名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西本幸雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西本幸雄のプロフィール

西本幸雄、にしもとゆきお、プロ野球選手、一塁手、引退後は阪急ブレーブス・近鉄バッファローズ監督、監督成績リーグ優勝8回・Aクラス12回、Bクラス8回、和歌山県出身、破天荒な事件や伝説を残し多くの熱狂的なファンを持つ、監督後は野球解説者となる

西本幸雄の名言 一覧

道のりは遠くとも、目標に向かって進めば、一歩一歩近づくことだけは確かだ。


イワシも大群になると力が出る。みんなが心底から力を合わせることによって、何かが可能になる!


西本幸雄の経歴・略歴

西本幸雄、にしもとゆきお、プロ野球選手、一塁手、引退後は阪急ブレーブス・近鉄バッファローズ監督、監督成績リーグ優勝8回・Aクラス12回、Bクラス8回、和歌山県出身、破天荒な事件や伝説を残し多くの熱狂的なファンを持つ、監督後は野球解説者となる

他の記事も読んでみる

川崎郁也

お客様とはイノベーションのパートナーとして仕事ができるようになることがベストです。自動車のティア1やOEMメーカー、産業機械メーカーと技術的な議論をする機会が増えています。日本企業がグローバルで展開していくために、海外の拠点を含めたインフィニオンのグローバルネットワーク体制を活用いただけることが背景にあります。


皆見友紀子

自身の信念の声を聴き、自分に誇れる生き方をしたい。


金田一秀穂

そもそも「正義」って何でしょうか。絶対的な悪がないように絶対的な正義などないですよね。自分が信じるものを「正義だ」と考えれば、異なる文化や違う宗教を信じている人が「不正義」に映ることがままあります。戦争などの争いごとのスタートはたいていこれです。文化や信じるものが違うだけなのに、「我こそが正義だ」と考えた途端、そこに争いが生まれてしまうわけです。


宮本洋一

自然の中に入って、はじめて見えるものがある。群馬の川場村で、林業を手がけています。我々は多くの木材を使う。そこで、村と一緒になって木を製材し、バイオマス発電にも取り組んでいます。また、北海道ではイチゴ栽培に乗り出しました。定款にも、農業や林業、水産業を追加しています。


北尾吉孝

私自身は、個人的に投資で儲けようと思えばいくらでも可能でしょう。相場観は比較的いいからです。野村証券ニューヨーク支店勤務時代、アメリカで日本企業の株を売り込む仕事をしていましたが、私が毎朝各リポートは機関投資家やポートフォリオマネジャーに「よく当たる」と高く評価されたものでした。しかし、私は基本的に、お金は自分の身につくものしか身につかないと考えています。だから、私利私欲で必要以上に大金を儲けようとあくせくする気はありません。


末木紳也

本来資格はどんな資格であっても取ってすぐに活用できるものではなく、現場で実際に活用するためにはある程度の助走期間が必要となります。若いうちにベーシックな資格(簿記検定2級、ビジネス実務法務検定2級、販売士検定2級など)を取得しておくと、後々高レベルの視覚にスムーズに移行することも可能となります。無理なく難易度の高い資格を目指せるパターンをつくりだすことで成功をつかみとることができます。


佐藤優

極端な形での「頑張らない生き方」をしていると、奈落の底に落ちる危険がある。


芹那

私は「芹那」になる前から、自分の決めた目標に向かって突っ走るタイプでしたけど、芹那になってからは、それがもっと明確になったというか。「いま、私は芹那なんだ」と思うと自然に芹那スイッチが入って、何でも割り切れるし、何でもできるようになりました。ずっとなりたかった芸能人になれたいま、これからも「芹那」を長く続けていきたい気持ちでいっぱいです。


飯島彰己

多様性、価値観、文化の違う人が混ざり合って切磋琢磨するのが、刺激があり、緊張感があって人は強くなれる。


山岸舞彩

時間が許せば、3~4日間、インタビューをする人についてずっと書き続けています。書くことで、相手のことを覚えられるし、頭が整理されるんですよね。また、そのノートを相手の前でペラペラと見ていたら、「お、こんなにやってくれているんだ」と思ってもらえるかなぁ、という淡い期待もあります(笑)。それに、書いたものを見返せば「私はこれだけ調べたし、考えた!」と自信が持てる。すると、インタビューにも自信を持って臨めます。


三宅裕司

入院中に改めて感じたのは、家族の温かさです。とくに女房は毎晩、晩ご飯に同席してくれました。僕は病院食、女房はうちから持ってきたお弁当。別に何を喋るわけでもないんですが、僕は入院していても「三宅裕司」という意識があって、病院関係のみなさんに感じよく接しなければいけないと思ってしまう。その見えないストレスが、女房と二人きりになり、愚痴に変わって出ていくことで、初めてほっとする。そういう場と時間も持てたのは、入院中の大きな支えになりました。人生の中での女房の大きさに気づきましたね。そういうのって病気にならないと経験できなかった気持ちで。この経験によってこれから先、今までの芝居作りとは、多少違うところが出てくるかなと思っています。


児玉和

当社の事業はすべて製糸という原点から発展した事業です。飛び地ではなく、足もとから着実に広げてきました。