名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西本智実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西本智実のプロフィール

西本智実、にしもと・ともみ。日本の女性指揮者。大阪府出身。大阪音楽大学作曲学科卒業、ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院指揮科に留学。京都市交響楽団を指揮して日本国内デビュー。欧米露の名門オーケストラで指揮者を務めた。

西本智実の名言 一覧

部下を統率する立場になれば、より高い意識やモチベーション、そして誠実さが必要。


具体的な目標を掲げ、それに向かって鍛錬を続けていけば、夢は必ず叶う。


鍛錬と反省を繰り返しながら、少しずつ着実に進むことが何よりも大切。


指揮者の仕事は1つの公演を終えると大きな達成感がありますが、その一方でやればやるほど「まだまだ未熟だ」という気持ちにもさせられます。


楽団員もプロですから、冷静に話をすれば分かり合えると考えています。粘り強く、一歩も引かずに会話を続けます。


知れば知るほど、クラシック音楽ってすごいんだなあと、ショックの連続でした。また、音楽がより身近な存在になりました。理論を知ることで、作曲家と私が聞いている演奏との間にあった溝が一気に埋まった。そんな感じでしょうか。
【覚え書き|大阪音楽大学作曲学科時代を振り返って】


楽団員は一人ひとりがプロで、プライドもあります。ですから、冷静な会話を意識しています。ネイティブのように各国の言語を話せなくても、「こうしたい」という明確な指針を持っていれば、必ず伝わります。


振り返れば、長い期間、拠点にしていたロシアでは、時間をかけてしっかりとした礎を築けました。だからこそ、「ロシア国立交響楽団の首席客演指揮者をやってみないか」という依頼をいただけるわけです。


どんなに素晴らしい能力を持っていても、肝心の方向性がブレる人には誰もついてこない。「仕事だから」という割り切った気持ちが見えるリーダーなら、なおさら。


具体的な目標に対して常にブレない姿勢が重要。私は指揮者として大勢の楽団員を束ねる立場にいますが、もしも私の目標がブしてしまったら、どうなるでしょうか。楽団員の心は私から離れていくでしょうし、演奏する作品もダメになってしまう。


私は夢と目標を分けて考えるように心がけています。私にとって夢は抽象的なもの。それはとても感覚的なものとしてとらえています。それとは別に、その夢を実現させるための目標を明確かつ具体的に設定するようにしています。


筋力という点ではやはり男性との差をよく感じさせられました。でも、女性ということでメディアに紹介される機会もありましたからね。女性でよかったか悪かったかという点では、五分五分ということでいいのではないでしょうか。


クラシック音楽の楽譜は、聖書に例えられます。読めば読むほど理解が深まるし、どれだけ読んでも読みきったということはありません。そして読み手によって解釈が少しずつ異なるように、指揮者によってオーケストラの音は変わっていくんです。


楽団員を怒鳴ることでみんなの緊張感を高めていく指揮者もいれば、口数が少なく温厚な指揮者もいます。どちらがいいかは一概に言えません。キャラクターはその人その人のものと考えて、あまり気にする必要はないでしょう。ちなみに指揮者の場合、人柄がどうこうではなく、楽団員の目に魅力的に映るのは、やはり明確な指針を持っている人のようです。


私はまずロシアで活動を始めましたが、次第に他のヨーロッパ諸国でもやってみたいと思うようになりました。そこで、それにはどんなプロセスが必要なのかを考え、2、3年かけて1つずつクリアしていったんです。ヨーロッパの国や文化、歴史について学んだりしましたね。目標が明確であれば、やらなければいけないことが具体的なビジョンとなって見えてきます。


指揮者は演奏者と異なり、楽譜の読み込みが練習の中心になります。それとともに、その作品を書いた作曲家の人生や時代背景などについても学びます。なぜなら、指揮者は演奏者以上に、作品を徹底的に理解しなければいけません。演奏者からの質問に、「分からない」と答えたのでは指揮者失格。


ロシアという大国でクラシック音楽をやれることがとても幸せでした。ヨーロッパのほかの国々に比べて、ロシアは近代化が遅れたため、ロマノフ王朝時代からの伝統や文化が至る所に残っています。ですからコンサートホールやサロンに一歩踏み入れると空気の重みが感じられ、身が引き締まるんです。そうした歴史を肌で感じられたことがとても大きな収穫でした。


指揮者になると決意したからといって、仕事が急にもらえるわけではありません。毎日毎日、下積み生活が続きました。しかも当時のロシアはソ連崩壊直後の不安定な時代。留学生の頃は学生ですから苦労と言えるものはあまりありませんでしたが、ロシアの指揮者に就任した頃はとてもつらかったです。ストレスで胃潰瘍を患いましたが、そうした経験を通して精神面が鍛えられたと思います。
【覚え書き|ロシア留学時代を振り返って】


西本智実の経歴・略歴

西本智実、にしもと・ともみ。日本の女性指揮者。大阪府出身。大阪音楽大学作曲学科卒業、ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院指揮科に留学。京都市交響楽団を指揮して日本国内デビュー。欧米露の名門オーケストラで指揮者を務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木孝博

インターネット接続・通信業界は、次の大きなステージへの局面にある。業の本質を突き詰め、時代を捉え、自らの立ち位置を見つけ、果敢に実行する時だ。


小杉友巳

これまでの日本は、欧米に比べると平等な社会でした。何もしなくても、周囲から取り残されないようにお膳立てしてもらえました。しかしいま、日本はだんだんと公平な社会へと変わりつつあります。それは何もしなければ何も起こらない代わりに、やった人間にはやった分だけの見返りが訪れる、努力の報われる社会です。


ゲーテ

何事につけても、希望するのは絶望するより良い。可能なものの限界をはかることは、誰にもできないのだから。


星野佳路

正直なところ、アメリカに留学するまでは「旅館はカッコ悪い」と思っていました。当時の私にとってカッコいいリゾートとはハワイやカリフォルニアにあるような西洋型のホテル。そのような認識だったため、留学先では周りのアメリカ人から予想以上に厳しい目を向けられました。「日本には千年を超える歴史と独自の文化があるのに、西洋に憧れるなんておかしいじゃないか」と。西洋のホテルを真似ていては日本のホテルは駄目になると、その時強く思いました。


城谷直彦

日本がバブルを迎える少し前に、私が最初の会社でロサンゼルスに駐在されている人たちと夜のお付き合いやゴルフを一緒にさせていただき、米国ロサンゼルスの有名なリビエラカントリークラブを借り切って大学対抗ゴルフコンペをしたりして、非常に楽しい人間関係を作れました。ビジネスには人間関係が一番大事なのだということを、この米国駐在中に学びました。


関家憲一

次世代の幹部から「いまは時代が変わったのではないか」などと言われ、議論がかみ合わない。これではいけない、企業ビジョンを作ろうと思い、企業のあるべき姿をメモにして役員会に出してみたところ、極めて反応が悪い。そこで経営トップと若手幹部が一緒になって10人程度のチームを作り、企業のあらゆる価値観について原点に立ち返って議論を始めました。その結果を「ディスコ・バリューズ」という企業としての行動規範にまとめ上げました。


小坂敬

銀座通連合会は常務理事以上の役員に65歳定年制を設けています。この定年制を作ったのが、父でした。定年制を設ける前は、みんなで集まって、お茶を飲むだけの会になっていたので、父は「もっと若い人が参加して、物事を決めていかないと、組織が機能しない」と考えて、定年制を設けたのです。


伊藤正文(経営者)

昔は社内での昇進にある程度の時間がかかりましたが、いまはやる気さえあれば、若手が活躍できるチャンスが早く訪れます。だから30代のうちに芽をだし、次のステージに向けて第二ロケットに点火できるように、一刻も早く成長してほしい。


鎌田實

ホスピタリティ精神を身につけるのにまず必要なのが、他人が何に喜ぶのかを想像する力でしょう。その次に大切なのが、サプライズです。


廣内武

マネジメントの基本的な考え方は、各社の独自性を大事にした経営を推進していくこと。


小池百合子

政策は大義がなければ政策ではない。しかし、大義ばかり振りかざしていても、その大義は実行されない。


櫻田毅(桜田毅)

独立直後は収入が不安定。ですから、人件費やオフィス・店舗の家賃といった固定費はできるだけ切り詰めるのが基本。