西本博嗣の名言

西本博嗣のプロフィール

西本博嗣、にしもと・ひろつぐ。日本の経営者。「ノーリツ鋼機」社長。和歌山県出身。近畿大学商経学部卒業後、ノーリツ鋼機に入社。関連会社社長、ノーリツ鋼機専務などを経て社長に就任。

西本博嗣の名言 一覧

創業者の「即実行と実践」の精神を受け継ぎ、良かれと思うことはすぐにやり、駄目なら改善する。それを一日一日、一歩一歩続けてきました。


先々のことはあまり細かく決めず、今必要なことをすぐにやるというスタンスでやってきましたが、今後もブレずに、人や社会に良かれと思うことを一生懸命やりきります。


会社は人がやるものですから、その会社の責任者が経営をやりやすくなれば、結果的に利益や売り上げが伸びる。


我々の取り組みとして、ベンチャーと一緒にやることは、非常にウェルカムというか、むしろ積極的に行きたいですし、私自身がベンチャーを起こしたいくらいの感覚でやっています。


もともと私自身の考え方や動き方が、ある意味ベンチャー的なのかもしれません。私自身、イメージング事業が厳しくなった後、この4年間で新しい市場にチャレンジしたり、自ら事業を起こしたり、あるいは製品を開発しています。人からも「ベンチャー的ですね」とよく言われます。


創業者の「即実行と実践」の精神を受け継ぎ、良かれと思うことはすぐやり、ダメだったら改善する。これからも1日1日、一歩一歩、その精神と行動力とスピード感を強みとして、お客様にとって必要とされる商品やサービスを世の中に提供し続けていきたい。


成長が著しいのは「ヘルスケア」などの医療関連事業です。世の中に必要とされている分野であること、また新参者だからこそ、業界のしがらみにとらわれず、お客様に一番近い感覚で事業を展開してきたことで、現在のポジションを築けているのだと思っています。


西本博嗣の経歴・略歴

西本博嗣、にしもと・ひろつぐ。日本の経営者。「ノーリツ鋼機」社長。和歌山県出身。近畿大学商経学部卒業後、ノーリツ鋼機に入社。関連会社社長、ノーリツ鋼機専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

「投資」そのものが危険なのではない。危険なのは、ろくにファイナンシャル教育も受けずに投資に手を出す「投資家」だ。常識的に言って、免許も保険もなしに車を運転する人はいないのに、お金の運用となると、無免許・無保険に近い無謀な行動に出る人が多い。


テリー伊藤

大前提として、企画会議で自分のアイデアが生きるか死ぬかは1秒の差です。誰かに先をこされて「オレも考えていたのに!」と会議室で俯いていること自体がマヌケ。本当に自分のアイデアを通したかったら、最初に手を上げる覚悟を決めることだね。


小池恒

仮に不祥事が起きたら、私は積極的に出て行って説明します。しかし、平常時は沈黙のスタイルを貫きたいと思っています。


松本大

マネックスやるのが好きだからなんです。ビジネスとしても、シチズン(市民)としても、個人としてもなので、その中でお酒を飲もうが、あまり寝ないでいよ うが、ストレスが低い。人間、ストレスがなければ、持って生まれた免疫システムっていうのがちゃんと動いてくれますから。そうすると健康なんですよ。


古川武士

資格取得のための勉強と英語の勉強は根本的に違う。「TOEICで800点を取る」という目標達成スタイルなら、資格取得の勉強法に近い形で学習計画を立てればいい。しかしこの手法だと、800点を達成した瞬間からモチベーションを一気に喪失し、リバウンドを起こしかねない。


木皿泉(和泉務)

日常ではないことが起こったら面白かろうと思っていた子供だった。朝起きて、窓を開けると池があるんだけど、鯉でもぴょんと飛んだらいいのにって。


上田清司

思うのは役所というのは一般的に、答えを出すための仕掛けをしていないのだと思いますね。だからほとんどの役所は成果を出し切れないと思うのです。だから私はそういう仕掛けを作ろうと思ってやってきました。


心屋仁之助

やる気が出ないということは、「やりたくない」ということ。人間、やりたくないことには身体が動かないようになっている。やる気が出ない、続かないことは、自分にとっては「続けなくてもいいこと」。


佐々木常夫

私が残業ゼロ改革を始めた頃は、周囲から「あいつはおかしなヤツだ」という目で見られていました。でもそのうち、「佐々木さんの部下になると、残業せずに早く帰れるし、みんな昇格できるらしい」という評判が広まっていった。私は労働時間の削減だけでなく、部下を昇格させるための社内的な根回しにも全力を尽くしましたからね。すると私がどの部署に異動になっても歓迎され、私が何も言わなくても、部下たちが残業を減らそうと努力や工夫をするようになったのです。だから働き方改革を潰されるどころか、むしろ仕事はどんどんやりやすくなりました。


能町光香

上司に対しても、相手を観察し、その人となりを把握する。とくに、「どのようなコミュニケーションを好むのか」を知ることが重要。「報連相が大事」とはよく言われることですが、その方法は、上司がどんなコミュニケーションを好むかによって変わるからです。


野坂英吾

企業のステージが変わるポイントは、社長が直接教えることが出来た世代から、社長が育てた世代が次の世代を教えるタイミングです。仲間を増やし育てるという面で大きな局面の変化と言えるでしょう。第一世代から第二世代への人材育成の仕組みを構築できるかどうかが、企業の成長に大きな影響を及ぼすことになります。


松尾泰一郎

俺が俺がのエリート意識を捨てて、威張らず、謙虚に、誠実に、また明るく対応することが必要なのではなかろうか。常に凡庸、平凡、中庸の精神を持って行動することが必要である。全社員の団結によって業績を上げていかなければならない商社にあって、平時でも非常時でも平凡の精神を持って、常に謙虚に、自己中心のエリート意識を捨てて、手を取り合って団結しあうことが、あらゆる面での業績向上の上で大切ではなかろうか。


荻原博子

初心者の貯蓄の基本は給与天引きです。「余ったら貯めよう」なんて悠長に構えていては、絶対に貯まりません。まず貯めて、その残りで生活をやりくりする先取り貯蓄がコツです。


藤城博

食事の回数を減らすと、体内の過剰な栄養を排除でき、人間本来の免疫力が引き出されます。また、空腹状態を作ることで体内の細胞が活性化され、新しい細胞に入れ替わりやすくなるのもメリット。体をリセットすることで、メンタル面でも生まれ変われるのです。


山田昭男

いまはどこの会社の経営者も、従業員の残業を減らすことに躍起になっているけど、残業を減らすなんて簡単なこと。8時間働いたら帰ったらええだけでしょ。従業員にそれ以上の仕事をやらせなければいい。それじゃ、ノルマを達成できないって?じゃあ、残業すればノルマが達成できるのか?そもそも会社経営というのは、従業員が8時間働けば黒字が出るように計画を組んでいるはずでしょ。残業をしないと会社が傾くと考えるのは、経営そのものがおかしいのではないか。


ページの先頭へ