です。


加留部淳

豊田通商らしさとは、現場で知恵を出して汗をかきながら、当社ならではの付加価値を提供すること。


山口喜三

経験を積むとムダな動きがなくなっていくんです。どんどん合理的になっていって、動きがシンプルになっていく。