名言DB

9490 人 / 112001 名言

西本幸雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西本幸雄のプロフィール

西本幸雄、にしもとゆきお、プロ野球選手、一塁手、引退後は阪急ブレーブス・近鉄バッファローズ監督、監督成績リーグ優勝8回・Aクラス12回、Bクラス8回、和歌山県出身、破天荒な事件や伝説を残し多くの熱狂的なファンを持つ、監督後は野球解説者となる

西本幸雄の名言 一覧

道のりは遠くとも、目標に向かって進めば、一歩一歩近づくことだけは確かだ。


イワシも大群になると力が出る。みんなが心底から力を合わせることによって、何かが可能になる!


西本幸雄の経歴・略歴

西本幸雄、にしもとゆきお、プロ野球選手、一塁手、引退後は阪急ブレーブス・近鉄バッファローズ監督、監督成績リーグ優勝8回・Aクラス12回、Bクラス8回、和歌山県出身、破天荒な事件や伝説を残し多くの熱狂的なファンを持つ、監督後は野球解説者となる

他の記事も読んでみる

小宮一慶

優れたリーダーたちは、ひと言で言うと「前向き」です。ビジネスにおいて100%の確信を持って下せる判断など滅多にありません。何を決断するにも不透明な部分は残りますが、優れたリーダーは物事の良い面に注目してゴーサインを出す。つまり「積極思考」です。


菅谷太一

不動産投資は入口となる物件選定と融資を間違えず、運用と出口のポイントを押さえれば、長期的には確実な収益を生んでくれる最良の投資です。しかし、物件の供給過剰が起こる中で、確実に入居付けをするには、賃料設定に妥当性があり、物件価格に妥当性があると思える物件を購入することが重要です。


青野慶久

今後は間違いなく個性のない企業は劣勢に立たされるでしょう。だから我々は「グループウェア」1本に絞って、ますます磨きを掛けていきます。


ロバート・フェルドマン

管理職に就いている人であれば、部下を叱るというのは嫌なものだと思いますが、先延ばしにしてもその分ストレスをずっと抱えていなくてはならないし、部下のためにもなりません。嫌なことだからこそ、いついつに実行するというふうに時間を決めてきちんとやり遂げることです。やり遂げれば、誇りにもつながっていくものです。


吉原毅

これはアダム・スミスが『国富論』でちゃんと書いていることなんですが。上場会社というのは経営者も株主の短期的な視野につながるから、お金のことしか考えなくなっちゃう。それで不健全な方向にいって、バブルなんかをしょっちゅう起こすんだと。それがまさに現実化して表れるわけですよ。それを是正するには、どうしたらいいか。アダム・スミスは長期的な観点で、良識のある、コミュニケーションを持った経営をしなければと。


カルロス・ゴーン

私には溶け込もうという強い意志がありました。それまで、さまざまな国で生活し、まったく異なる文化を経験していましたが、どこにいた時にも、常にその国に同化したいと思っていました。どこに行っても、私は単なる旅行者でいようとは思いませんでした。入植者でもなければ、移民でもない。その国の人になろうとしたのです。


清水久三子

変化が速く、予測が難しい現代は、現場で課題を発見・設定、そして解決する力が求められる。


新井正明

選り好みをせずに愛憎などの私心を捨てて部下を用いる。自分流儀の者ばかりを取り立てるのは水に水を差すようなもので調理にならず味もそっけない。日ごろ嫌いな人を良く用いることこそ腕前。部下の意見を十分に発表させ、採決は公平にする。自分に部下より良い考えがあっても、あまり支障のない場合は部下の考えを採用するのがよい。


御手洗冨士夫

1974年の大不況のとき、私はアメリカで40名を解雇せざるをえませんでした。アメリカなら解雇しやすいだろうと思われるかもしれませんが、実際にやってみると、一生懸命やっていた人たちを解雇することほどつらいことはないと悟りました。あんな思いは二度としたくないと、そのとき誓ったのです。


橘木俊詔

オーナー経営者や開業医が高い収入を得るのは不公平だとお考えになるだろうか?私は決して不公平ではないと思っている。自分で企業・開業するには大きなリスクを伴うし、成功を収めるには大変な勉強と努力と、ときには運も必要だからだ。


川村隆

人材のグローバル化、つまりダイバーシティー(多様性)について、私が最初に取り組んだのが取締役会改革です。取締役会メンバー13人のうち、社外取締役を4人から7人に増やし、外国人も2人増やして3人にしました。そうした結果、率先垂範、象徴的変革というだけでなく、実質的な変革も起こったのです。質の違うもの同士がぶつかることで変革が起こる――。ダイバーシティーについてよく教科書に書かれていますが、なるほどこれが実際に起きることか、と私自身が納得したくらいです。


泉谷直木

自ら手を挙げる、意欲のある社員をどんどん伸ばす。チャンスをつかめるかどうかは社員自身の意志と力量次第です。