名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

西本博嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西本博嗣のプロフィール

西本博嗣、にしもと・ひろつぐ。日本の経営者。「ノーリツ鋼機」社長。和歌山県出身。近畿大学商経学部卒業後、ノーリツ鋼機に入社。関連会社社長、ノーリツ鋼機専務などを経て社長に就任。

西本博嗣の名言 一覧

創業者の「即実行と実践」の精神を受け継ぎ、良かれと思うことはすぐにやり、駄目なら改善する。それを一日一日、一歩一歩続けてきました。


先々のことはあまり細かく決めず、今必要なことをすぐにやるというスタンスでやってきましたが、今後もブレずに、人や社会に良かれと思うことを一生懸命やりきります。


会社は人がやるものですから、その会社の責任者が経営をやりやすくなれば、結果的に利益や売り上げが伸びる。


我々の取り組みとして、ベンチャーと一緒にやることは、非常にウェルカムというか、むしろ積極的に行きたいですし、私自身がベンチャーを起こしたいくらいの感覚でやっています。


もともと私自身の考え方や動き方が、ある意味ベンチャー的なのかもしれません。私自身、イメージング事業が厳しくなった後、この4年間で新しい市場にチャレンジしたり、自ら事業を起こしたり、あるいは製品を開発しています。人からも「ベンチャー的ですね」とよく言われます。


創業者の「即実行と実践」の精神を受け継ぎ、良かれと思うことはすぐやり、ダメだったら改善する。これからも1日1日、一歩一歩、その精神と行動力とスピード感を強みとして、お客様にとって必要とされる商品やサービスを世の中に提供し続けていきたい。


成長が著しいのは「ヘルスケア」などの医療関連事業です。世の中に必要とされている分野であること、また新参者だからこそ、業界のしがらみにとらわれず、お客様に一番近い感覚で事業を展開してきたことで、現在のポジションを築けているのだと思っています。


西本博嗣の経歴・略歴

西本博嗣、にしもと・ひろつぐ。日本の経営者。「ノーリツ鋼機」社長。和歌山県出身。近畿大学商経学部卒業後、ノーリツ鋼機に入社。関連会社社長、ノーリツ鋼機専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

丸山輝

全国の拠点を結んで毎朝、テレビ会議を開いています。現場で起きた個々の問題を、目分ごととして全員で共有。スピーディな業務改善にもつながります。


横川竟

交通費を支給せずに、その分を時給に上乗せしようと思っています。今までやってきたものを一度削いで、その代わり時給は地域で一番にする。これでサービスの質は上がりますし、それによってお客様の満足度も上がるというわけです。


沢村一樹

最近は、本業の俳優よりバラエティ番組でのイメージがすっかり定着してしまって(笑)。そう見られても構わないんですけどね。バラエティで話す下ネタは、子供の頃からの年季の入った得意技。封じられたら、僕じゃなくなってしまいます。


樋口武男

将来に対して、夢と希望を持ってほしい。そして、強い志を持つ。志さえあれば、逆境にあっても頑張ることができる。


平尾誠二

どんなに正しいことを言っても、それを相手が実践しようと思わなければ意味がありません。相手がやる気になって初めて、自分の言いたいことが伝わったことになるのです。ですからリーダーは、何を話すかだけでなく、どう話せばもっと部下が関心を示してくれるか、どうすればより伝わるかを考え、表現の仕方を工夫することが必要です。


渋沢健(渋澤健)

論語に「これを知る者は、これを好む者にしかず、これを好む者は、これを楽しむ者にしかず」とあります。ものごとを知ることは大事ですが、知るよりも好きであること、好きであることよりも楽しむことがもっと重要だと説いています。「知る」や「好む」は孤独な作業ですが、「楽しむ」ことの延長には社会との接点があります。楽しそうにしていると「何やってるの?」と人が集まってくるんです。


登坂絵莉

大学1年のとき、世界選手権の遠征先で吉田沙保里さんと同室になりました。そのときの世界選手権で沙保里さんはもちろん優勝したんですが、私は決勝で負けました。誤審ともいわれるような悔しい負け方をしたこともあり「次は一緒に優勝しようね」という沙保里さんの言葉が胸に強く残り、私は変身しました。その日からは、完全にレスリング漬け。生活の全てがレスリングになりました。それ以前の私は、目の前のことをただやっているだけでしたが、はっきりとした目的意識を持てたことで別人になれたんです。


ルー大柴

服のセンスを身につけたり、肉体を鍛えたりして、外見的な要素で若く見せることも大いに結構ですし、否定する気は毛頭ありません。でも、それはあくまで若く「見える」ということです。しかし、気持ちを若く持っていれば、若く見えるのではなく、若く「なれる」と思うんです。


小笹芳央

任された役割を、何でも引き受ければいいわけではありません。ときには「できません」と断る勇気も必要です。「大変ありがたいお話ですが、いまの私にはまだ荷が重いです」と断ることで、信頼の崩壊を予防することが必要な場面もあります。


鬼頭政人

まず「組織」を押さえましょう。取引先の規模や歴史、企業文化は、仕事の進め方に大きく影響します。たとえば私の経験で言うと、画期的な商品を次々に発表しているA社は、典型的なボトムアップ型の企業文化でした。この会社に、ある提案をした時のことです。事前の情報収集で「A社は現場の意見が強いので、交渉相手の部長だけでなく、現場の責任者を味方につけないと駄目だ」と知りました。そこで、交渉と並行して現場への根回しも進めた。おかげで、A社とのビジネスで成功を収めることができました。


泉谷直木

いつも扉を開けっ放しにしている社長室には、合計10面分の大判ホワイトボードが置いてあります。僕自身がマーカーで図表や文を書き込んでいます。これも僕にとっての手帳です。「当社の現状と将来に向けた成長ストーリー」と「新商品・新ビジネスのアイデア」を書いています。


小倉昌男

サービスとコストは二律背反の関係だから、利益を強調するとサービスが中途半端になってしまう。だから、あえて採算意識を捨てさせた。