西本博嗣の名言

西本博嗣のプロフィール

西本博嗣、にしもと・ひろつぐ。日本の経営者。「ノーリツ鋼機」社長。和歌山県出身。近畿大学商経学部卒業後、ノーリツ鋼機に入社。関連会社社長、ノーリツ鋼機専務などを経て社長に就任。

西本博嗣の名言 一覧

創業者の「即実行と実践」の精神を受け継ぎ、良かれと思うことはすぐにやり、駄目なら改善する。それを一日一日、一歩一歩続けてきました。

先々のことはあまり細かく決めず、今必要なことをすぐにやるというスタンスでやってきましたが、今後もブレずに、人や社会に良かれと思うことを一生懸命やりきります。

会社は人がやるものですから、その会社の責任者が経営をやりやすくなれば、結果的に利益や売り上げが伸びる。

我々の取り組みとして、ベンチャーと一緒にやることは、非常にウェルカムというか、むしろ積極的に行きたいですし、私自身がベンチャーを起こしたいくらいの感覚でやっています。

もともと私自身の考え方や動き方が、ある意味ベンチャー的なのかもしれません。私自身、イメージング事業が厳しくなった後、この4年間で新しい市場にチャレンジしたり、自ら事業を起こしたり、あるいは製品を開発しています。人からも「ベンチャー的ですね」とよく言われます。

創業者の「即実行と実践」の精神を受け継ぎ、良かれと思うことはすぐやり、ダメだったら改善する。これからも1日1日、一歩一歩、その精神と行動力とスピード感を強みとして、お客様にとって必要とされる商品やサービスを世の中に提供し続けていきたい。

成長が著しいのは「ヘルスケア」などの医療関連事業です。世の中に必要とされている分野であること、また新参者だからこそ、業界のしがらみにとらわれず、お客様に一番近い感覚で事業を展開してきたことで、現在のポジションを築けているのだと思っています。

西本博嗣の経歴・略歴

西本博嗣、にしもと・ひろつぐ。日本の経営者。「ノーリツ鋼機」社長。和歌山県出身。近畿大学商経学部卒業後、ノーリツ鋼機に入社。関連会社社長、ノーリツ鋼機専務などを経て社長に就任。

ページの先頭へ